D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: コメント返信  2008/05/27(火)
メールフォームからコメントをありがとうございます。



クロウリーサイトが増えるのは本当に嬉しいです。
人が彼の事を褒めたり心配していたりするのを見ると
すごく安心します。
良かった、彼は一人きりじゃない、と思って。





5月24日18時38分の方
お名前が書かれていなかったのですが、内容から見てミルアさんでしょうか?
(間違っていたらすみません)
考察好きな人がいて下さって嬉しいです。私もあの人は本当に凄いと思いました。
色んな人間がいるという事が本当にありがたいです。

クロウリーを「クローリー」と書く人は極稀に見かけます。
勘違いは仕方無いですよ。私も細かい部分を間違ってばかりなので
人の事は何にも言えませんし。



加賀見 ミルア様
>『ホームページ製作者の資質』を読んでで、私は人と交流すると制作意欲がわくタイプだと気がつきました
>(チャットやオフで人と話すと無性に書きたくなりますw


なるほど、興味深いです。教えて下さってありがとうございます。

この辺りは本当に人それぞれなんですよね。
人と交流してしまうとそこで情熱が昇華されてしまって物を描けなくなる人や
自分の見たい物を誰も描いてくれないから私が!!と燃える人や
誰かに「○○が見たいです」と言われる事で「これを描いてもいいんだ!」と安心して物が描けるようになる人など。
その人間の深い部分にある欲望が何なのか、によって違ってくるものなのかな、と考えています。

えーと、私は
ブログを読まれていたらバレバレかとは思いますが
見たい物がどこをどう探しても無い場合「こんちくしょー私が描いたらァ――――!!」とか
「違うんだよ――!!彼はいい人なんだよ―――!!」とか、そういう衝動が創作意欲に繋がる人間です。
足りない部分を補完したいタイプと言いますか。



和田トオル様
すみません勘違いしていました。そういう事だったのですね。
そういう意味ではアレンは確かに「成長する主人公」だと思います。
最初の時点でも大分完成された性格のように見えますが、まだ脆い所もありますしね。
先週のマナの事など。



貘29番様
同じ状況でもあの人の目から見たら幸福で
この人の目から見たら不幸、というのはよくある話かな、と考えています。
私からしたらどう考えても不幸で虐げられているように見える人でも、そういう風に「虐げられる事で安心する人」だったりする事もありますし。

>トラミさんにいわれて、ブログ・・やってみる気になりました。毎日はかけないし、変なこと書くかもですけど。よかったらたまに読んで下さい。
>http://plaza.rakuten.co.jp/clockworkrose/
>トラミさんのマネして自分のなれそめからですが(赤面)


おお、嬉しいです!!小躍りするほど嬉しいです!!
ありがたく見に行かせて頂きます!!


それから今週のジャンプの事で。

あの右足にちょこっとかかってるのが尻尾かなと思うんですよね。
窓部分に見える矢印型のあれは羽の一部かな、と見てますが。
角も付いてるように見えますね…。

私は彼がどんな形でも好きですが、クロウリー自身は自分の姿が化物のようになっていたら絶望しそうですね。
アレン達との旅の間で彼のコンプレックスが少しでも軽減されていたらいいのですが、いや少しは軽くなっているだろうとは思うのですが、
それでも心の深い部分にあるトラウマは簡単に消える物ではありませんし。



リネ様
紹介許可をありがとうございます。それから動画の事を教えて下さってありがとうございました。
私のパソコンだと上手く動かない事が多いのですが、何とかして見に行きますね。
リネさんの声を聴くのが楽しみです。
こちらこそいつもお世話になっています。ありがとうございます。



コメント返信 の最新記事

トラックバック

%url