D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2011/01/06(木)
「こ こんな時に食欲なんか出ないである」

うわあああクロウリーがアレン達心配して泣いてる―――!!
早く帰ってきてようアレン!!そんで「僕は大丈夫ですよ」とか言ってクロウリーを安心させてあげてくれ…!!
(実際は大丈夫じゃなくても泣いてるクロウリーを見たらアレンはきっとそう言う)

いや今現在最も助けが必要なのはアレンの方なんだけどね。
クロウリーじゃ流石にどうにもできないか…。

右目は治ってるみたいだけど包帯や絆創膏がけっこうあるなぁ。アクマの血を飲んだら完全回復すると思ってたけど治りきらない傷もあるのかな。
まあ神田も包帯まみれになってた事があるから「治る肉体」でもこういう治療は必要なのかもしれない。大きな傷が塞がっただけでまだ無茶はできない状態なのかも。


「こうゆう時こそ食って食って食って元気出すのよ!!!」

どんなに辛い時でも普通にご飯を食べたり眠ったりできる強さは重要だ。ジェリーの言っている事はある意味正しい。
私も戦士はそうあるべきだと思っている。

…でもクロウリーはなぁ…。
暗闇に一人閉じ込められて目覚めた時に「アレン…?ラビ…?」って泣きながら呟いちゃうような人だしなぁ。(16巻159夜) マリが指を無くしたのを知った時も泣いてたし。(19巻描き下ろし)
こういう時に泣くのも食欲が無くなってしまうのも仕方がないというか。
(食欲がないのはクロウリーだけじゃないけど)

…しかしジェリーに無理矢理食べさせられてるのはどうなの…。
いやこの面子だとクロウリーがその役割に一番適任なのは分かるけど!!


トラックバック

%url