D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2009/08/26(水)
第1使徒 「千年伯爵」 (187夜)

千年伯爵はノアの一人だった。


てっきり13人のノアを使役するのが伯爵だと思っていたから意外だけど
そもそも
「僕らは神に捧げるダーイジな「子羊」だから」(10巻93夜)
こういう台詞が以前にあるから、千年伯爵がノアを捧げるべき「神」はいたわけで。
故に、千年伯爵が神の使徒でもおかしくはない。

「スキン・ボリック 貴方は神が造み出した13の子のひとり
 ノアの遺伝子を持った使徒なのですヨv」
 (10巻96夜)

「産み出した」じゃなくて「造み出した」という所がポイントだろう。
おそらく、ノアメモリー元の13人は七千年前の「神」が人工的に造りあげた存在だ。


でも、千年伯爵は他のノアとは造りが大分違う。


1.七千年生き続けている
 →人間の肉体は七千年も生きられない。ロードも不老長寿だろうけれど
  「七千年生き続けとる「千年伯爵」」とワイズリーが言うからには彼だけが特別だろう

2.明らかに人間じゃない見た目から人間体へコンバートできる
 →他のノアも姿は変わるけど、その変換ルールとは様子が違いすぎる。
  そして、おそらくルル=ベルのように何にでも変身できる訳ではない

3.額にペンタクルがあった
 →9巻79夜3ページ目。187夜には出ていなかったが。
  他のノアにあるのは聖痕で、ペンタクルではない。
  4巻36夜のエリアーデと同じで出したり消したりできるのかもしれない

4.空が飛べる?
 →9~10巻の江戸戦で空を飛んでいた。
  アクマは空を自由に飛べるが、他のノアは飛べない(ティキなどの特殊能力は除く)


それともう一つ。

「あたしは伯爵様に使用されてるメカなのよね
 メカは伯爵(コントローラー)を裏切らない」
 (5巻38夜/エリアーデ)

アクマは、創造主を裏切れないよう自我に制限がかかってるっぽい。
「裏切ろう」と考える事自体がそもそもできないように造られているような。

そして187夜。
「無理すんなよ… 俺はさ 何があっても味方だから…」
14番目のいい人幻聴にズキンと大きく苦しみだす千年伯爵。

これは、14番目の言動によって千年伯爵に芽生え始めた(人類絶滅を阻む)感情が
七千年前の「創造主を裏切ってはならない」というプログラムとぶつかって
あんなにも苦しんでいるのではないだろうか。
14番目に対する情を無理矢理無かった事にしようとしているのもその所為で。
(14巻132夜の涙や16巻158夜の夢など)

伯爵以外の他のノアは自由な自我を持てる。
ノアのメモリーによって影響を受ける事はあるけれど、たとえ「穢れた神の子」相手でも誰かを愛したり大事に思うのは自由だ。実際、ティキはイーズ達を大事に思っていたしシェリルの情も本物だろう。


そういう理由で、私としてはまだ千年伯爵アクマ説を捨てきれないわけで。
まあ今現在の第2人類版アクマとは色々事情が違うんだろうなとは思うけれど。
(おそらく第1人類版の最終進化アクマ…のようなものかと)

→関連記事: 千年伯爵の正体とハートについて
→続き: 千年伯爵はアクマじゃないかと思う件について・質問回答


トラックバック

%url