D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2012/07/04(水)
今月のDグレもすごく面白くて書きたい事がたくさんあるんだけど
さっき唐突にティキネアそっくり問題が分かったから書いておこう。
いやでもこれみんな思いつきそうな事だけど。

「ここが本当にあの時から35年後の世界なら なぜアレンの肉体は年をとってない?
 不老の力なんて持ってなかったはず…

 それどころかこいつは……
 若返ってる……」


アレンの肉体に何か細工ができるのはアポクリフォスの可能性が一番高い。
そして、アポクリフォスが人間の肉体を若返らせる事ができるなら。

死にかけていた、もしくは死んでいたネアの肉体も若返らせる事ができるはず。
※イノセンスは死体でも能力を発揮できる。例:マリア
※死体に新たな命を与えられるかどうかは不明

 1:ネアのメモリーが抜けた肉体をアポクリフォスがどこかに保存
 2:ネアの肉体を若返らせ、細工し、記憶の痕跡などが残っていればきれいに掃除
 3:イノセンスとノアの最終決戦時にちょうど合うような年代で孤児として放流
 4:孤児はティキ・ミックと名付けられて現在に至る


ネアの肉体は元々ノア化していたものだから
ティキの肉体が、ネアがノア化したのとちょうど同じくらいまで成長すれば同じようにノア化する可能性が高かったのかもしれない。

Q:アポクリフォスは何の為にそんな事をするの?

A:最終決戦時にノア側に自分のスパイを紛れ込ませる為?

ノアには心を読む者が二人もいるから、ティキ本人にもその事を気付かせないようにしなくちゃいけなかったわけで。


トラックバック

%url