D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ設定話  2010/10/25(月)
長い事留守にしてしまってすみませんでした。何をやっているんだ私は…!


続きからレスです。クロスの借金の理由と教団側の裏切り者について。
あと誤表記連絡を一件。
設定話カテゴリの話題ではないのですが短いので一緒に書かせて頂きました。



■fang様

>こんばんは。fangと申します。始めまして。Dグレについて色々考えたことがあったので、書かせていただきます。

初めまして。考察派の人が増えるのはとても嬉しいです!!

>僕が考えたのは、クロス元帥についてです。クロスは生活費を借金でまかない、領収書を残しません。それは、教団に居場所を捕捉されないようにするためではないか、と思うのです。一番怪しい発言としては、「この戦争には裏がある」というものです。僕なりに解釈すると、裏というのは、教団もとい中央庁が伯爵と繋がっているということなのではないか、と思います。(内通者も含めます)それなら、クロスが領収書を残さない理由や、ノアの一族がセカンド計画などを詳細に知っていることもしっくりきます。
 以上がfangの勝手な妄想です。とらみさんはどうお考えになりますか?


そうですね。クロスの借金については私もそう思います。
黒の教団がエクソシストに給料を渡さず、必要経費は領収書をきるようにさせているのはエクソシストの動向を掴む為という理由も大きいでしょうし。
 ※補足記事:何故エクソシストは一銭にもならないか

この戦争には裏がある」というのは
「教団(or中央庁)には裏がある」という言い方じゃなくて「戦争」というくくりだったので、教団や中央庁のような小さな集団の話だけではなくて『人間 VS ノア』のような大きなくくりの話かなと思っていました。

教団もとい中央庁の一部が伯爵と繋がっているというのは有り得る話ですね。
ですが、どうも『そういう疑いを持つように思考誘導されている』ような…。
(ノアと作者の両方に)
敢えてそう思わせておいて実は違いました、という気がしてなりません。いやこの辺はただの勘なんですけどね。

名のあるキャラで裏切り者がいるとしたらレニーが一番怪しいと思っていたのですが、どうも違うっぽいですし。それなら疑わせておいて実は裏切り者なんていなかったという方がドラマチックかなぁ、と。
いや、今現在そう思うだけなのでまだまだ分からないのですが。

そして、どちらにしろ教団の情報はノア側に流れていますね。fangさんのおっしゃる通りセカンド計画がノアにもろバレでしたし。エクソシスト達の任務派遣先も全員分ばれていましたしね。
内通者がいるのかロードの能力で得た情報なのかは不明ですが。



■misaki様

>誤表記を見つけたのですが、
最新記事の「ジャンプSQ.11月号のD.Gray-man情報」で21巻と小説第3弾の発売日が12月3日(金)になっていて、
21巻は11月3日(水)に発売なので間違えていると思うのですが・・・もしかして21巻の発売は12月ですか?


え?!と慌ててSQ.を確認したのですが発売日は12月3日で合っているような…。
集英社マンガネットの11月発売ジャンプコミックスの欄にもDグレ21巻の名はありませんし。
misakiさんが何を見てそう思われたのかが気になります。

 ※参考⇒ 集英社マンガネット 新刊案内

>私が間違えていたらほんとうにすいませんm(_ _)m

いえあの、どうかお気遣いなく…!!
できるだけ正しい情報をと思ってはいるのですが、根がうっかり者なので間違う事も多いんですよね。
また何か「これ間違いでは…」という事がありましたらご連絡頂けると嬉しいです!!

Dグレ設定話 の最新記事

トラックバック

%url