D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: コメント返信  2008/07/15(火)
メールフォームからコメントをありがとうございます。



メールフォームに「転載不可」とか「匿名希望」や「返信不要」などの
チェックボックスを付けるべきなのだろうかと考えてみたり。

…ううむ、

………う―――ん…。どうするのが一番良いのだろうか…。


もうしばらく考えてみます。とりあえずは現状維持で。




7月10日0時50分の方

>ゲームで考えるDグレ、私も少し考えた事ありますが、面白いですね。
おお、ありがとうございます!
ゲームはとても好きなのでしょっちゅうこんな事を考えています。
この原作展開をゲームで表したらコマンドはいくつ必要だろうかとか
あ、ここ選択肢でルート分け?とか全体的なパワーバランスをどこで調整するんだとか。
格闘でもRPGでも戦略シミュレーションでも育成ゲームでも面白そうです。

ゲーム化した場合のキャラ特性考察を書いて下さってありがとうございました。
大変面白かったです。バランスを考えるとやはりミランダは需要が高いですね。
中距離からジャンプで一気に間合いを詰めるクロウリーというのも納得です。



うなさ様
お久しぶりです。いえ、あの、お気になさらず!!何の問題も無いです!!

拍手は自分で設置した事が無いので、何がどう管理人に伝わるのかが
よく分かってなかったりします。(すみません)

激励ありがとうございます。嬉しいです。
クロウリーが起きてくれて本当に良かったです…!
起き方に関してはあれでいいと思ってます。むしろ想像以上でした。



加賀見 ミルア様
>『リナリー達が「敬語じゃないのスキ!」』についてですが、私は敬語がダメなのではなく敬語で話すと線を引かれている気がするからだと思います。

う、ううむ…。言ってる方は線を引いているつもりはないと思うんですけどね…。
単に言葉尻にですますが付いているだけですから
ラビの「~さ」と本質的にはあまり変わらない気がすると言いますか。

どうも「言われるリナリー達」より「言うアレン」の立場でものを考えてしまいます。(すみません)

「いつか完全に敬語無しになってくれる」と期待されてもちょっと困るのではないかなと。
いや、可能性としてならばゼロとは言い切れないのですが。
ううむ…。

具体的な考察をありがとうございました。
こういう「別の人の視点から見た考察」は本当に勉強になります。



7月12日5時12分の方
いえあの、気を悪くするという事はまったく無いので大丈夫です!
すみません、お気遣いありがとうございます。


>アレンの敬語は少なくともリナリーやジョニーにとっては他人行儀だと思われているのではないでしょうか。単純に、親しい人や親しくなりたい人とは最もくだけた口調で話し合いたいと思う人も多いでしょうし。リナリー達はアレンが微妙な敬語変換をしていると知っていて「変換前のまま喋っちゃってもいいのになぁ」と思っているのかもしれません。あの会話の時の二人は、アレンともっと仲良くなりたいと言っているようにも見えました。

ううむ…、いや、アレンからしたら今の時点で親密度MAXではないかなと思うんですけどね…。
アレンの言葉使いは、語尾にですますが付く以外は既にくだけまくってますし。
相手を好きだからこそ優しく丁寧に話すというのもあると思いますし。

…しかしリナリーやジョニーにとってはもっとくだけた方が良いのでしょうか…。ううむ…。
何故か私の方が頭を抱えてしまいます。


元々が大変ガラが悪いから
それを制御する為に紳士化・敬語化しているというのも確かにあると思います。
ある意味過剰適応ですね。
切実な。

そういうアレンが好きです。仮面でなくて心の底から真っ白で完全な善良紳士か
黒さを効果的に活用する為だけに良い人のフリをしている詐欺人間だったら
こんな風には惹かれていなかったと思いますし。

コメント返信 の最新記事

トラックバック

%url