D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2009/11/29(日)
中の人がいたー!!
 ※人間体〈ノア〉が人外のフリをして人外の皮を被っていた

■188夜で発覚した事実:
 千年伯爵のあの太った姿は着ぐるみのようなもので、中に人間体の伯爵がいた


188夜を初めて見た時、この皮がアクマ製だから
9巻79夜の伯爵の額にペンタクルが付いていたのかと早とちりしたけど
よく考えてみたらあの皮はアクマ製じゃない。
もしそうならアレンの左目が反応するはずだからだ。

10巻88・89夜や14巻130夜を見ても、伯爵相手にアレンの左目は反応していない。

ならあの皮は何だろう


・あの皮を被った千年伯爵は空が飛べる。他のノア達は飛べない
・アレンの左目が反応していないからあの皮はアクマではない

となるとあの皮は魔術で造ったものなのかもしれない。
もしくは、あの皮は伯爵のノアとしての能力で造り出しているか。

そういえば、以前から疑問に思っていた事のひとつとして
レロと伯爵の剣の同時存在問題がある。

 ・10巻89夜でレロが千年伯爵の剣に変身した
 ・14巻130夜では、伯爵の剣とレロが別々に存在している

■問題:レロと伯爵の剣はイコールなのか別物なのか

※私見:レロと伯爵の剣がイコールで唯一の物なら、そんな大事なものを
      廃棄方舟という危険な場所に単独で行かせるのは変な気がする


■188夜の事実を踏まえた上での回答:
「レロ・伯爵の剣・伯爵の皮」の三つは第一使徒「千年伯爵」の特殊能力として
互換性ありで好きに造り出せる
のではないだろうか。
それなら、あの皮を着た伯爵がレロのように空を飛べるのも、レロが伯爵の剣に変身したのも、レロと剣が別々に存在しているのにも納得がいく。

************************************

しかしそうなると、やっぱり79夜のペンタクルがどうしても引っ掛かるわけで…。
現在までの描写で額にペンタクルの浮き出たノアやゴーレムはいない。ペンタクルが額に出るのは(アレンを除くと)千年伯爵にコントロールされているアクマだけだ。


トラックバック

とらみさんのシロクロラインで、伯爵が被っていたあのパンパンデブ(クロス元帥談)の皮のことを考察なさっておられました。  ※人間体〈ノ...
2009/11/30(月) 23:23:04 | ClockWorkRose
%url