D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: コメント返信  2010/09/03(金)
「行動を約束することはできるが、感情を約束することはできない。誰かに、いつも愛しているとか、誠実でいると約束する人は、自分の力の及ばないことを約束しているのである」
生きている以上「永遠に愛している」というのは不可能なんじゃないかとよく考える。
生きているというのは変わるという事だからだ。
そしてそれは、良い方向にだけ変わるとは限らない。

それでも私は好きな人にできるだけ長く生きて欲しい。

************************************

続きからレスです。カップリングに対するスタンスと原作のストーリーについて。
同じキャラを長い間好きでい続けて下さっている人を見るととても嬉しくなります。



■yumi様

>こここんにちは! お久しぶりですyumiです。
お元気ですか。私は相変らすです。


こんにちは。私はブログをしばらく留守にしてしまいましたがほぼ相変わらずです!

>初恋限定の先生(河川先生?)のヒロイン企画、リナリーいたらいいですね!

居なかった…!!_| ̄|○ <いや分かってた事なんですけどね
河下先生のリナリーやロードが見たかったです。欲を言えばミランダさんとエリアーデも。

>ブロッコリー以外からのDグレグッズは少なくなるし、カレンダーでは値段が一番安いしギリギリのような気がするし、コミックス重版の速度は遅くなる一方だし…。アニメにノベルズ、グッズにカード、そしてファン…。消えてゆくものが多すぎてどうしたらいいんでしょうかね。

どうしたらいいんでしょうね…。
昔のファンを呼び戻すか新規のファンを取り込むかができたらいいのですが。
アニメが終わったあと離れた層が多いみたいなのでアニメが再開すれば少しは取り戻せるかなと踏んでいるのですが、原作がかなり貯まらないと難しそうですし。


>ところで、初メールのとき、よこしていただいた返事には大変考えさせられまして。たとえば、「キャラやカップリングファンもDグレのファンであることには変わりない」というような発言に関しまして、かなり納得させられました。

こちらですね。⇒ レス: アレリナ派の言い分

>では一言、アレリナについて言っておくと。
私にとって、アレンとリナリーが妄想の中でひっついているとかイチャコラするとか、そういう考えは一切存在しません。あの二人は将来的に必ずひっつくものだと、ストーリー中からの考察より確信しているんです。ただ、恋愛の進行がギュウで終わるのかちゅうで終わるのか、結婚で終わるのか、それとも何もなしで終わるのか、そのことに関しては星野先生が決めることであって、たとえばロード等、別の女とひっつくことは、あり得ないという思ってるんです。それを大前提として、たとえばG編の前にこういうことがあったんじゃないかな、と妄想して楽しんでる…みたいな感じです。矛盾しているところもあるかもしれませんが、基本はこうです。ってよくわかんねえ! もう説明が下手すぐる…。


大丈夫ですよ!!大変分かりやすくご説明下さってありがとうございます!!
原作無視のオリジナル設定でやるのではなくて、原作設定に沿った方向で描かれなかった部分を補うという事ですよね。
そういう意味では設定考察に近いなという印象です。

私も「ハートはリナリー?」とかアレン・ウォーカーの構成とか色々考えるのですが
しょっちゅう盛大に間違ったりしているのでyumiさんもどうかお気をつけて…!!

D.Gray-manは先の展開が読みにくい漫画なんですよね。
もしDグレがこの先yumiさんの好きな展開にならなかったとしても
yumiさんがDグレを嫌わないでいて下さったら、私はとても嬉しいです。

でも、「アレンとリナリーがひっついて終わる」のが人間のアレンにとって一番幸せなエンドかなとも思います。
家族を失って始まった物語は家族を得て終わるのが美しいですし。いやそれを言ったらホームの皆が擬似家族なのかもしれませんが。

「人間のアレンにとって」というのは、この先アレンが根本から人間ではないもので確定してしまう可能性があるのでそう書きました。人間ルートのハッピーエンドはリナリーかもしれませんが、人外ルートだと伴侶も人外でないといつか傍に居れなくなるのではないかと。
(※リナリーが人外化する可能性もありますが)


>ところで今月のスクエアはご覧になられたんで…しょうか。

読みました読みました!アンケートもすごい勢いで出しました!!Σ\(゚□゚; )/
感想を書きそびれてしまったのでまるで読んでないみたいですよね。すみません…!!

>私的には嬉しいことばかりだったんですが。
なにより嬉しかったのは、ギャグ要素がほとんど消え、ストーリーに威厳が戻ってきたことです。ここ最近の、肝心なところでコメディな展開を持ってくること姿勢は、私としてはあまり良く思っていませんでした。


え、コメディが入るのってそんなにダメですかね?個人的には結構好きなのですが。
鬱展開オンリーだとライトなファンがどんどん抜けていきそうで怖いというのもありますし。

それに、「マンガ脳の鍛えかた」で星野先生がこう答えられていたんですよ。(以下引用)

そうなんですよね……。でも読者の方も悲しいことばかりを読みたくはないでしょうし、私自身がしんどくなってくるので『もうだめです、もちません!』って担当さんにもお願いして、たまには楽しいシーンも入れさせてもらうようにしています(笑)。



悲しいシーンばかりを描くのは星野先生にとってしんどい事なのかと思うと、今現在の先生がとても心配になります。掲載順が下がっているのは精神的にきつすぎて原稿が遅れているからだろうか、と。(※コミックスの売り上げから見て人気順という可能性は低い)


>G編以降、私は1ファンとしてかなり鬱ってました。
(中略)
>でも今回、久しぶりに「D.Gray-man」をみた気がしました。ふっと作品に引き込まれて、アレンと神田が外見じゃなくて中身が格好良かった。星野先生らしいDグレだったと、本当にうれしかったんです。
以前言いました、カップリング好きの人たちというのは、そんなDグレを理解しようとせず、キャラのみの妄想に走るのでしょうか。私ももしかしたら彼らの一人なのかもしれません。
とらみさまは、どう思われましたことでしょうか。


・管理人が思った事:すみません私G編もアルマ編も大好きなんです…。

表現も豊かだったしイノセンス憑神のデザインも今までとは違う感じでかっこいいし(ツキカミさん含む)伏線もちゃんと回収していたしストーリーはティモシーやアルマの想いが伝わってきて胸が熱くなったし、個人的には文句なしなんです。

あと、もし休載が無かったら星野先生は体をすっかり壊して強制打ち切りになっていたんじゃないかと思います。先生自身も打ち切りになるかと思っていたそうですし。(※19巻カバー見返し参照)
一瞬人気が上がってそのまま終わるよりは休載を挟んででも続いてくれた方が私は嬉しいですね。

そもそも私がDグレの人気を気にするのはきちんと終わりまで続いて欲しいからなんですよ。
今まで好きな漫画がいくつもいくつも打ち切られてきたから余計に。

そして、何故Dグレが続いて欲しいのかというと
クロウリーとクロウリーのいる世界を最後まで見届けたいから。

私自身はまだまだ「D.Gray-man」を理解しきれていないと思っています。
でも、全部理解しきれていない人でも好きなものは好きでいいんですよ。
エリアーデの中身を知らなかったクロウリーが、それでも彼女を愛していたように。


目の前に居るDグレファンの人が「自分の想像の中の○○が好き」なのか
「実際に原作にいるそのキャラが好き」なのかは
原作の展開が進んで、キャラがそのファンの人の理想と違ってきた時に分かり易くなりますね。

長く連載が続くとキャラクターは成長したりボロが出たり考え方が変わったりします。
作者の心境変化やストーリー展開に引きずられて変わる時もあります。
そしてその変化は、良い方向にだけ変わるとは限らないんです。


…まあ好きでなくなった人を無理に好き続ける必要はないんですけどね。
愛が深い人はその想いが反転した時に憎しみが深くなる場合があるので少し心配です。

>お暇なときでいいので、またお返事ください。
長々と失礼しました。


こちらこそ長々と反論してしまってすみません…!!ありがとうございました!!

コメント返信 の最新記事

トラックバック

%url