D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2010/10/05(火)
あああああ神田…!!神田…!!ありがとう…!!
最後の最後にアルマを選んでくれて本当にありがとう…!!!!



「一緒にここから逃げよう イノセンスも教団も無い場所へ
 今度こそ一緒に…っ」


アルマの過去を見た時から、私はずっと彼に報われて欲しかったんだよ。
でも唯一現れた同じ仲間があのユウで、願い事はことごとく蹴られていて悲しかった。
もっと“アルマ”を大切にしてくれる人がそこにいたら良かったのにって何度も思ったよ。

だけど 神田ユウは、最後にちゃんとアルマを選んでくれた。
あの人がアルマだった事も彼の罪も全部受け入れてくれた。

「ユウの呼(こえ) どうして 天から…」

天に手を伸ばしても誰にも取ってもらえない幻で生き永らえてきた神田が
天に手を伸ばすアルマを現実で抱きしめてくれた。

「…あ…
 話…聞いてたのかよぉ…?」
「丸聞こえだバカ」


9年前の姿でこの部分が描かれているのは、オリジナルの神田本体があの人の魂を選んだというより“ユウ”が“アルマ”を選んだという事なんじゃないかと思う。

神田ユウは 9年前にできなかった選択肢を今選んでくれた。

9年間生きてきて好きな食べ物も大事にしてくれる仲間も沢山できたのに
それら全てよりももう先がほとんどないアルマを選んでくれた。

ありがとう神田…!!
目覚めたセカンドが神田で良かったと今心から思ったよ…!!


リーバーやバク達が殺されかけているという現実的な選択肢から見たら
神田離脱エンドは戦力的に見てかなり痛いんじゃという気もちょっとだけするけど
でも私は、神田ユウがアルマを選んでくれて嬉しかった。

あの子が一人ぼっちのまま死ななくて良かった。

できればもう少し二人で話をさせてあげたいんだけど
方舟の扉に飛び込む時点で既にアルマは事切れているんだろうか…。
描写的にそれっぽいんだけどあと数分でもいいから永らえてて欲しい…!!


トラックバック

%url