D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2009/08/25(火)
→ 前記事:187夜 現状戦力まとめ (アレン・ラビ・クロウリー組)

ロシアと北米が広すぎる

現在位置:ギリシャ・レフカス
敵:ルル=ベル

クラウド・ナイン:危険度B 戦力ランクSS

リナリー・リー:危険度B 戦力ランクS
・瀕死時の結晶ガード能力がまだ有効かどうかは不明

ティモシー・ハースト:危険度B 戦力ランクC?

ゴウシ:危険度A 戦力ランクD
・サードはノアに対して無力




現在位置:北米支部
敵:千年伯爵・ロード

教団職員:危険度A 戦力ランクF
・結界包囲網がまったく役に立っていない

ルベリエ・レニー・バク:危険度SS 戦力ランクF
・「アルマ・カルマ」の傍にいる




残存戦力

ヘブラスカ(キューブのエクソシスト)…黒の教団本部
マイトラ(ノア)…行方不明
フロワ・ティエドール(エクソシスト元帥)…行方不明
クロス・マリアン(元エクソシスト元帥)…行方不明・生存不明

・クラウド元帥とソカロ元帥がティモシーやクロウリーと一緒にいるのなら
 ティエドール元帥はマリと一緒にいる可能性が高い
・今回の千年伯爵の目的が「聖戦に終止符をうつ為のエクソシストの全滅」なら
 マイトラはヘブラスカの元へ向かっているかもしれない



現時点で一番危険度が高いのはアレン組と北米支部。
生存率が一番高そうなのはソカロ組とクラウド組。

各任務地と教団は方舟の扉で繋がっている確率が高いので
早めにノアを撃破する事ができたチームは、他のチームを助けに行けるかもしれない。
方舟ゲートには「中央庁と教団本部が認証した場合にのみ許可される」(176夜)というルールがあるかもしれないが、戦闘狂のソカロや仲間思いのリナリーはその辺を無視できるだろう。


トラックバック

%url