D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: ゲーム  2008/09/13(土)
2周目クリアしました。
ゲームをクリアするとセーブデータに赤色のイノセンスマークが付くのだけど、
それをさらにクリアすると青色のイノセンスマークになるらしい。

あ、でもこれ、もしかして協力技が可能になったから色が変わったのだろうか。
ううむ・・・。
3周目をクリアしたら分かるかな。

あと前回の感想は、落ち着いて見返してみたら全然「簡易」では無かったという。
いや、書き始める前は簡易のつもりだったんだ…!!


以下、戦闘システム感想。プレイ上の注意点など。ネタバレ注意。



■ボス戦について

このゲームで一番強いのは合体直後のジャスデビだと思う。
どうやっても勝てない…!!
しかもクロウリーを集中的に攻撃してくるし!!何だこの子?!
ええいクロウリーを殴るなら私を倒してから行け――――――!!

最後の千年伯爵戦は、体力が2000切らないよう回復しながら
ひたすらクロス・グレイヴを連発していれば特に何も考えなくても勝てる。
・・・けど、めちゃくちゃ時間がかかるので
これからやる人は、まとまった時間がある時にチャレンジした方が良いと思います…!!
あせってうっかり残り体力を測り間違えてやられるとかなり悔しいので。

それから、日本についてすぐのティキ戦では
ティキと会話すると即3連続バトルになるので
その前に戦闘配置で3人セットしておかないと一人で戦う羽目になったりします。
いやまあ一人でも絶対勝てないという事は無いのだけれど。
もしうっかり一人で戦闘になっても、負けてリトライすれば3人配置できるし。


■陥りやすい失敗

繰り返しプレイで既読部分をボタン連打で飛ばしていると
うっかり場面転換時にセーブし損ねてしまうので注意。

戦闘に負けてリトライでも、ボタン連打していると「リトライしない」になってしまうので
長い事セーブしてないと痛い目を見ます。というか私がやりました。
誰だこの設計した人!!!!


■協力技開放

KIZUNAプレートを全部開放していなくても、イベントを必要数見られれば使用可能になるらしい。
実際、2周目クリア時点では

・アレンークロウリー:プレート全開放
・ラビークロウリー:プレート開放1、親密度条件クリアでイベント未見が2

これだったけどアレンとクロウリー、ラビとクロウリーの協力技は可能になったし。


あとはリナリーと神田をクロウリーと仲良くさせられれば…!!
しかし現時点でも大分話してると思うのに、親密度条件クリアのランプがさっぱり点かないのは
一体どういう事だろう…。

それから、もしこの5人以外でもKIZUNAプレートがあったら
神田とデイシャの間はデフォルトで全開放してると思う。


■戦闘時のクロウリー

クロウリーはスピードが遅いので、敵一人を全員で集中攻撃していると
たまに敵がもう居ない空間にクロウリーがすっ飛んでいってちょっとむなしい。
クロウリーはイノセンスポイントが少ないから余計に勿体無いし。

あと「吸血」がティキやジャスデビ相手でも使えるのは設定的におかしいのだけど
その辺ゲームを作ってる人は誰も気が付かなかったのだろうか…。
体力もきちんと回復するし。
アクマの血を飲んだジャスデビなら分かるけど、そういうわけでもないし。

それと、個人的には「毒吸収」で仲間を噛んだ時にも体力回復してほしかった。
(実際ラビを噛んで回復してたし)


■戦闘演出

追加イベント含めるとジャスデビ戦が一番手が込んでる気がするよ?!
何?!ファンの欲目??
でもこれクロウリーに興味ない人がやったらしつこいかもしれない…。
いや私は長く見られて嬉しかったのだけども。


ゲーム の最新記事

トラックバック

%url