D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2010/09/05(日)
Σ(゚□゚; )!!!!


アルマが…!!アルマがあの人だったのかあああ!!!!


アルマ=あの人って予想してる人は結構見たけどうーんそれはどうなんだろうって思ってた…!!なんて事だ、私はまだまだ甘い…!!
言われてみれば伏線はあちこちにあったんだよ!!

・あの人の幻が現れるのはアルマが傍にいる時
「それってまるで私たちみたいだね」→私たち=エクソシスト同士?
・192夜ラストで蓮の花の印象についてアルマが言及している(これはおそらく脳波が混線した現在のアルマ)

190夜であの人が持っていた杖がイノセンスかな。
元装備型イノセンスが次の適合者は寄生型イノセンスになる、という事もあるだろう。
イノセンスは適合者の個性に合わせてその形状や性質を変えるみたいだし。


魂があの人で自我がアルマ?


アルマの魂があの人、という事は
彼女がアクマの呪縛から解き放たれて無事に成仏したらアルマはどうなるの…?
よもやエリアーデみたいに天国にもどこにも行けず誰にも認識されないままずっと現世を彷徨うのでは…。そ、それは…それは流石に酷すぎる…

いやでも一応は両方本人だからアルマとあの人で統合するのかな。
伯爵の手を経由してないから通常アクマと違って魂の状態もすごく綺麗だし。でも鎖が絡みついてるからこのまま自爆したら魂ごと粉々に砕けてどっちにしろ成仏できないのでは…。
じゃあイノセンスであの鎖…はアレン以外見えないからアルマの体(≒ダークマター)を破壊したらいいの?

しかし198夜ラストの時点できっちり自爆してるっぽい…。
止められる可能性があるのはノアだけどトップの伯爵が「さらバv!!」って言ってるし
多分これはもう無理だ…!!アルマ生存フラグが1ミリも見つからない…!!

アルマ…!!


アルマの真意


「9年前 ユウはぼくを破壊して生き延びた
 でもそれは 私との約束を守る為だったんだね

 あなたはきっと生きてる限り私を探してくれる
 いつかアルマが私だと気づくかもしれない
 それだけは耐えられないよ」


あんな姿にされて人を沢山殺してしまっていたらそりゃあ知られたくないよなぁ…。
神田だって「あの人とまた逢う為にアルマを殺した」のに
その殺した相手があの人だったなんて皮肉にも程がある。

…アレンはこの事を神田に言うんだろうか。
いや私が神田だったら是非教えて欲しいけど。
クロウリー城でエリアーデの魂がラビ達にも見えた技をアレンがもう一度使ってくれたらいいのに…!!あれは結局どうなったんだろう。アレンが意図的に見せてないのかアレンの意志では使えないのか。

神田はあの人がアルマだと知ってもあの人とアルマを嫌わないと思う。
彼はそんなヤワな男じゃない。外装に惑わされず自分のやるべき事をやれる人間だ。


「アルマ=あの人」だと知っていた人


…ところでズゥはこの事を知っていたんだろうか…。
エクソシストのデータは全部記録されているだろうし、セカンドとして生まれる前から識別用の名前が用意されていたからトゥイ達は知らないはずがないだろう。
どの肉体がどのエクソシストに対応するかは極秘データだった可能性もあるけど、最低でも190夜で同調テストを行っていたトゥイ・サーリンズ・レニーの3人は知っているはず。

「あの子を助けられるとしたらユウだけよ!!」(196夜/レニー)
あの時レニーがこう言っていたのはアルマがあの人である事を知っていたから?

「たっ頼むやめろ…っ アルマには触れんでくれ――――っ」(190夜/ズゥ)
そしてこの時ズゥが妙に焦っていたのは、あの人がアルマである事を知られたくなかったからかな。

神田は蓮の花が見えることをズゥに相談していたし、「あの人」の事も話していた可能性が高い。
だけどズゥは敢えて知らないフリをしたんだろうか。

神田がずっと会いたがっていた「あの人」はとっくの昔に教団が殺していたと知られたら
神田の心が折れるかもしれなかったから。
(マリの例を考えると、今後エクソシストとして戦力にならないと判断された時点でセカンドの材料にされるはず。実際に死んだ後だと復活させられないのかも)


あとアルマが自爆したらトクサ達はどうなるんだろう…。
G編で人形化能力のアクマを倒したらリンク達の人形化が解けたから
その理屈で言うと体内のアルマのダークマターが消滅して元に戻れるかな。

…マダラオ達はともかく、すっかり溶けていたトクサは一体どうなるんだ…。
溶けた状態でダークマターが消えたらものすごいスプラッタになりそうなのだけど。
サービスで治しておいてもらえないかなぁ。五体満足なんて贅沢は言わないから。


トラックバック

%url