D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2009/12/24(木)
Q.アレンの中の14番目は退魔の剣で滅する事はできないのでしょうか?

要約するとこういう質問を閲覧者の方に頂きました。
レスを書こうとしたら異様に長くなってしまったのでこっちにまとめます。


そもそも退魔の剣は何を滅するのか


十字架(イノセンス)が神経を伝い脳に直接教えてくれる
脳が体を動かす 新しい対アクマ武器の使い方
 (2巻15夜 アレン)

ここで書かれているように
寄生型はイノセンスがその能力を適合者の脳に直接伝えるので

「人間を生かし魔だけを滅する それが僕と神ノ道化の力……!!」(12巻117夜)

これはおそらく間違いではないんですよね。
イノセンスが意図的にアレンを騙した可能性もゼロではありませんが
実際にアクマは斬れて人間は斬れなかったですし。

となると、ノアは滅する事ができなかったのに
人間のティキの方にダメージが行ったのは何故?という疑問が残りますが

憐れな子
14番目に憑かれたその身に罪がないわけないだろう
数多の汚れた魂を救済したのはおまえではなく神の左手
おまえもまた救済されるべきひとつなのだよ
 (19巻184夜)
(関連記事:184夜 マナが手を差し伸べてくれたから

このナレーションが言うように「14番目(ノア)に憑かれたその身に罪がある」のなら
ティキ達の人間体の方にも同等の罪があるわけで。

でも、「アクマの罪」イコール「ノアにとり憑かれた者の罪」、ではないんですよね。
ノア人間の方が若干罪が軽いんです。

イノセンスさんは大雑把

有罪と言っても滅しないといけないほどではないから
ティキの人間体と心と魂はダメージを食うだけで死にはしないわけで。

(関連記事:ノアはどういう仕組みで人間にとり憑くのか
 ※今見ると前提設定がちょっと違いますがベースの考え方はこの辺です)

そして、ノアメモリーの力はとり憑いた人間の自我(心)で制御されています。

「自覚がないのはおぬしらがメモリーを無意識に抑えとるからだ(略)
 「ノア」の使命を受諾はしても己の自我がメモリーに飲まれることは拒絶しておる…
 人間らしい反応だがな…」
 (19巻187夜/ジョイド)


結論


つまり、退魔の剣に斬られたティキやアレンがあんな風になったのは
退魔の剣がティキ達の自我を傷つけた所為で
ノアメモリーに対する制御力が弱まってしまったからなのです。

 Q.ノアの遺伝子はラビ達にもあるのになんで彼らは斬れないの?
 A.罪があるのはノアメモリーに繋がった者だけで、遺伝子の所持だけなら無罪です

なので、退魔の剣でいくらノア(人間)を斬ってもノアを滅する事はできません。
むしろ自我へのダメージでノアメモリーの制御が外れ双方にとって危険な事になります。
(ノアメモリーの制御解きは、リナリーが8巻でイノセンスの制御を解いて最大限解放した事のノア側バージョンなので、力はかなり増すけど適合者の肉体まで壊しかねない)

************************************

Q.アレンの中の14番目は退魔の剣で滅する事はできないのでしょうか?

A.アレンの体を斬るだけだとおそらく滅する事はできません。
  14番目やノアメモリー達を倒したいなら、斬る相手が違うんです。
  ロードのあの肉体をどれだけ斬ってもロード本体に傷が付けられないように。

  本当にティキ達をノアメモリーから解放したいのなら
  ラビが夢の中のロードを刺したように
  ノアメモリーの本体がある場所へイノセンスを携えて行く必要があります。


トラックバック

%url