D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: コメント返信  2010/01/01(金)
Q.ブログを更新される際のモチベーションは?

A.原作と、Dグレファンの発信される情報です。二次創作・感想・考察含めた全部。

************************************

「何がなんだか分からない!誰か時系列表作って!!」というような文を読んで
あああ○○さん待ってて私が作るから!!と頑張ってみたり(これ

「話が分かんないよ…私の頭が悪いから?」と泣かれている人を見て
あああ待って待って今ライト層向けに疑問点を整理します!!と記事にしたり(これ

「祝い損ねた…!今月が彼の誕生日だったなんて…!!」と落ち込む人を見て
あああ○○さん落ち込まないで!印刷できる形で誕生日を一覧表にするから!!と
大急ぎでまとめてみたり(これ
何と言うか、全体的にそんな感じです私。


…私みたいな人間は、普通の人からしたら重過ぎるんですよね。

 1.ちょっとイラストの端っこに弱音を書いた
 2.その内容が千文字越える形でみっちり研究されてコメントとして送られてきた


こんな事になったら普通の人は引きますし、うっとおしいし余計なお世話なんですよ。
人間にはそれぞれ情報許容量というものがあって、それを越える情報は入らないから。

パソコン分かんないよと言う素人に分厚い専門書を渡してもまず読まれませんよね。
例えどんなに良い本だとしてもそれは駄目なんです。

だから、このサイトは送れなかったコメントやTBのようなものだったりもします。
目的の人には届けられないから、せめて似た疑問を持った人の役に立ちたい。

私の発信は、全て何かしらの情報に対するレスポンスなんですよ。

************************************

続きからレスです。
うちのサイト(+ブログ)が何故今のような形になっているのかについて書きました。



■マスダさん様

〉今回はメールは、Web拍手と同等の内容と考えていただいて結構です。

え、「Web拍手と同等」というのがよく分からないのですが、予備連絡先の
・こちらはレスを返さない可能性があります」でいい、という事で宜しいでしょうか?
いやでも「今日の記事テワクがテクワになってましたよ」とかならともかく
こんなにしっかりと中身が詰まったら文章ならそれはこちらとしてもしっかり中身を積めてお返ししたいです…!!


〉『感想が欲しい管理人と何と書けばいいか分からない閲覧者』、興味深く拝見させて頂きました。やはりクオリティ、細部にわたる考察をされる方となるとコメントも多数寄せられてレスを返されるのも大変なのかと。心中お察しします。

現在のうちの場合は、考察を長文で書きたい人が(他に書ける所があまり見当たらないから)一時的に流れてきているのではないかと思います。
フレンドリーな考察ブログが増えれば、いずれ色んな所へ分散される筈なんですよね。
「宗教関係ならこの人に相談しよう」とか、「19世紀の時代背景はあの人がかなり詳しい」とか、「アレンについてはこの人が専門だから聞いてみよう」とか。

クオリティの高い考察をされる人は沢山いらっしゃるんですよ。
でもそれは、そのままイコールでコメント数にはならないんです。難しい考察はそれだけ読める人間の数を減らしますし。

うちの場合はSEOに気を付けたりブログの形式を出来るだけ見やすいように改造したり
見出しを付けたり図解したり番号を振ったり等と、ライトユーザー向けに調整しているので
記事内容よりもそっちのお陰で総数が増えて今はコメントを頂けているのではないかと。

この辺は、純粋に発信を目的とした記事というよりも「記事」という商品をいかに最大限活用するかという経営戦略思考が強く出てしまっているんです。
いやあの、すみませんついうっかりこういう考えになっちゃうんです私…。
同人サイトとして考えるとかなり邪道なんですよね…。


〉ただ、ここまで核心を付いた記事は過去ログを見る限りではあまりなかったのではないでしょうか?
コメント不許可、トラックバックのみというサイトは確かに多い事も事実ですが、やはり『いちいちコメントに対して長文書いてたらきりがなくなるよ!』・・・と、私ならさじを投げます。


それはそうなのですが…。まあ今はまだ許容範囲内です。
遅くても大丈夫という人達のお陰で踏み止まれてますね。
それに、ここは省略した方が良さそうだという部分は省略したりしていますから大丈夫ですよ。


〉今のスタンスの方が私としても見やすいですし、判りやすく文章をピックアップして公開されているとらみさんの技量に感謝しっぱなしです。

あ、読みやすいですか?!良かった、嬉しいです!!
やっぱりそこが一番気になるんですよね。だって私が閲覧者だったら読みやすくて分かりやすいサイトの方が絶対いいですし。

内容はいいのに、あまりの読み難さについ足が遠のいてしまうようなサイトを見るとすごく勿体無い気分になります。ちょこっとの調整でかなり読みやすくなるのに…!!
まあ、そこは管理人さんの領分だから何も言えないし言うべきでもないんですけどね。
あえて見難いようにして閲覧者数を絞っている方もいらっしゃいますし。


〉私はD灰は好きだけど、原作寄りではなく2次創作中心の活動を主に見ています。いろんなキャラがパラレルワールドで、どんな行動を取っているか、感じるかが自分にとっての燃料です。もちろん本誌の方も燃料として何度も読み返しています。
とらみさんはクロウリーが好きで好きでしょうがない、と思っていらっしゃる根っからのファンであることは承知の上です。

〉では、何がとらみ様への原動力になるのでしょうか?
それはクロウリーを愛するための手段なのでしょうか?

クロウリーが好き、という事は重々承知しています。
なぜ、ここまで細やかに隅の隅まで情報解析をされるのか。
その原動力はどこから来るのか。
私にはまったく想像も付きません。
もし機会があれば、とらみさんのブログを更新される際のモチベーションについてお伺いしたいです。



Q.原動力はクロウリーですか?

A.そうですね。
クロウリーの事をもっと知りたいです。良い所も悪い所も、現在過去未来、可能な限り全て。
後ろ髪がちょっと長くなっていたりとかそういう事を知れるのがとても楽しいので。
そして出来るだけ幸せになって欲しい。
彼が一人ぼっちで寂しがっていたりするのはなんか嫌なんですよ。
任務で助け合ったり頼られたりみんなで談笑したり励ましあったり時には喧嘩したり、
まあそんな感じでクロウリーがいい状態で安定していてくれると私も安心できます。

あと14番目の謎とかブックマンの秘密とかDグレ世界の謎もいろいろ知りたいのですが
この辺は完全に趣味です。


Q.なぜここまで細やかに情報解析されるのか

A.単にこういうのが趣味なんですよ。
  スケダンでもサイレンでも保健室でも、深く転べば同じような事をやっていたかと。

以前無名世界観というジャンルに居たのですが、そこが物凄い考察人間養成所だったんです。
抜ける人はどんどん抜けてアンチも沢山出ましたが、私みたいに設定知りたい欲が強い人間はかなりずぶずぶとはまりこんで行ってました。
話すと本当に長くなってしまうのですが、あの時あそこで芝村さんの作る設定に魅了されて謎追いになった人間はみんな考察力がかなり上がっている筈です。

ちなみには私は名前も残らない下っ端でした。見当違いな予想を書いては撥ねられまくっていたという…。
(謙遜無しで箸にも棒にも引っ掛からなかった)
あの時のノウハウがあるので、情報をまとめる下地が既に出来ていたんです。


何かしら能力があるように見える人というのは、そういう感じに別のどこかで修行された人なんだろうなぁと思います。絵が上手い人とか漫画が上手い人とか。
最初から何でも出来る人なんて滅多にいないんですよね。


「ブログを更新される際のモチベーションについて」は最初の部分に上げてみました。
この部分はマスダさんさん以外の人にも読んで頂けたらなと思いまして。


〉取り留めのない文章で申し訳ありません。
D灰を愛する者として、これからも拝見させていただきます。


ありがとうございます。
記事を書く度に「マスダさんさんも読まれるのかな」と思い出します。

コメント返信 の最新記事

トラックバック

%url