>昔の漫画を見て頂ければ、普通のものとモノローグ書体の二つのみでほぼ出来ているのが分かると思います。本棚に...公式Twitterの第4回告知はまだかな、と待っていたら第5回と合同で来ました!【D.Gray-man】Dグレブログ第4&5回更新しました!今回はマニアックに写研やモリサワ等の漫画の書体について&見本誌が届いてからの一喜一憂について。…方向性が見えづらくなってきましたが(笑)最後までお付き合い下さい! 担当K http://t.co/fLKKEXGzd8— ジャンプSQ.編集部 (@JUMP_SQ) 2015, 10月 15⇒ D.Gray-man担当日記 第5回...萌え死ぬわ!!!!って一人で超ゴロゴロジタバタしてたけど落ち着かないからブログに書くよ!!CROWN秋号はもう手元にあるから感想を書くべきなんだけどシロクロラインはクロウリーファンサイトだからクロウリー最優先でも良いのですよ!!!昨日晩、いや今日か、10月16日12時34分に星野先生がインスタにハロウィン絵を上げられていてね。アレンが吸血鬼コスプレだったから超喜んだんですよ私。わあい吸血鬼ー!耳尖ってる!...なんかすごい駆け足で謎が判明していってるけど大丈夫?!Σ(゜□゜;≡;゜□゜)とりあえず「2人に分かれたのに3人いるよ問題」は解決!\(゚∀゚*)/巻頭カラー描かれている人はアレンマナラビブックマン神田リナリーリンクジョニーの8人。サードもいるかなと思っていたけどいなかった!なんだかラビの顔がちょっと大人っぽくなっている印象。アレンのペンタクルが赤いのはもう確定かな。紫からいつ変わったんだろう。作品世界内で色の...\" /> 2015年10月 - シロクロライン
D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: ジャンプ情報  2015/10/08(木)

えっDグレ担当さんの公式ブログ?!

ジャンプSQ.CROWN D.Gray-man担当日記 第1回

本当だー!!!Σ(゚□゚; )

うわああ凄い、担当さんのD.Gray-man裏話が6回も読めるなんて!!
ありがとうございます担当Kさん!!そしてこの企画を立ててくださった方ー!!


「担当K」さん?


…あれっ担当Kさん?
23巻160ページでは担当T氏(巻末スペシャルサンクスによると玉田さん)だったのだけど、休載中に替わられたのかな。24巻のスペシャルサンクスも玉田さんの名が書かれていたし。
それともコミックス担当の片山さんなのだろうか。

テガミバチ公式ブログというとこちらか。遡ったら確かに担当Kさんのお名前が。
⇒  テガミバチ公式ブログ

テガミバチの担当だった人というと小菅(こすげ)さん?
次のコミックスが出たらスペシャルサンクスで分かるかな。

ジャンプスクエア編集部のK」ということは、ジャンプSQ.CROWNの漫画はCROWN専用の編集部がある訳ではなくて、スクエア編集部がそれぞれの漫画家さんを担当されているのかな。


星野先生のネーム原稿


■ネーム原稿セリフ書き起こし

「母さまはウソをついていた
 オレたちは もとは「ひとつ」の存在…」

「マナとネアは血を分けた兄弟 ではなく 文字通りの分身だったんだ」

「だが結局 あんたによってオレたちは
 元の「ひとつ」に戻ってしまったけれどね

 元の「千年伯爵」に
 現在のあんたに!


(この3コマが1ページ中の上3分の2くらい)
担当Kネームチェックのパソコン画面に映っている)


■D.Gray-man219夜 該当箇所らしき部分

「瓜二つのマナとネア
 ふたりは双子の兄弟として育てられた」

「だがオレたちは双子じゃない
 母さまも本当の母親じゃなかったんだ」

「オレたちは元は「ひとつ」だった
 「千年伯爵」だったんだよ


(それぞれが別のページに分割)



台詞で説明されていた部分が絵で表現するよう変更されている。
あのラスト付近って元はこんなに短かったのか…!

「だが結局あんたによってオレたちは元の「ひとつ」に戻ってしまった」って、え、これ何気に新事実?!
いや本編に書かれていないならこれは無かったことになるのか…?
千年伯爵の謎に深く関わる部分だろうに、これ出してよかったの??
次の220夜にこの辺の補足説明があるのかな。


続きは次回。


わあい超楽しみ!!\(゚∀゚*)/
テガミバチブログでは制作担当の方も記事を書かれていたけれど、このブログはどうなるのだろう。そして全6回と銘打つならもう書く内容は全て決まっているのかな。


※追記(2015/10/08 23:50)

今回の担当日記第1回に添付されているネームは220夜(次回掲載分)のものではないか?と仰っている方を見かけました。
何の疑いもなく219夜のものと思い込んでいました…!
内容が219夜ラストとほぼ丸被りですし。

うーん、でも「前回のあらすじ」的な導入部として220夜の冒頭に入る可能性も無くはないのだろうか…。
(´・ω・`)?
カテゴリ: ジャンプ情報  2015/10/09(金)
6回も読めるなんて嬉しいなぁ、次はいつ頃だろう…とのんきに構えていたら


まさかの毎日更新!!Σ(゚□゚; )

えっそんな短期集中企画だったのですか!?Dグレは凪の状態が長かったからいきなりの情報過多で慌てふためいています!あっ続きが早く読めるのはとても嬉しいです!!!


リクエスト可?!


リクエストがあれば@で教えて下さい。

り…リクエスト… 突然の事すぎてクロウリー関係の質問しか頭に浮かばない…
いやそういう作品内容に突っ込んだ質問を募集しているわけではない(主観)という事は頭では分かっていますが!!
編集者さんへの質問ってどの辺りが妥当なのだろう…。星野先生の体調について聞いてもいいのかな…。


CROWN特別付録のラフ画集


第2回 〜特別付録・ラフ画集とは!?〜 (D.Gray-man担当日記)

元々は後輩Oさんが考えられた企画だそうで。
ありがとうございますSQ.編集部のOさん!!\(゚∀゚*)/


そのために星野先生にはCROWN創刊号の作画データをできる限り保管して頂いておりました。

ということは、おそらくラフ画集に掲載される絵は219夜の原稿。
担当日記第1回に掲載されていたネームも219夜の可能性が高いかも!
今回掲載されているページもCROWN夏号267ページ(219夜)のものだし。

…つまりクロウリーは居ない…

あっいやそれはそれとして脇に置いておいて!!
星野先生の絵は元々綺麗だったけれど、219夜の美しさは更に格別だったから、その制作過程であるラフ画が見られるのは大変ありがたいです!!




そして公式TwitterでCROWN秋号の表紙が公開されましたね!


前回はアレンと伯爵表紙+小さいクラウスさんだったけれど
今回はクラウスさんとレオ表紙+アレン!(+藍本先生の漫画のキャラ)
アレンは前回Dグレポスターの絵ですね。扱いが大きくて嬉しい!
そして構図的にアレンが黒髪少年と山羊を持って見ているように見える。


ジャンプSQ.CROWN 次号予告

CROWN次号予告ページも更新されていますね。
新人読み切りのカットとタイトルが増えています。絵柄が見事にバラバラだ…!

もうすぐ発売、という実感が沸々と湧いてきてドキドキします。
219夜の続きがあと少しで読める!!
カテゴリ: ジャンプ情報  2015/10/13(火)
D.Gray-man担当日記 第3回 〜巻頭カラー完成!〜 (ジャンプSQ.公式サイト)

「あれっ毎日更新と書かれていたのに続きが来ない?」と不思議に思っていたら
担当Kさん、扁桃腺炎で40度の高熱に苦しまれていたみたいで。
うわああお大事に…!!


巻頭カラーと扉絵


星野先生のカラー原稿はフルデジタル
カラー扉の類は基本的には全面的にお任せ
今回の巻頭カラーに関しては「キャラの数を多めに!」ぐらいのお願い

添付画像のキャラはアレンラビ神田ブックマン、そしてアレンの背にいるのは多分ピエロマナ。
神田の後頭部にかかっている手の下側がアレンで上側がピエロマナですね。
左右はわざと逆に載せられているのかな?

そしてこちらは以前星野先生がインスタに載せられていた絵ですね。

星野先生のインスタ 2015年9月18日
星野先生のインスタ 2015年9月23日

間にリンクの絵が載せられていたから扉にはリンクも居そうですね。これから本編に深く関わってきそうなキャラですし。
8月末にトクサ・マダラオ・テワクも載せられていたからこちらも居るかも。
キャラ沢山みたいでとても嬉しい!ありがとうございます星野先生と担当Kさん!
\(゚∀゚*)/


担当Kさんのアオリ文


・扉ページには「タイトル」「作家名」「サブタイトル」「アオリ」が必ず入っている
どれかが欠けている場合は締切ギリギリで思いつかなかったか編集のミス
・アオリは編集のセンスが試されるところ

若い時分は難解な言葉で煽れば格好良い!と思いがちですが、一番大事なのは伝わること
”中高生がちょっと背伸びすれば理解できる言葉”というのを自分のルールにしています

Dグレはシリアスな世界観だから難解も似合いますが分かりやすさも大事ですね!!
「難解で分かりにくい」系に寄りすぎると中二病っぽくなってしまいますし。
伝わりやすくてカッコいいアオリを何卒宜しくお願いします…!!
ちなみに私は11巻105夜(方舟ジャスデビ戦) 扉の
人間(ひと)であろうと化物であろうと
私には歩き続ける理由がある。

担当が吉田さんだった時のこちらが一番好きです!!!!

ジャンプアオリ集〈11巻収録分〉



■追記(2015/10/13 23:35)

担当日記第3回更新(※13日の昼12時22分に更新確認したファンのツイートあり)後もジャンプSQ.編集部 Twitterでの更新告知がなかったので、Dグレ担当日記はもう告知されないのかしら…と寂しく思っていたら21時19分に告知が来ていました!良かった!!


星野先生がこまめにチェックされているなら色々安心!!
\(゚∀゚*)/


第1回の「ネーム原稿」画像(謎に深く関わりそうな未公開セリフが書かれていた) はこのタイミングで出して良かったのかと少し気になっていたのですが、星野先生もちゃんと確認されているなら問題ないですね!
いや、漫画家さんに事前に確認を取るのは当たり前の事なのですが、最近他で酷い編集者さんの話を複数耳にしていたので、ほんの少し心配になっていました。


あと、今確認したら担当日記第2回と第3回のページを開いた時だけ第4回のリンクが飛べる色になっていますね。まあ飛んでも「ご指定頂いたページが見つかりません。」になるのですが。
カテゴリ: ジャンプ情報  2015/10/14(水)
D.Gray-man担当日記 第4回 〜ついに原稿UP!〜 (ジャンプSQ.公式サイト)

母様はウソをついていた

あれっ今回載せられているこのカットは担当日記第一回のネーム原稿?!
完成原稿になっている…という事は、あのネームは219夜の没ネームじゃなくて次回掲載の220夜(CROWN秋号)のものだったの…?!


書体のお話


>>昔の漫画を見て頂ければ、普通のものとモノローグ書体の二つのみでほぼ出来ているのが分かると思います。

本棚に古い漫画があったのでざっと見てみました。(ざっとなので細かく見たら違うかも)

 「トーマの心臓」(初出1974年/41年前):フォント1種類
 「パーム1 ナッシングハート」(初出1978年/37年前) :フォント2種類
 「竜の眠る星」(初出1986年/29年前):フォント5種類
 「パーム22 愛でなくⅧ」(1997年発行/18年前):フォント5種類
 「魔法陣グルグル 10巻」(1998年発行/17年前):フォント14種類

確かに古いものはフォントが極端に少ないですね。


>>いつも書きながら考えているので、原稿UP!からなぜか
 書体の話になってしまいました


書く内容はあらかじめ決まっていたわけでは無かったのですね!


>>書いてほしいテーマ等ありましたらtwitterの@で教えてください。

「@JUMP_SQ」でTwitter検索してみましたが、まだあまりリクエストは来ていないみたいですね。
これは、もしかしたら、今書いたら採用してもらえるかも…!
しかし編集者さんへの質問ってどの辺が適切なラインなのかよく分からない…!
Σ(゜□゜;≡;゜□゜)
カテゴリ: ジャンプ情報  2015/10/15(木)
公式Twitterの第4回告知はまだかな、と待っていたら第5回と合同で来ました!


D.Gray-man担当日記 第5回 〜校了紙で台詞や印刷具合をチェック!〜
 (ジャンプSQ.公式サイト)

添付画像は第1回・第4回と同じシーン。
左側ラフの下部分はネアのセリフっぽいですね。読める部分を書き出してみました。
読めない部分は■■にしてます。


 ■■
 オレたち
 もとは「ひとつ」だった
 千年伯爵の
■■だった

 ■年前のあの

 だが結局
 オレはおまえに
 食われてマナとネアは
 元の「ひとつ」に戻った
 「千年伯爵」にね

 あのコーネリアの
 場所で

 肉体を
 千年伯爵を
 分けた 分身だった

 千年伯爵が
 千年伯爵でなくなり
 オレたちふたりになった あの時間
 あの17年間を


読めない部分は何て書いてあるんだ…?!
次号掲載分のものみたいですし、220夜を読めば分かりますかね。


白焼き(最終チェック段階)は間違いの無いように


>>上で書いた白焼きまでの段階で”原則としては”間違いのないようにしないといけません。

もちろん人間ですから複数人でチェックをしていても間違いが起きることは多々あります…ミスが無いように出来れば言うこと無しなのですが。(その場合は善後策として、単行本で修正するなり、雑誌で訂正記事を出すなりベストを尽くします)


Dグレは単行本修正がちょこちょこ入るタイプですが、作画や演出をより良くするものがメインで編集ミスっぽいものはあまりなかったような。
パッと思い出せるのは2008年ジャンプ41号171夜扉絵(アレンラビ神田リナリークロウリーがピンクの満月をバックにして桜が吹雪いているセンターカラー扉)で話数が172夜と誤植されていたやつくらいですね。

あとこのブログを「誤植」で検索したら200夜で「ブックマン」が「ブックマニ」になっていたと書いてました。そういえばそんな事もあった…!


>>さて「JUMP SQ. CROWN」はいよいよ明日発売!
Dグレはもちろん、全作品を読んで頂ければ編集部一同大喜びです。


100%Dグレ目当てで買いますが、担当さんがそう仰るなら全作品読みます!!
ほぼ読み切りだからストーリーが分からないという事も無いですしね。
カテゴリ: 雑記  2015/10/16(金)
萌え死ぬわ!!!!
って一人で超ゴロゴロジタバタしてたけど落ち着かないからブログに書くよ!!
CROWN秋号はもう手元にあるから感想を書くべきなんだけどシロクロラインはクロウリーファンサイトだからクロウリー最優先でも良いのですよ!!!

昨日晩、いや今日か、10月16日12時34分に星野先生がインスタにハロウィン絵を上げられていてね。
アレンが吸血鬼コスプレだったから超喜んだんですよ私。
わあい吸血鬼ー!耳尖ってる!牙!クロウリーとお揃い!って。

この時点でもう小躍りするレベルだったのに、Twitterでいつものように感想検索してたらなんか星野先生がクロウリークラスタの息の根を止めに来たとかそういう感じのつぶやきが見えてね。

えっ何、何かあったの?Σ(゜□゜;≡;゜□゜) って星野先生のインスタをまた見に行ったらハロウィンアレリナ絵の星野先生のコメントに#の文が追加されていたのですよ。

@hoshino1000 - アレンとリナリーのコンビって描いてて一番癒されます。ほっこり🎃🎃🎃🎃
  #アレンさんの
  #吸血鬼衣装は
  #クロちゃんから
  #借りたから
  #結構ブカブカという
  #どうでもいい設定が
  #あったり
  #ティムの仮装が
  #何なのか
  #私にもわからない - Pikore http://www.pikore.com/m/1096418517697822434_1503160638


クロちゃんから借りたから結構ブカブカ!!!!

なんかもう今書き出しても手が震えてキーボードがうまく打てなくなるくらいときめいてね!!!

クロウリーの服を!!アレンが!!!着ている!!!!
仲良しか!!!仲良しなんだね!!!!

そして「ブカブカ」!!
クロウリー190cmアレン174cmで身長差16cm(キャラグレ記載データ)だからね!!

私、D.Gray-manに来る前から身長差とか体格差とか年齢差とかそういうものに超ときめくタイプだったのですよ。クロウリーを今みたいに好きになったきっかけだって、11巻98夜のクロウリー(大人)がアレン達(子供)を抱えて走ってくれたシーンでしたし。
このドサクサでぶっちゃけると前回CROWNの219夜だって「千年伯爵人間バージョンは身長188cmでクロウリーと2cm違いだからアレンとクロウリーの身長差もこのくらいかー」って見てる間中思ってましたし。本編とガチで関係ないから書きませんでしたが。

この時点でもう私のときめきゲージが限界突破していて
落ち着いたらブログに記事を書こうかと思っていたのですよ。

んでもって朝、Twitterでクロウリークラスタの感想を見ようとTLをさかのぼったら
鍵アカのクロウリークラスタが明らかに異常な喜びの奇声を発していてね。

え、え、また何かあったの?Σ(゜□゜;≡;゜□゜)とインスタへ行ったら

星野先生のインスタ 2015年10月16日3時42分

I Can Fly!!(喜びで空も飛べそうです)

                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ 
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)


手震えどころか足元から全身が何かフワフワするよ?!3cmくらい浮いてる体感!!

「ぼくも早くクロウリーくらい身長欲しいなぁ
 カッコイイですもん」
「アレンはカッコイイである。
 私にとっては世界一カッコイイである。」


やっべえ私起きたと思ったけど寝てたわー!!これまんま私の理想の夢だわー!!とその辺をウロウロしてパソコンの前に戻ってきたけど消えてなかった!!夢じゃなかった!!

いや…これ…なんかパソコンでこの画面を開いてると動揺が過ぎて椅子の上で無駄に左右に揺れてしまうのですが…


吸血鬼服の裏話絵 個人的トキメキポイント


・おそろい服(仲良し)
・アレンがクロウリーの服を着ている(超仲良し)
・アレンが尖り耳と牙でクロウリーとおそろい(人外萌え)
・服がブカブカ (身長差・体格差萌え)
・アレン萌え袖 (同上)
・長髪ひとつ結び同士でおそろい(長髪萌え)
・アレンがクロウリーに泣き言を言ってる(普段強いのにギャップ萌え)
・クロウリーがアレンを慰めている(優しい!!!!)
・アレンが自然な会話の流れでクロウリーを褒めている(アレンへの好感度爆上がり)
・クロウリーがアレンを世界一カッコイイと照れもなく本心から言っている(分かる)
・アレンがそれを嬉しがっている(ここで萌えメーターがぶっ壊れた)

ストライク連発すぎてもうどうしていいのか分からない…!!

クロウリーがアレンを世界一カッコイイと言っているのは、クロウリーが世間知らずだからというのも大きな原因だと思う。
28年間引きこもりのあとアレン達と日本への旅をして、その後は教団での任務三昧だから、人生において深く関わった人間の数が極端に少ないの。だからクロウリーの心の世界は、知識と経験が乏しい分他の人より圧倒的に小さい。

そしてクロウリーは引きこもっていた間ずっと友達を欲しがっていた人で
アレンは初めて友達になってくれた人だから。

(ラビも友達だけど、ラビはブックマンの件で「仲間じゃない」という思い込みが根底にある(13巻ロード戦参照)から、クロウリーに対してまっすぐ友達だとは言い切れていない疑惑)

そりゃあ「世界一カッコよく」見えるだろう。
汽車でギャンブルに負けて取られたクロウリーの服をアレンがイカサマで華麗に取り返した(5巻42夜)ように、日本への旅の間中、世間知らずなクロウリーをあれこれフォローしてあげていただろうし。

そしてアレンは、クロウリーがお世辞でなく本心からそう言っている事を理解してる。

アレンは別にナルシストじゃないし蔑まれた経験が長いからから自分の事を世界一カッコイイなんて思っていないだろうけど、
「クロウリーは世間知らずだから自分なんかが世界一カッコよく見えている」というのは今までの付き合いでよく分かっているだろう。クロウリーに好かれている自信と自覚もあるだろうし。だからこそ「私にとっては世界一カッコイイ」が信じられる。


…なんだか自分でも何を言いたかったのか分からなくなってきたよ!!
3行にまとめるとこう!

・星野先生がハロウィン絵のコメントにクロウリーの名を出してくださった
・星野先生がハロウィン絵の裏話絵でクロウリーを描いてくださった
・アレンとクロウリーが仲良しで超嬉しいです!!!!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2015/10/17(土)
なんかすごい駆け足で謎が判明していってるけど大丈夫?!Σ(゜□゜;≡;゜□゜)
とりあえず「2人に分かれたのに3人いるよ問題」は解決!\(゚∀゚*)/


巻頭カラー


描かれている人はアレンマナラビブックマン神田リナリーリンクジョニーの8人。
サードもいるかなと思っていたけどいなかった!
なんだかラビの顔がちょっと大人っぽくなっている印象。

アレンのペンタクルが赤いのはもう確定かな。紫からいつ変わったんだろう。
作品世界内で色の言及はされていないから、設定的には「初めから今までずっと赤で変化はしていない」という可能性もあるけど。
瞳が金色なのはネアが入っているからなのかな。


「2人に分かれたのに3人いるよ問題」解決!


219夜で「ネアマナの2人に分かれたのにネア・マナ・伯爵の3人がいるよ?」問題が勃発したけど速攻で謎解かれた!
つまりこういう事か!

  千 年 伯 爵 
  ↓     ↓
  ネア   マナ
  ↓     ↓
  ネア死  マナ発狂
   ×    ↓   ↓
      伯爵  ピエロマナ    

伯爵とマナが対面しているのはマナの脳内イメージだったのか…。

 

伯爵以外の「アダム」がいた事実判明


「「暗黒の三日間」の発動ッッV
 それこそ我が輩の存在理由
 アダムより与えラレ
 我が輩自身が受諾しタ役目なノデスV」

「我が輩は「千年伯爵」以外の何者でもナイ
 忘れタのデスカ

 おまえにはアダムやノア…

 この世界に対して
 償わねばならぬ
 大罪があるこトヲ!!」


つまり現在の伯爵以外にも「アダム」がいて
伯爵は「アダムとノアとこの世界に対して償わねばならぬ大罪がある」から
別アダムから「アダム」の役目を背負わされたという事か。

「大罪」を犯したのは7千年前のイノセンスとノアの戦い辺りかな。

アダム(=ノア側)から罪を糾弾されるという事は、
現在の伯爵が「アダム」の役目を背負わされる前は、イノセンス側だったの?

「イノセンス側」が「ノア側」を滅ぼすという大罪を犯したから
イノセンス側の元伯爵が捕えられて、全ての贖罪とハート殺害を強いられたのかな。


いや伯爵が元イノセンス側だったかどうかはまだ想像の域を出ないのだけど。
普通にノア側で、なんかひどいミスとか裏切りをしただけかもしれないし。


リンク暗躍


わーリンクがジョニーのゴーレムを取り返してくれた!ありがたい!
リンクが来てくれたら100人力だね!

 心ではウォーカーが宿主の運命に打ち勝つことを願いながら
 この手で「14番目」を助けようとしている
 私もまた 矛盾している――――…


役目と情の狭間で揺れてるなぁ。
今回、分離前マナも「役目(伯爵)」と「情(マナ)」の狭間で苦しんでいたし
同じ話でリンクの似た苦悩を出したのはわざとかな。
「伯爵も矛盾しているし リンクもまた矛盾している」という。

…ところで、リンクがなかなかアレンと合流しないのってもしかしてこの悩みの所為?
だったら早く合流しようよ!!アレンそろそろ大ピンチだよ!!
あっいや実際追いつめられているのは伯爵の方なんだけど!!

ネアって黒の教団の結界装置は破壊できるのかな。
今のところ描写が無いから分からない…。 「ネア」としては初めて受けるものだろうし、まだ対処できなくてもおかしくない。
ここでリンクが助けてくれるのかなぁ。早くしないとノア達まで来てしまうよ…!

%url