D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2009/04/06(月)
「院長先生ってさ
 天然ポイとこがマナとちょっと似てんだよね…」


クロウリーだって天然だよ!!クロウリーだって天然なんだよ!!
ああっ何故か微妙に悔しい気がする!!何故だ?!
というか何でその話をリンクにするんだよクロウリーにも話してくれよう!!
クロウリーには話せない事でもリンクには話せるのか!!おのれリンク!!
(注 : 管理人はハワード・リンク監査官も大好きです)



・・・・・・・・・よーし落ち着こう私。


「……キミから他人に「マナ」の話をするのははじめてですね」

…まあ、分からなくもない。
アレンはマナの事をずっと引きずっていた。その事でひどく落ち込んだりもしながら、今まで誰にもその事を話せないままずっと何でもないふりをして微笑んで見せていたわけで。

その話ができなかったのは、マナの事を話そうとしたら「自分がマナを殺してしまった事」まで話さなくてはいけなくなるかもしれないからではないかと思う。
たとえ理性では納得済みの事でも、その罪をおいそれと他人には話せないだろう。
もしその罪を咎められたらアレンの自我が壊れてしまうから。

それに、たとえ咎められなくても怖いと思う。
アレンにとっての「マナを殺した罪」は、彼の心の一番柔らかい部分だろうし。
鎧も楯もないむき出しの傷跡。触れられるだけで心が傷つくような。


だからアレンは他人にマナの話ができない。知られたらその傷が開くかもしれないから。


でもリンクは元々マナの事を知っていた。仕事の一環として。


だから、アレンはリンクにならマナの話ができる。
クロスが居ない今、アレンにとってマナの話ができる人間は
元々マナの事を知っていたリンクしかいないわけで。

…うう…やはりなんだかちょっと悔しい気がする…。
クロウリーにもその話をしてくれようアレン…!!クロウリー天然だから!!通常も発動も計算なんて全然無くて優しくていい人だから!!
ちょっとブン投げたり殴ったり噛んだり巻き添え死されそうになったりもしたけど!!


「リンクが空気になってきたってことかなぁ」

空気のように傍に居るのが当たり前で邪魔にならないという事なのか…!!
まあ8か月以上も常時傍に居たらそうなるのも仕方ないのか…。
しかもリンクは菓子作りが上手いし。アレンの好みは料理の上手な人だし。

アレンにとってのリンクは、
 ・自分の事を何でもよく知ってくれている(マナ含む)
 ・最初の印象が悪かったので「いい子」の仮面を被る必要が無い
 ・美味しいお菓子をたくさん作ってくれる
 ・現在「マナ」の話ができる唯一の人間

こんな感じで。


…か、勝てない…_| ̄|○ il||li


いや勝つとかそういう問題ではないのだけどなんだこの敗北感は。
おのれリンク…!!いや待てリンクは全然全くこれっぽっちも悪くないんだ!!
むしろ今回の戦いで一番頑張ってくれた優秀で健気ないい子なんだ!!


…とりあえず、アレンにはマナの話をクロウリーにもしてほしい。
多分それだけの話だと思う。心が狭くてごめんなさい。


トラックバック

%url