D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ設定話  2010/01/12(火)
■管理人の勝手な14番目性格予想(190夜現在)

・口が上手くて有能で優しいが、それは根底の冷酷さを隠す為の仮面
・感情面で幼い部分があり勢いでやりすぎてしまう事がある
・かなりレベルの高い魔導士としての知識とスキルがある
・兄好き
・クロスに慕われていたが14番目の方は有能で便利な子くらいにしか思ってない
・一見心を開いているように見えても、実は周囲に対する不信感が強い
・ノア入りする前の子供時代に酷い目にあっている
・一般常識に囚われず、自分のやりたい事を大胆に行動に移せる自主性がある
・美形で自信家。自分の顔の美しさを最大限利用できるしたたかさがある
・他者の能力を自分の為に利用するのが得意

今までの情報を総合すると多分こんな感じかと。

************************************
続きからレスです。すみません、大変遅くなってしまいました…!
概要はこちら。

・Q:ズゥとバクって血が繋がっているんでしょうか?
・裏切り者ユダの背中に悪魔の羽のようなものが描かれることがある
・84夜表紙/184夜のナレーション/「ノアって変態ばっか」→14番目はどうなの?



■美羽様

〉灰ノ饗宴2を見ていて思ったんですが
ズゥ・メイ・チャンとバク・チャンって血が繋がっているんでしょうか?
確かにズゥ爺さんとバクの「チャン」って名字は中国には
沢山あると思いますが。。。


ズゥとバクの血が繋がっているかどうかはまだ分かりませんね。
でも「「曾じじの血を引くボクらチャン家は」(9巻81夜/バク)で「ボクら」と言われているからには、バク以外にもチャン家の血を引く生き残りがいる可能性が高いように思います。
ズゥは物語的にも結構重要な位置にいそうですしね。




■まりの様

〉アレンの悪魔の羽……確かに言われてみれば気になりますね。
実は以前(ていってもかなり最近)、大学で選択していた科目で、キリスト教美術についての勉強をしていて、その時「裏切り者ユダの背中に悪魔の羽のようなものが描かれることがある」と聞きました。
星野先生がどこまで計算して描かれているのかはわかりませんが…

ちなみに話は変わりますが、19世紀の科学者には聖職者が多かったみたいですね。それを星野先生が知っていてリーバーさん達を描いているなら、よく勉強されているのだなあと思います!


調べれば調べる程、「星野先生はかなり計算して描かれてるっぽいなぁ」という思いを新たにしてしまいますよね!えへへ、なんだか嬉しいです!
いやまあ、もっともっと専門的に詳しい人から見たらそうでない事も色々あるかもしれないのですが。(でもそれを言い出したらどんな創作も否定されうる)

宗教や時代背景については結構苦手分野というか素人以下の知識しかないので
そのあたりの考察をされている人の記事を読んでは「おお…!そういう風にも考えられるんだ…!」と目から鱗をボロボロ落としたりしています。
キリスト教美術を専攻されていたような人がDグレファン界に居て下さるのはとても心強いです!




■つかい様

〉どうも! 
84夜についての意見をありがとうございます!あんなアバウトで分かり難い質問について考えていただきありがとうございます!


※つかいさんの言及元記事 レス: アレンに生えている悪魔のような羽は何?

〉私も色々考えてみたんですけど、
左目→誰かがアレンの自我に干渉している?
右目→隠れている額に聖痕がある?
羽→14番目が関係している?
右手→・・・・・えーっと、んん??
剣→今後の展開によるけど14番目の剣とか・・・・・
とゆう根拠の無い考えしか思いつきませんでした。
いや・・・このアレンの服と今の服が少し似ているかなーっと思ったので、
そろそろこの絵が意味することがわかるのかなと思ったんです。


え、「今の服」って現在の黒字に赤ライン団服の事ですかね?
似てましたっけ…。すみません私デザインについてはよく分からないです…。

私としては、もうちょっと原作で情報が出ないと何とも言えないです。
14番目関係の話が動けばいずれ何か分かるかもしれませんね。
いや、あの絵は単なる星野先生の気分でデザインされていて深い意味は無かった,という可能性もありますが。
(羽に関しては本編でも出ているから意味がありそうですが)


〉しょーもない事聞いてごめんなさい・・・

大丈夫!しょうもなくないですよ!
つかいさんが深く考えて気を使いながらご質問下さった事は文面から強く伝わってきました。ありがとうございます!


〉あと話しが変わるんですけど、「ネオギブス」でイノセンス?がアレンに「お前にも罪がある」的なこと言っていたことなんですけど、あのことの罪って
・14番目本人だから
・ノアに憑かれたアレンは同罪だから
・アレンが昔、罪を犯したことがあり罪があるからこそ14番目に憑かれた
のどれだか分からないんです。
ちなみに私は3番だと初めて読んだとき思いました。


どうなんでしょう…。個人的には2番派です。
(関連 184夜 マナが手を差し伸べてくれたから

憐れな子
14番目に憑かれたその身に罪がないわけないだろう
数多の汚れた魂を救済したのはおまえではなく神の左手
おまえもまた救済されるべきひとつなのだよ  (184夜ナレーションより)

1の「14番目本人」だと、「14番目に憑かれたその身に」「おまえもまた救済されるべき」という文が繋がらないように思います。いや広い意味で言えば本人なのですが「アレンの自我」と「14番目」はおそらく別物なんですよね。

「14番目に憑かれたからその身は罪人なのであって、逆に言うとお前にとり憑いた14番目を取り除けばその身の罪は無くなるんだよ、憐れな子(アレンの自我)よ。
イノセンス側は、今まで救済してきたアクマの魂達と同じように
無罪なお前(アレンの自我)の事もいつか救済したいと思っているからね」


こういう感じだと思ってました。(意味的には上記リンク先記事と同じです)

14番目を除いた「アレンの自我」に深い罪があったら、「憐れな子」とか「救済されるべきひとつ」なんて言ってもらえないような気がするんですよ。今までのやり方を見るに、イノセンスって敵に対してはかなり無慈悲ですし。


〉こうゆう事考えていると14番目の性格が気になります。ノアは変態と言われていましたけど
・言動が危ない26歳
・敵でもキスする女の子
・裸ジャケット
・健全なノーパン男子
・自称ドS
・裸になっても特に気にしていないお姉さん
・勝手に頭の中をのぞく爺さん口調のお兄さん
とかいるからまともな人なのか心配です。
14番目関連は情報が少ないので、予想しずらいと思いますがよろしくお願いします。


とりあえず現時点まででわかる事を軸に考えてみました。(記事上部参照)

その器に余る力を得た人間は性格が一般より離れてしまうものなんですよ。
スタンフォード監獄実験の看守のように。
元が普通の人間でも「既存の一般常識に従わなくても罰せられないほどの大きな力」を手に入れれば、理性のタガが外れてしまいやすいんです。
(ここで言う力は腕力だけの話ではなく知力や権力、財力、魅力なども含みます)

ノアにとり憑かれた人間は過去の憎しみの記憶を強制的に呼び起こされますが、性格が変わるのはその所為だけではないんですよね。

※力が人の心を狂わせた一般例(財力)
17歳で約3億円を宝くじで当てた男性、金銭に関する苦労が絶えず29歳の若さで孤独死 (GIGAZINE)

************************************

現時点での14番目は、変態と揶揄されそうな部分はあまり無さそうですが
「変態」というレッテルはそれを言う側の常識にかなり左右されるので
14番目がどうなのかはつかいさんの許容範囲によると思います。

極端な例を言うと、子供可愛いなぁと言うだけで「ロリコン変態」と言うレッテルを張る人もいますし、SMやリョナラーくらいなら普通と言う人もいますからね。
ジャングルジムを嫁と言い張る人を見た後でヌルい自称変態を見ると「いや君はまだまだ普通だよ」と思ってしまいますし。
私個人の感覚としては、ノア程度なら変態の部類に入りませんね。

参考リンク:リョナラー (はてなキーワード)
       公園から嫁が居なくなった (無題のドキュメント)※変態注意

Dグレ設定話 の最新記事

トラックバック

%url