D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2010/02/24(水)
ノアメモリーの本当の目的はなんなのか。

以前答えさせて頂いたD.Gray-man考察派バトン☆バトンのQ17にも書いたけど、彼らは七千年前に殺された第1人類達を現世に甦らせるつもりなんじゃないかと思う。

そもそも、D.Gray-manという物語は
「死んだ人間を甦らせてはいけない」という人間側と
「死んだ人間を甦らせたいと願う人とその想いを利用した」伯爵側の戦いだ。

その辺を軸に七千年前を予想するとこんな感じで。
************************************

1.リアル現代より科学の進んだ世界で、戦争か天変地異、治療法のない疫病、環境汚染などの何らかの理由で人類がこのままでは全滅する!という危機に陥る。

2.大切な人達を救う為に科学者達が頑張ってダークマターを開発する。
このダークマターは魂を現世に呼び戻し、異世界からほぼ無限のエネルギーを供給できるもの。科学者達は人間を不死にする事によってこの災厄を乗り切ろうとした。

3.しかし人間の不死化に反対する者達が現れる。彼らはダークマターの仕組みを解析し、同じシステムで正反対の物質を造り出す。それが現代のイノセンス。

4.激しい戦いの末ダークマター側はイノセンスの使用者に敗れ、そのままイノセンス側の意図通り人類は滅ぶ。

5.だがダークマター側のノア達12人は方舟のお陰で生きのびる事に成功。
ノア達は第1人類の仇であるイノセンスを滅ぼす為に「ノアの遺伝子」が入った人類のレプリカを製作。
また、戦死したアダムを強引に復活させてアクマ製作のプログラムを仕掛ける。

6.生き残ったノア達12人は自らの魂をメモリー化。
人間のレプリカである第2人類にシンクロする事で永い時を生き続け伯爵を守り、監視する。

7.邪魔なイノセンスを完全に破壊できたら、ノアメモリーはダークマター入りのアクマ達を器に第1人類の魂を呼び戻す。
 永遠の命を手に入れた第1人類達は今度こそ平和に幸せに暮らす。
(※第2人類は肉体の器としてのみ存在を許される)

************************************

現在の「アクマに囚われた魂」は単なるエネルギー源だけど、千年伯爵による殺人プログラムが無ければ、あれは魂を永遠に生かすアイテムなのではないかと思う。
ダークマターの製作者は、滅び行く運命から大切な人達を救おうとしていたんじゃないだろうか。


で、14番目はダークマターの本当の使い方を完全に理解できていたからこそ
ダークマターでDの頭蓋骨を造って永遠の命を手に入れたのでは。
何回殺そうとしてもどんどん体を替えて何千年も生き続ける千年伯爵に対抗して
何回殺されてもどんどん体を替えて何千年でも追って行けるように。
(関連 アレンと14番目はどういう関係なのか

…でも、もしアレンが駄目になったら14番目はDの頭蓋骨を使う事によって他の肉体にとり憑けるかもしれないのだけど、そうなったら
肉体も魂も無いアレンの自我は、エリアーデと同じ運命を辿ることになるわけで。

魂という器のない自我は、天国にも地獄にも生けず現世を彷徨うしかない。


魂と違って自我と肉体は生まれ変わる度に新規作成されるものだからなぁ…。
アレンが14番目の魂と同化する事ができればいいんだけど。もしくは今世で完全にケリをつけるか。


トラックバック

%url