D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: その他Dグレ情報  2016/04/10(日)
アニメディアのDグレ特集は折り込みポスターになっていて
外側は描き下ろしイラスト、内側は芦野監督のインタビューでした。


アニメディア折り込み外側の描き下ろし絵


背中合わせに座っているアレンとラビ・ティムキャンピー・
少し離れた所で正座して本を読みながら監視しているリンクの3人+1体。


アニメディア折り込み内側の絵


・AnimeJapanで公開された新ビジュアル(アレン・神田・ラビの3人)
・PV第2弾のカット4枚
アレン・神田・ラビのアニメ設定画(正面のみ)


アニメディア芦野芳晴監督インタビュー要約


・マンガ原作の作品の監督は今回が初めて
・動向の行方が一番気になるのはアレン
・テワクは個人的に応援したいキャラクター。掘り下げ甲斐がありそう
・シナリオに関しては星野先生の監修は全話分終わっている
・今回のアニメは原作のどの部分からスタートするのか→まだ伏せさせてください
・村瀬さんには3つのタイプのアレンを演じて頂くことになる
・今回リナリーは「強さ」より「やさしさ」とか「かわいさ」の方に重点を置きたい
・前作アニメとの一番の違いは原作の連載に追いつかないよう心配しなくていい事
・今回のシリーズは「原作のここからここまでを描く」が最初から決まっている


アニメディア5月号感想


折り込みポスター内なので実質2ページ分ですが、芦野監督のインタビューは思っていたよりずっと長くて読みごたえがありました。上記はあくまでも一部要約で他にも色々書かれています。
アレン・神田・ラビのアニメ設定画もありますし今回はおすすめできるかも。

読者投稿ページは58ページと63ページにアレンの投稿絵が載っていました。
アンケートハガキは「今月号でよかった記事」のラインナップにD.Gray-man HALLOWの項目があります!



PASH!5月号のDグレ情報


Dグレ情報は77ページの上半分のみ。
芦野監督のインタビューが載っていますが短かったです。
読者投稿ページもDグレの投稿ハガキはなし。


アニメージュ5月号のDグレ絵


D.Gray-man HALLOW特集は80・81ページ。
AnimeJapan新ビジュアルの3人がバストアップですごく大きく載っています。これはもしかしてAnimeJapan配布チラシより大きいのでは…?
(神田とラビだけで1ページ埋まっている大きさ)
(絵の並び順がラビ・神田・アレンなのでラビが神田を見てるみたいになっている)

あとPV第2弾のカット4枚と
リンクのアニメ設定画(正面のみ)が載っています。


アニメージュ5月号のDグレ情報


今作の物語は、アレンが中央庁幹部の監視下におかれるところから始まる。

(アニメージュ5月号80ページより引用)
(インタビューではなくD.Gray-manの作品説明文)

えっそれ言っちゃっていいの?!Σ(゚□゚; )
情報規制かかってるんじゃないの…?アニメディアでは芦野監督は伏せさせてくださいと言っていたのに。

うーん、でもどうなんだろう。アニメージュのライターの人が「多分この辺から始まるんじゃないかな?」と勘で書いたという可能性もあるし。


アニメージュ5月号の芦野芳晴監督インタビュー要約


・今(Dグレ原作漫画を)何度も何度も読み込んでいます
・(原作漫画は)何気ないシーンでも実はひとつひとつ意味が込められている
・キャストオーディションではアレンだけで男女含めて4、50人の声を聴いた
・前シリーズは残虐なシーンは控えめ
 →今回は衝撃的で迫力あるシーンと真正面から向き合う
  →その為に片桐プロデューサーが芦野監督にオファーを出した


アニメージュ5月号感想


アニメディアほどではないけれどこちらのインタビューも長めでした。
上記はあくまでも一部要約です。個人的にはキャストオーディションの時のお話が興味深かったのと星野先生の監修のお話が嬉しかった。

読者投稿ページは137ページ右上にアレン・ティム・リンクが1枚、138ページにロード1枚とアレン1枚の投稿ハガキが載っていました。
アンケートハガキはQ3「購入動機となったもの」「見て、または読んでみてよかったもの」の企画リストにDグレの名があります。
(※企画リストはP.98と書いてありますが正しくはP115ページ)

その他Dグレ情報 の最新記事

トラックバック

%url