D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/09/13(日)
「あの日のカケラ。」の秋桜さんが大変興味深いメールを下さったので
お願いしてここへ転載させて頂きました!
※秋桜さんはDグレ小説サイトの方です(NOT考察サイト)
※いやそんな事を言うならうちだって自サイトを考察サイトだと明言した事はありませんが!



以下の引用文はだいぶ前に頂いた秋桜さんのメールの転載です。
(すみません私がモタモタしてた所為で大変遅れました)

それとロードについてもよく考えます。
彼女のスペルはきっとLordだろうと昔思っていて、そのほうが上に立つもの、さらに意味には「公爵の子息、伯爵の長子」もあるのでイメージもつきやすいのではないかと考えていたのです。
ですが実際のスペルはRoadだったので、これはWalkerと対にしたかったのかな、と。

伯爵のシナリオ外の行動をして最初にアレンに接触し、葛藤を与えたのは彼女ですし、歳が明かされ ておらずノアの長子であるという立場。考え出すとキリがないです。


運命の道を歩き続けるWalkerに対してのRoad。
確かにこの二人の名は対っぽいんですよね。

「ダメレロ!大体 今回こいつらとろーとタマの接触は
 伯爵タマのシナリオには無いんレロロ!?」

「物語を面白くするためのちょっとした脚色だよぉ
 こんなんくらいで千年公のシナリオは変わんないってぇ」
(3巻23夜)

つまり、ロードは伯爵による人類終焉のシナリオを変えるつもりはないけれど
完全に従うだけ、というわけでもない。
そして、「奏者の資格」を持っていて自由に扉が造れるし
35年前に、伯爵以外で唯一14番目に殺されなかったノアでもある。


おそらく、ロードには伯爵のシナリオ(=ノア側の神のシナリオ)を
揺らがせる位の力があるんですよね。


彼女は今、アレンも好きだけど家族も特別というちょっと特殊な位置にいますね。
彼女がノアの家族(NOTノア側の神)よりアレンを優先する事は無いかなと思いますが
アレンがノアの神と戦う為の「道」になる可能性は、あるかもしれません。

千年伯爵はノア側の神のプログラムに従うしかないですし
他のノアや他の人間にはそういう力がありませんが
ロードは「人間としての自由な自我」と「異次元の道を繋ぐ力」の両方があるので。


※「千年伯爵と神のプログラム」についてはこちらで
関連記事: やっぱり千年伯爵はアクマなんじゃないかと思う件について

あとついでに書くと、私はアルファベットの羅列を見ただけで
脳が文脈の理解を拒むほどの外国語苦手人間なので
Road=道とWalke=歩く人の関連性については
秋桜さんにお聞きするまでさっぱり気付きませんでした。ありがとうございます…!!

細かい部分の予想 の最新記事

トラックバック

%url