D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: ジャンプ情報  2011/08/05(金)
「D.Gray-man」は休載致します。(ジャンプSQ.9月号目次ページより引用)

これだけか!!!!Σ(゚□゚; )

どこをどう探しても今月はこれしかない…!!み…短すぎませんかSQ.編集部さん…。
SQ.10月号の予告にすら無いんですけど!!
えええ、休載もすごく残念だけどそれ以上にこの徹底した無かった事感はなんなの…。
アンケートの項目にも無い…(それが普通だけど前の休載の時はあった)

いや1ページ丸々使って休載告知してほしいなんて贅沢は言いたいけど我慢して言わないからせめてSQ.公式HPかSQ.Twitterで休載のお知らせをするべきだろう。
SQ.は輪ゴムで封がされていて立ち読み確認できないんだから余計に。

…Dグレ休載ですって書いたら売り上げが落ちるから隠して売っているのだろうか。
前回の休載の時も本誌を買うかネットなどで購入者の話を聞くまで分からなかったし。

こういう事が続くとSQ.自体の信用が落ちて雑誌を買ってくれていた人までコミックス派になるかもしれないから、長い目で考えるならちゃんと告知した方がいいんじゃないかと思うんだけどなぁ。


星野先生の休載理由


どこにも何も書かれていないので一切不明。

キャラグレの描き下ろしやSQ.LaBの読み切りに時間がかかりすぎて間に合わなかったのかな。それならまだいいんだけど体調を悪くされている可能性もあるからなぁ…。
休載理由を書かれないのは星野先生に限った事じゃないからいいにしても、10月号予告に入ってないのがどうも心配で仕方ない。星野先生…。


『迷い猫オーバーラン!』連載終了のお知らせ


あとDグレ関係ないけどSQ.HPのWhat's Newにこんなニュースが。
詳しくはこちらへ⇒ 【集英社】ジャンプスクエア

連載終了するって告知だけで詳しく書かれてないけど!!
コミックス未収録の話が2話残ってるのにあれはどうなるんだ…。

訳が分からないよ!!とググったらこちらで色々話されてました。
漫画「迷い猫オーバーラン!」が打ち切り (ニュー速クオリティ)

あとSQ.9月号の別冊付録22~23ページに新しいイラストレーターの人の話が載っています。

「はい 以降は毎回違う作家さんに挿絵をお願いしようと思っています」

「キャラデザも一新する予定なんですよ 毎回」
「10巻目にして!?しかも毎回!?」
「はい!その方がお祭り感が出ていいじゃないですか!
 …まぁ半分は大人の事情です」

(SQ.9月号別冊付録「『迷い猫オーバーラン!{予告}』実録エッセイ漫画」より引用}

1巻ずつ挿絵担当者を変えるのはともかくキャラデザ毎回一新は流石にどうかと。
自分の好きなキャラが次の巻では外見ほぼ別人って許されるのか…。最初からそういう趣旨でやるならともかく、もう大分長い事続いていてアニメ化も漫画化もしている作品なのに。

メディアミックス化されていたタイトルがキャラデザの人と揉めて、以降全部別デザインに描き直す事になった作品は他にも知っているけどSQ.にそれが来るとは…。
矢吹先生は完全にとばっちりだなぁ。
カテゴリ: コメント返信  2011/08/11(木)
「ゼロから何かを組み立てる」より
「元になるものがあって、それを改変・追加補足する形で新しいものを作る」方が
ずっと楽でやりやすいんじゃないかと私は思う。

私自身も、沢山の人に色々な事を教わりながらここにいる訳だから
他の人の役に立てたり参考になれたりしたらとても嬉しい。

************************************

続きからレスです。
内容:紹介していいですか?→いいよ!(゚∀゚*)/
カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2011/08/17(水)

「美しい使途(エクソシスト)に育ったね アレン」
っていう台詞は、なんだか幼いころを知っているかのようです。なので、幼いアレンさんにアポの一部を移植したのがクラウンクラウンで、ティキに砕かれても壊れなかったのは、本体のアポが別の場所にあったから、とか。師匠が見えたのは、アポとシンクロしてるからだとか。

(「青春フラッター」極細様 第203夜感想より一部引用)

極細さんが2月4日に書かれた感想を見て「うおおこれ正解だろ!!Σ(゚□゚; )」
大急ぎで引用許可を頂いたのですが私がとろい所為で随分遅くなってしまいました。
ごめんなさい!

アポクリフォス=クラウンクラウン説は他所でもたまに見ますが、私が見た中では極細さんが一番最初でした。

確かにこう考えると、色んな事に納得がいくんですよね。

・ノア(ティキ)にイノセンスを砕かれても壊れなかった(59夜)
 → イノセンスの本体(アポクリ)が別にあったから

・アレンのイノセンスはアジア支部戦まで完全に繋がっていなかった(85夜)
 → 85夜までは本来の持ち主がアレンじゃなかったから
※心が不安定だと繋がらないならクロウリーやティモシーはもっと繋がらないはず

・アレンに合体拒否された時、アポさんが異常にぶち切れた(204夜)
 → 元々が自分のものだったから合体するのが当然だと思っていた

・マナを壊した時、アレン本人はマナを壊したくなかったのに発動した(3夜)
(イノセンスは適合者とイノセンスの意志がシンクロしないと強い力を引き出せない)
 → マナを壊す意思を持っていたアポクリフォスが遠隔操作した

・「美しい使徒に育ったね アレン」(203夜/アポクリフォス)
 → イノセンスと深く結びつく(美しく育つ)前のアレンを知っている


そもそも「合体する」というのは異物を体内に取り込むという事で。
アポさんはハートを守るという大切な役割がある重要なイノセンスなのだから、イノセンスにとって毒であるだろう「ノア」の混じった人物となんて合体しない方がいい。
ジャスデビの体内にクロウリーの毒(イノセンス)が打ち込まれた所為で、いまだに彼らが苦しんでいる事を考えても。

なのに「合体」。しかもクラウンクラウンそのものが合体を望んでいるっぽい。(204夜)

それはつまり、最初からアポクリフォスが14番目を捕らえてその身に封じ込める為に
「14番目が本来乗り移るはずだった体」を「自分の分身が適合してる方の体」にすり替えたのではないかと。



そして、14番目が本来乗り移るはずだったのが現在のティキと考えたら
14番目とティキがそっくりなのにもちょっと納得がいくような。
いや、この辺はまだ情報不足で確実な事は言えないのですが。
カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2011/08/21(日)
■前記事:アポクリフォス=クラウンクラウン説

「僕ね、十七歳なんですよ」

「僕ね、朝起きてたら、おじさんになってたんです。理由は全然わかりません。でも、その前日までは間違いなく十七歳の男の子でした。初めはね、鏡に映った自分の顔に、そりゃあ驚きました」

(D.Gray-man小説3巻147ページ/マナの台詞)

マナは弟の死やノア達に追われていた事を憶えてないわけだから
「17歳がいきなりおじさんになった」というより
「17歳以降からネアが死ぬ辺りまでの記憶を無くした」と考える方が自然だ。

そして、その記憶を奪ったのは誰か。

結論から言うと、それがアポクリフォスなのではないかと思う。
彼は今現在のDグレ世界において唯一の記憶消去能力持ちだ。(22巻203夜参照)


ネアとアポクリ視点からの過去推測


ネア:ノア覚醒→伯爵達と行動を共にする
  :マナの為に伯爵を裏切ってノアをほぼ皆殺し
  :マナに自作のダークマターを渡して自分が死んだ後魂を呼び戻すように伝える
  :呼び戻した後の偽名はneaの逆さ読み+2(1+1でll)でallen
  :クロスにマナを見守るよう連絡
  :千年伯爵と戦い死亡

※ダークマターには魂を閉じ込める効果がある。(キャラグレ173ページ参照)
※伯爵の魂から造ったダークマターでなければ伯爵のコントロールは受けないかも
(未確定)
※愛するものの呼び声で魂が呼び戻されるなら、ネアを呼ぶのはマナが最適



アポクリ:マナがネアを呼び出した所でマナの記憶と14入りダークマターを奪う
 →「アレン」の名や千年伯爵の脅威などの使えそうな所は部分的に残す

  :自分の一部を切り離して適合できる子どもを探す
  :見つかったので左腕に移植して以前の記憶をすべて奪うor殺す
  :14番目入りダークマターも突っ込む(4巻36夜のDの頭蓋骨)
 →既製の人間を再利用したんじゃなくててセカンドのような人形を造った可能性もあり
 →死体にダークマターを突っ込む事で生き返ったように見せるのはアクマと同じ手法
  (死体でもイノセンスは発動可能。例:マリア)


  :マナがこれから立ち寄りそうなサーカスを突き止めてアレンを売り飛ばす
  :マナとアレンの接触後、14番目の手がかりかイノセンスをちらつかせて伯爵を呼ぶ
  :マナとアレンをこっそりガードして他の人間を伯爵に全滅させる
  :マナの記憶を更に奪う。(主に弟の辺りを曖昧に混乱させる)
  :マナはその直後に出会った子を「アレン」と勘違い。刷り込みで好意を寄せる
  :サーカスという保護者を失ったアレンはマナに着いて行くしかない
  :ティムの映像を見てクロスが「ネアの言っていた「アレン」はこいつか!」と誤解

************************************

こういう流れで行けばアポさんが14番目の生まれかわりをすり替えられるかも。
そもそも14番目の生まれ変わりに細工ができるのはアポさんくらいだし。

当時の伯爵はマナやアレンの事を知らなかったし
(知っていたら14番目の関係者という事で刺客を送るはず)
「ソシテ「アレン」 オマエモ狂ッタ人形ニナッテシマッタ」(198夜/ネア)や
「もっとはやく間違いに気づくべきだったよ!!」(203夜/クロス)を見るに
今のアレンが14番目の計画通りの形でないのはほぼ確定だろう。
(関連記事:クロスは何を勘違いしていたのか


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%url