D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/06/09(月)
罠だった。



…罠だった……ッッ!!!!

うううう、やはりちゃんと用心して警戒すべきだったのか…!!
私があの場に居たら間違いなく扉を開けて蹴り殺されてた。
何て事だ…!

…クロウリーは悪くない。あの人は今薬で理性が飛んでる訳だし。

アレン達がクロウリーを疑ってコムリンを扉明け要員にしてくれて本当に良かった。
そしてコムリンが首取れても生きててくれて本当に良かった。


…そして。

そして、縦横無尽に暴れまくるクロウリーがかっこよくて堪らない…ッッ!!
どうしよう好きすぎる。効果音付きで赤い実がはじける勢い!
アレンぶん投げるわ神田とラビの頭ぶつけるわ
ジョニーを殴ろうとして止められて殴られて
アレンの顔面を思い切り殴って逃げる一連の流れが楽しくて仕方が無いよ?!
コウモリの羽のような物が生えてるのもかっこいい…!!!!
この羽って空飛べるんだろうか。飛べるんだったら更に大好きなのだけど。

まあまともに考えたら飛べないだろうけど、飛べるといいなぁ。
そうでないと何の為に生えてるのかよく分からないし。威嚇?
質感からして血でできてるっぽいけどどうなんだろう。赤いのか黒いのか。
個人的には黒ベースで赤のハイライトが入る感じがいいな。

もう髪降りてて通常仕様なのに発動喋りで凶悪な所とか
物凄く好きだ…!!好みのタイプがモロにそこに居る…!!
トドメ刺してなかったり一回反撃されただけで逃げる甘さというか浅さも
感情だけで突っ走ってるモンスターという感じで大変好みだ。
(仕事人として見るなら本当に甘くてマイナス判定入るんだけど
暴走状態ならノーカウント。むしろ天然っぽくてイイ。)


それからコムリンを色仕掛けで落とす
超絶胡散臭いアレンがこれまた大好きだ!!!!

1:全力で嫌がるコムリンに、まず相手を思いやる言葉をかける
2:分かり易い現状説明で話を聴かせる (「コムイさん達と~」)
3:他の仲間を卑下した上で
  「お願いします…っ 頼れるのはキミだけなんです…!」

前提:コムリンは前回 「ゴ主人守レナカッタ・・・ ワタシハポンコツダ…」
   自分の役立たずっぷりに泣いていた。


 完 璧 だ !!


素晴らしい!!見事なやり口だアレン!!
アレンは自らの武器をよく分かってる。うん、これは騙されるわ…。
しかしコムリンには恋情を理解する情緒があったのか。ますます人間っぽい。



今週のDグレは本当に楽しい。どうしよう。複数冊買ってアンケート沢山出そうかな。
来週休載だけど、もうこの狂暴クロウリーと胡散臭さ全開アレンだけで
いくらでも待てそうな気がする。
いや通常クロウリーに戻ってきて欲しい気持ちももちろんあるのだけど。


なんというか、死の心配をしなくていいコミカルなギャグ展開は大好きだ。
元々私は重苦しいシリアスより殺しても死なないようなギャグが好きな人間だし。
嬉しいな。こんなにいいものが読めて本当に嬉しい。
クロウリーがアレン達と逢えたのも嬉しいし。彼が泣いてなかったのも嬉しいし。
私にとってはいい事だらけだ。


トラックバック

%url