D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ設定話  2010/03/07(日)
いつものようにニュースサイトをあちこちしていたら
ドラえもんのひみつ道具について真面目に考察している人を見つけた。

四次元ポケットを考えていたら、他のひみつ道具の原理も説明できた
  (「outsider reflex」 Piro様)

感想:すげえ!!Σ(゚□゚; )
   確かにこの理屈なら色々納得いくような気がする!!

まあ私はあんまり頭が良くないので内容をよく分かっていないから単純に感動しているだけなのかもしれないのですが。
もっと頭がいい人が見たら色々突っ込めるかもしれないのですが
私には「すげえ!!」としか言えないんです。

「ドラえもんの作者はそこまで考えて設定組んでないだろ」と言う人もいるんだろうなぁと思います。というか私もそう思いました。

でもまあ、そんな事はどうでもよくてぶっちゃけ楽しいんですよね。
こういう風に設定をああかなこうかなと考えるのが。

二次創作で恋愛話を描いたり雑誌にイラストを投稿したりするのと似たようなものだと思います。
その作品の事を色々考えるのがただ楽しいんですよ。

************************************

続きからレスです。概要はこちら。

・Dの頭蓋骨はいつアレンに憑いたのか
・14番目のメモリーはどういう経路でアレンに移植されたのか
・14人のエクソシストと14人のノアの対



■モヤシッ子様

>前々から思っていたんですが、アレンの左眼が再生した時に出てきたDの頭蓋骨は、モヤシッ子には左眼から出てきて頭蓋骨の形になった後、アレンの頭に内蔵されたように見えます。
Dの頭蓋骨が内蔵されたことによってアレンの左眼はアクマの探知機能と他者にも内蔵されたアクマの魂を見せる能力を得たように思います。
つまりDの頭蓋骨は後付けだと思うのですが、どうでしょう?


そうですね。私もアレンの探知能力はあのDの頭蓋骨によってもたらされたものだと思います。36夜を見るとどうもそれっぽいですよね。

「後付け」というのは、まずアレンという肉体ができた後にDの頭蓋骨を突っ込まれた、という意味でしょうか?
それでしたら私も同意見です。
(関連 アレンと14番目はどういう関係なのか

Dの頭蓋骨の事が分かればアレンの謎はかなり解明されそうですね。
上部にペンタクルがあったからダークマター関係なのはほぼ確定かなと思うのですが。



■くろあ様

>前回は返信の件で悩ませてしまってすみません。
あれは、2通目のメールに返信はいりません。って意味だったので・・・


了解です。お教え下さってありがとうございます!


>相変わらず、ディグレの最新刊は買えていないのですが、とらみ様の『千年伯爵とマナの外見類似問題』を読んで、考えたことを書かせていただきます。

伯爵が14番目の体を使っているのなら、アレンへのメモリー移植はアレンがマナをよみがえらせる(マナをダークマターにいれて左目が傷ついた)ときに行われたのではないかと思います。
何巻かは忘れてしまいましたが、伯爵が『なぜ、あの時アレンを殺さなかったのか』というようなことを言っていたのは、体が14番目のものだから何らかの形で一時的に体の主導権が14番目に戻ったのではないかと思っています。

ですが、アレンを傷つけたのはマナ(の魂が入ったダークマター)です。

そこで、14番目はあらかじめ(ここは何らかの形で)ダークマターかマナの魂にメモリーを移植し、アレンに継承したのではないかと思います。


14番目がわざと伯爵に体を乗っ取るよう仕向けたのだとしたら、いざという時に何らかのストップがかかるよう肉体に細工していた可能性は確かにありますね。

つまりこういう感じでしょうか?
  1. 14番目はわざと殺されて伯爵に乗っ取られる
  2. 伯爵の中でひっそりと出るタイミングを伺う14番目
  3. アレンと旅をしていたマナが死亡
  4. 千年伯爵はいつものようにアクマを造る為アレンの元へ
  5. 伯爵の中にいた14番目はダークマターかマナの魂にメモリーを移植
  6. マナがアレンを刺して伯爵は退散
  7. 刺した時に魔導式ボディのマナからアレンへメモリーが継承される
  8. アレンは14番目に感染

14番目が、伯爵の体から自身のメモリーを移植できるほど自由に動ける存在だったら
5~7を省略して伯爵が直接アレンを刺すか魔導式ボディに刺させればせばいいのではと思いました。
わざわざマナを経由する必要が見当たらないんですよね。
ずっと前からアレン(寄生型)の肉体を次の器にしたいと狙っていたのなら、マナが死ぬまで待たなくてもすぐアレンの元に行けばいいですし。


>アレンのペンタクルの形が不安定なのも、アレンの気持ちが不安定なのもあるけれど、メモリーが侵食を始めている。という体の抵抗(?)のようなものだと思います。

そうかもしれませんね。
方舟で14番目がアレンの体を勝手に動かしていた時はペンタクルの模様が増えてましたし。あのペンタクルは14番目と密接な関係がありそうです。




■美羽様

>最近友達と話していて気付いたんですけど…

(現在の)
エクソシストの数とノアの数って同じじゃないですか?
アレンと14番目は別々にしての話ですが。
怒のノアはまだ目覚めてないにしろ、あと少しで覚醒すると思いますし…。

アレン 神田 クロウリー リナリー ラビ チャオジー クロウリー ミランダ マリ ティモシー ティエドール クロス クラウド ソカロ 
で14人。
そしてノア(14番目も込)も14人いるはず…!!
偶然なのか、星野先生の策略なのかは分からないのですが、とりあえずコメさせていただきました。


星野先生は「対」を計算に入れて設定を組まれていると思うんですよね。
イノセンスとノアが鏡のように対の存在である部分はもちろん、
  • アレンとリナリーの「異例が二人!」
  • 世界で二人きりのセカンド(成功と失敗で対)
  • 世界で二人だけのブックマン(ひよっことベテランで対)
  • 師匠としてのクロスとティエドール(厳しいのと優しいので対)
  • セカンド実験で生き残り支部長になった人情派バクと情を捨てたレニーで対
  • エクソシストを守るコムイとエクソシストを戦わせるルベリエで対
など色々。

そう考えると、エクソシストとノアの数がほぼ同数なのにも意味はあるかもしれません。


>とりあえず遅くても大丈夫 にまるを付けておきますが、『ナニコレwクッダラネェ(笑)返信する価値ねェや』と思われましたら気にしないでください\(^0^)/

このブログの「Dグレ設定話」カテゴリはQ&Aとしても機能させたいと思っているんですよ。
ここの文は美羽さんへのレスであるのと同時に、美羽さんと似た疑問を持った人への文でもあるんです。だからそんなにご自分を卑下されないで下さい。
コメント嬉しかったですよ。ありがとうございました!


…あと、下らないとは思わなかったのですが一つ言わせてもらえれば
上記のエクソシスト名でブックマンがきれいに忘れられていてちょっと不憫だと思いました。

エクソシストの数の推移 (Dグレデータベース)
ブックマンを足してクロスを抜くと14人ですね。


3月8日追記。
すみません閲覧者の方に教えて頂いたのですがクロウリーが2重カウントされてました。な…なぜ気付かなかったんだ私…!!_| ̄|○ il||li
クロウリーの2重カウントを抜いてヘブラスカを足すと14人、ですね。

…本当に、なんで気付かなかったんだ私…(穴があったら飛び込みたい)

Dグレ設定話 の最新記事

トラックバック

%url