D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: サイト制作記録  2008/02/10(日)
凄く尊敬してる人がここの文章を褒めて下さったので
こ、こんな理屈ばっかりズラズラ並べてるんでもいいのか…!!とカルチャーショック&感動中。

私はとにかく理屈が過ぎる。

人と討論になった時、「AがBでCになって、そこからDを踏まえたらEになるからそれでうんたらかんたら」と説き伏せたら
「う…、筋は通ってるんだが感情的に納得がいかん…!!」とか、
「そりゃ理屈ではそうなるかもしれないけど、それはとらみさんが○○を知らないからだよ。○○じゃない人には分かんないよねー」とか、
どないせえっちゅーねん!!と絶叫したくなる事が何度もあったので過敏になっているのかもしれない。

…理屈で話が通る人間の場合はそれだけでいいんだけど、世の中にはそうじゃない人間も多いわけで。
「分かって貰えなくてもいい」とか「話が通じなくてもいい」と割り切ってしまうか、自分の話が分かる人とだけ話すようにするのが一番簡単なんだけど、
例えば、凄く好きな人が悲しんでいる時に、自分の言葉が相手の心に届かなくて何も出来なかったら悲しい。
目隠しをしたまま崖に向かって突っ走ってるような友人に「その先は崖だよ!!」と叫んでも通じなかったら悔しい。
戦うべき時に戦えないのも嫌だし、傷つけたくない人を傷つけてしまうのも嫌だ。

どうすればいいんだろうといつも考える。私の持ってるスキルはそれが理由で身に付けた物ばっかりだ。


まあどんなに頑張った所で完璧に出来るとは思ってないけど、
ちょっとでもマシに出来たらいいなぁ、と。


でも、理屈をいいって言って下さる人がいたので、そういうのも書いても良かったのか…!と少し認識変更中。
いや、だからといって何をどれだけ書いてもいいという訳じゃないのは分かっているつもりなのだけど。

長所:やりすぎる。 欠点:やりすぎる。 致命的欠点:加減が分からない。
加減を求めてラインを探す、そんな管理人のサイトです。

サイト制作記録 の最新記事

トラックバック

%url