D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: MMDtips  2012/10/18(木)
メタセコイアからExportPMDでpmx出力する時、IKなどのボーンを設定する方法です。

1.ExportPMDの設定ファイルの一番最後に
  以下の紫色の文字をコピペします

※設定ファイル = Plugins → Export → pmdlistフォルダ内のtxtファイル

■メタセコでボーン名を左右別々に設定している場合はこちら

BoneAttr {
enable 1
"全ての親" "V(0,1,1);"
"センター" "V(0,1,1);"
"左ひざ" "H(-0.5,180);P(0,0);B(0,0);"
"右ひざ" "H(-0.5,180);P(0,0);B(0,0);"
"左足IK" "V(0,1,1);C(6,40,50,1,左ひざ);V(0,1,1);"
"右足IK" "V(0,1,1);C(6,40,50,1,右ひざ);V(0,1,1);"
"左つま先IK" "V(0,1,1);C(6,3,100,0,左足首);V(0,1,1);"
"右つま先IK" "V(0,1,1);C(6,3,100,0,右足首);V(0,1,1);"
"両目" "C(5,80,左目,右目); H(-15,15);P(-25,25);B(0,0);"
}



■ExportPMDのPMX_sample.mqoのようにボーンの左右をまとめた場合はこちら
(「右ひざ・左ひざ」を「ひざ[]」のように左右一緒にするやり方がある)

BoneAttr {
enable 1
"全ての親" "V(0,1,1);"
"センター" "V(0,1,1);"
"ひざ_L_" "H(-0.5,180);P(0,0);B(0,0)"
"ひざ_R_" "H(-0.5,180);P(0,0);B(0,0);"
"足IK_L_" "V(0,1,1);C(6,40,50,1,ひざ_L_);V(0,1,1);"
"足IK_R_" "V(0,1,1);C(6,40,50,1,ひざ_R_);V(0,1,1);"
"つま先IK_L_" "V(0,1,1);C(6,3,100,0,足首_L_);V(0,1,1);"
"つま先IK_R_" "V(0,1,1);C(6,3,100,0,足首_R_);V(0,1,1);"
"両目" "C(5,80,目_L_,目_R_); H(-15,15);P(-25,25);B(0,0);"
}



・ExportPMDのPMX_sample.mqoの材質の凸凹欄に書いてある記述を全部
 自モデルの凸凹欄に同じようにコピペする方法もあります。
 この場合は設定ファイルに上記の文をコピペする必要はありません。

・グルーブボーンなど、他にも移動可にしたいボーンがある場合は全ての親と同じ様に
  "(移動可にしたいボーン名)" "V(0,1,1);"と追記してください。


2.ひざボーンと足首ボーンが繋がっている場合は
  一旦切って辺で繋ぎ直します


黄色いのはセンターボーン

画像は分かりやすくする為に頂点の位置を離しています。

************************************

これでkeynoteを起動してPMX形式で出力すればボーンの設定が完了しているはずです。
ボーンの並び順がおかしい場合はメタセコのボーンの繋ぎ方を見直してみてください。

※この記事はぬっぽんとにゃっぽんで昔書いた記事を加筆修正したものです

MMDtips の最新記事

トラックバック

%url