D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2010/01/08(金)
諦めてしまえばいいのになんであんなに頑張るんだろう。


…理由は分かってる。目覚めた仲間がユウしかいないからだ。


アルマの報われなさが悲しい。こんなに一生懸命あれこれ頑張っているのに蛇蝎のごとく嫌われて話もしてもらえない。


アルマの孤独


「同調テストが辛くて泣いてた時……」

何度も何度も死ぬ痛みを強制的に味わわされて、しかもその実験は全部失敗で全く終わりが見えない。研究所の人達は優しくしてくれるけどアルマ個人より人間の仲間達や研究の成果を出す事の方がずっと大事なのは分かっている。

だから、せめて自分の同じものが一人でも居てくれたら。

「やった!!!」
「嬉しいなぁぼくひとりだけなのかと思ってたから!」

「キミはね!「YU」ってゆーんだって!」


沢山あるセカンドの生まれる穴を毎日毎日見つめて、「ここはYU、そっちは○○、あれは○○…」と名前を暗記してしまうほど繰り返しながら
自分の事を本当に分かってくれる仲間をずっと待ち望んでいたんだろう。

でも生まれてしまったのはあの神田ユウだったわけで。


アルマとユウの性格相性


 ・アルマの主張 「ぼく ただユウと一緒に…」
 ・ユウの回答  「キモイんだよおまえ!」

うんごめんこれちょっと相性が悪すぎる。
アルマが悪いわけではないんだよ。生まれてまだそんなに経ってないだろうしコミュニケーション力が稚拙なのは仕方がない。というかコミュニケーション力があっても無理だ難易度が高すぎる。ハースト孤児院の院長先生レベルの懐柔力が無いとどうにもならないだろう。

ユウはすっかり問題児認定されてそうだけど、勿論あの子が悪いわけでもない。
ユウだって生まれたばかりでその辺を上手くやる経験値がさっぱり無いし。そこらは周りに居る大人が時間をかけて徐々に教え込んでいくべきだろう。

「"アルマ” 気持ち悪い奴 ヘラヘラ笑っていつも いつも こんな所で」

「こんな所」を嫌悪しているのなら付け入るスキが無いわけじゃない。
ユウだって分かってくれる人を欲しがっている。
でもアルマがいつも研究員達とニコニコ仲良くしている所為で「こいつは俺の苦しみを理解できない」と判断されて仲間だと思ってもらえていない。
その辺から崩せば行けそうな気もするけど、アルマにそれを期待するのは酷だ。あの子はそういう演技が得意なタイプには見えないし。

ユウはエドガーと普通に話しているし、今は出てないけどズゥとも親しかっただろう。
マリやリナリーのようなタイプでも多分問題なく付き合えているはずだ。
ティエドールやアルマのようなタイプだとひどい拒否反応を起こすけど。

…やっぱり相性の問題だなぁ…。
私からは「ユウの事は諦めて次を待て」としか言えない…。
でも目覚めたセカンドはこの二人しかいなかったわけだし…。


外部からの解決法


「これ読みゃバッチリだ」
「なになに…「これでアナタも友だち100人タイプ別コミュニケーション必勝法・改」


マニュアル本を勧めてくる研究員達が他人に思えない。
そこでこういう本を出す辺りが「研究員」だなぁ。いや分かるけど。私もどちらかといえばそういう理論で攻める派だ。
そしてアルマは別ページで「友だちのつくり方」なんて本も持ってた。

…アルマはかなりの感情派っぽいし、こういう本を読むのは私や研究員達よりずっとずっと大変なんだろうな…。
こういう研究を任せられるほどのエリートが選んでくる本だから内容も難しいだろうし。
(元々頭がいい人間はそうでない人間の理解力の低さを理解できない事が多い)

院長先生…!院長先生のような人がいれば…!!
というか何でセカンドのメンタル教育担当者が居ないんだろう。イノセンスと同調させたいならまずその辺から騙して教育しないと裏切る可能性が大きくなるだろうに。


セカンドエクソシスト計画の現状と危険防止対策


「過去90年の実験の中で数十回もの同調テストを行って
 咎落ちにならなかった被験体は皆無だった!
 あとは結果さえ出せれば第二使徒計画を本格的に導入できる」


つまり逆に考えると
90年もの間失敗だらけだったから予算や人員を削られて風前の灯火だったのかな。
一人でもいいから結果を出せれば研究が続けられる、と焦る気持は分からなくもない。
本部に認められれば予算もぶん取れてメンタル教育担当者を付けられたのかも。

それに、ユウが生まれる前のアルマは安定して順調だったようだから
「そこに予算をかける必要がない」と判断されていたのかもしれない。


…は、そうか!!

1:セカンド実験でユウとアルマがあんな事に
2:やっぱりメンタル面からきっちり教育して裏切らないようにしないと駄目だね
3:その後の戦士はメンタル教育(洗脳)を徹底した
4:結果、リンクやトクサは組織に従順に

こうなのかもしれない!!遅いよ!!
いや実際の事故や不具合が無いと補正予算が取れないから仕方が無いのか…?

まあアルマとユウは本格導入の為のプロトタイプみたいなものだろうしなぁ。
それまでに何十人もバタバタ死んでいたらいちいち教育なんて手間がかけられないのは仕方が無いか…。

************************************

私みたいなタイプは、理屈で考えて駄目なら「仕方がない」とアッサリ手を引けるけど
アルマやアレンや、あとクロウリーのようなタイプは多分そうじゃない。
理屈で考えて不可能な部分を引っくり返してくる可能性がある。


…最後、この二人が笑いあえて良かった。


殺しあう運命なのだとしたら憎みあっていた方が楽なのだけど
アルマの思いが報われてほしいと願わずにはいられない。
たとえあと193日しか無かったとしても。


トラックバック

%url