D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2017/07/14(金)
■前記事⇒ 第225夜 「A.Wをたずねて・CALL2」

「今回の前のお話ってどんなだったの?」という人を見かけました。
これまでのお話はこちらです!!(ダイレクトマーケティング)
電子書籍なら即読めますよ…!未読で気になった方は是非…!!

・ジャンプコミックスD.Gray-man1巻~25巻(222夜まで)
・ジャンプSQ.CROWN2016年夏号(223夜)⇒ 電子書籍(Kindle)
・ジャンプSQ.CROWN2017年冬号(224夜)⇒ 電子書籍(Kindle)(※Dグレは7ページ)

************************************

何度も読み返していたら他にも気になる所が出てきたので感想を少し追加します。

ワイズリーとブックマンの関係


「お前のせいで あの時
結局ブックマンから何も聞き出せなかったんだからさ」


ここの「吐け!!」「ブックマン!!」って、23巻207夜の激高したシェリルかな。
ラビが口端から血を流しているところも同じだしティキも一緒にいた。

1.シェリルが怒ってブックマンズ大ピンチ
2.ワイズリーが止めた
3.そのせいでティキはブックマンから何も聞き出せなかった

こんな感じ?
うーん、でもあれから最低3か月は経っているのに一度止めただけで3カ月ずっと聞き出せないというのもおかしいような。

なら、ワイズリーがブックマンを逃がしてくれたのかな。
それなら3カ月経っても聞き出せていないのとブックマンがキャンベル邸に居たつじつまが合う。

うーん、でもシェリルと喧嘩になってしまいそうだ…。
というかワイズリーが最初から協力してくれていたなら拷問なんてしなくてもブックマンの情報取り放題だったのでは。
ブックマンの情報をバラせない、何らかの事情がワイズリーにあるのかな。


リンク>>フィードラ


「突然あにふるの 痛ひぶっ」

リンクVSフィードラだとリンクの方が強いの?!!
フィードラってラビ・ブックマン・チャオジーの3人と戦って勝てていたのに…?
(遭遇19巻187夜 → 結果22巻200夜)

というかこのまま倒してしまえばチャオジーとラビの寄生蟲も無くなったのでは。

うーん、でもフィードラは身動きが取れない割りに余裕で話しているし。
鴉が捕縛に超特化しているだけで倒すとなるとまた別なのかな。


飲まれかかったティキ


「吐きそうだ」
ティキがこのセリフを思い返した瞬間、ジョイドに飲まれかかっていた?
35年前ジョイドも同じセリフをネアに言われた事があったのかな。


ジョニーから見たアレン、アレンから見たジョニー


「ジョ  ニ  ぼくを  よん  で  くれ  て……」
あっこれ、「ありがとう」だ!!多分!!

ここだぞ ゴールはここだ 俺がずっとアレンを呼ぶから 目印になるから
23巻212夜のジョニーのセリフ。
223夜でも思い出していたけど、あれがアレンから見た世界で
同時刻を外側から見たのが今回の225夜なのかな。

「ジョニー。僕を呼んでくれてありがとう」

途中で意識を失ってしまったけれど本当はこう言いたかったのでは…?


トラックバック

%url