D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2010/02/14(日)
以前書いたアレン・ウォーカーの正体をベースにほぼ全修正した改訂版。(191夜現在)
アレンと14番目がどう繋がっているかについて。

************************************

モデル:クレアさんinマルク牧師

まず、レベル2以降のアクマは
 ・呼び戻された魂 (魔導式ボディに拘束されている)
 ・呼び戻した者の肉体
 ・アクマの自我 (エリアーデやちょめ助などの心)
この3つで構成されている。

ダークマターで造られた魔導式ボディには、一度死んだ後に呼び戻された魂を
現世に繋ぎ止める力があるわけで。


Dの頭蓋骨がキーポイント

14番目は、アクマのその仕組みを応用して
イノセンスに適合した肉体を手に入れる為に、敢えて一度殺されてから
ダークマターで造ったDの頭蓋骨を使って甦る方法を取ったのではないかと思う。

時系列順に書くとこんな感じで。

1.まず、14番目がノア覚醒した後に千年伯爵の殺害を決意
2.マナと二人でノアの一族と殺し合いの逃亡生活 (167夜)
3.イノセンスを扱える肉体を手に入れる為に
  生まれつきイノセンスを宿した子供(後のアレン)を製作
※科学班の技術でユウやアルマのような人間が造れるのなら
 アクマの卵の部屋に行け、方舟に部屋を造れるほどの知力を持った14番目なら
 人工的な寄生型適合者を造れるかもしれない

4.ダークマターでDの頭蓋骨を製作 (36夜に登場したもの)
5.方舟に秘密部屋を造り、生まれ変わった自分が入室したら
  はっきり目覚められるような仕掛けを施す

6.伯爵とロード以外のノアを全員殺害 (187夜)
7.クロスに「いつか必ずマナの元に帰ってくる」と約束してマナを見守らせる
  帰ってきたらその子をいつか方舟の秘密部屋に入れるようにも指示
8.自分の体に様々な細工を施した後に
  千年伯爵と戦い、敢えて殺されて肉体を明け渡す
(関連記事:千年伯爵とマナの外見類似問題

9.死んだ後、Dの頭蓋骨を使って誰かに魂を呼び戻してもらう
10.14番目の魂が繋がったDの頭蓋骨を人工寄生型(アレン)の肉体に入れる
11.その後マナとアレンが出会う
(以降は⇒ アクマにされたマナの真意

************************************

Q:アレンと14番目はどういう関係なのか
A:アレンと14番目は、アクマの自我+肉体と魂のような関係と予想。
 ただし千年伯爵製ではないので伯爵にコントロールはされていない。

アレンの左目や心臓の穴が治ったのは、14番目が元々そのくらいの傷なら自動修復できるように細工を施していたのかもしれない。
科学班の技術力で神田ほどの劇的な回復力が付与できるなら、アレンくらいの修復ならイノセンスの力を応用できればなんとかなりそう。


あと、「14番目はブックマンだったのでは」というのは今でも思っているけど証拠が無さすぎるので一旦保留。
(むしろクロスの方がそれっぽい今現在)


関連記事 レス: 一つの肉体に二つの魂は存在できるのか
       ダークマターではなぜ咎落ちにならないのか
       アレンの心と「14番目」問題


トラックバック

%url