D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: サイト制作記録  2010/04/01(木)
ものすごい今更ですが

シロクロライン本館の方にオフラインページを作りました。
二次創作の同人誌に抵抗がない方は見て頂けると嬉しいです。

************************************

それともう一つ。
「-Your ROSY lips.」のくろいさんが主催されている
クロウリーアンソロジーへ参加させて頂きました。
オフラインページに詳細とアンソロ特設ページへのリンクがあります。


※4月2日追記

しまった寝過ごした!!(現在02:13)

オフラインページを撤去しました。まあリンクを外しただけなのでアドレスを保存してる人はそのまま見られるのですが。
詳細は後日!
カテゴリ: サイト制作記録  2010/04/03(土)
一昨年も去年もあまり凝った事ができなかったから
今年こそ頑張ろう!と思ってカリカリ描いてみたはいいんだけど
たったあれだけの絵を描くのにやたら睡眠時間を削った所為で
4月1日当日は家に帰った後寝落ちしてました…。

orz

エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2010年版 (GIGAZINE)

面白いサイトが沢山あったのに3分の1も回れなかった…!なんて事だ…!!
というかDグレサイトをあまり回れなかったのが悔しすぎる!!!!

************************************

というわけで
エイプリルフールに上げたオフライン情報ネタをおまけ付きで再アップしました。
(※企画の終了したくろいさんの偽アンソロ本以外)
何故なら私が閲覧者だったら1日限定なんて事は言わずにその後も見たいから!!

シロクロラインは毎日来なくても大丈夫なサイトでありたいと思っています。

************************************

「こういう同人誌が欲しいなぁ」と考えるのはかなり楽しかった。
もしホームページという発散手段を得ていなかったら私は本当にああいう感じの本を作っていたかもしれない。

…いや無理か…。私はあまりにも絵を描くのがのろすぎる…!!
出せたとしてもデータ本とコピー本が数冊くらいかなぁ。データが目玉なのはたぶん間違いない。いやあんな自信満々の帯は恥ずかしくてとても付けられないけど。
(完全マニュアル本を参考に作ったらああなった)

それと、サークルカットにアレクロエリと書いてあるのにアレン本が無いのは
時間が足りなくて削ったからです。
当初はデータ、対エリアーデ、対アレン、対ラビ、色物の5冊描く予定でした。
まあアレン相手は偽アンソロ企画の方に描いたし!

************************************

…しかし他所が見れないのでは本末転倒もいい所なので
来年はもっと簡単なのにします…。いや時間なかったらやらないかもですが。
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2010/04/05(月)
「何回破壊しても 体が再生してきて……っ
 止められないよユウっ!!」

再生能力の呪符の所為で死ねない。
オリジナルの記憶が甦って怒りが止められない。

だから怒りと憎悪に振り回されてしまうしかなかった。
しかも彼はまだ10歳前後の子供だ。(精神年齢と肉体年齢的に)
激情を理性で抑えこめなくても仕方がないだろう。

「これじゃ まるで AKUMA…」

確かにこの状態はアクマに近い。
本当は殺したくなくてもその器の殺人衝動から逃れられないという意味で。


アルマがもっと非情な性格だったら「鴉どもや研究員達を皆殺しにしてやったぜ!」と高笑いできたんだろうけど、あの子はなまじいい子だったから
そんな風に吹っ切る事もできずに苦しんでいるんだろう。

「悪くない
 お前は何も悪くねェよアルマ…」


アルマは悪くない。私だってあの子と同じ立場ならそうなってしまっただろうし
ユウだって一歩間違えばああなっていただろう。
研究所の奴ら全員殺してやろうかと思っていたし。


「それでも なんとか正気でいるのは
 キミの…おかげかな

 キミがそばにいてくれてるからだよ
 独りだったら どうなってたかわからない」


マリの言ったこの言葉がよく分かる。
ひどい苦難でも、その思いを共にする大好きな友人が傍にいてくれれば何倍も乗り越えやすくなるから。
「この子も同じくらい苦しんでいるんだ」という思いがバランスの欠いた心を人間に戻してくれるから。
だから一人きりでいちゃだめなんだよ。バランスを失いがちな人は特に。

アルマはユウより一人きりでいた期間が長かったし
研究員達にずっといい顔をしていた分、余計に鬱憤が溜まっていたと思う。
前回「お前達なんかに分かるもんか人でなし!」とエドガーに言っていたし。
だから余計に絶望した時の歯止めが利かなかったのだろう。


 何故こうなった
 みんな世界を守りたいんだろ
 守りたかっただけだろ


中央庁も研究員達もアルマもユウもみんなそれぞれの正義と事情がある。
(そしておそらく伯爵とノアとアクマ達も)
誰か一人だけが悪かったからこんな取り返しのつかない事態に陥ってしまったわけではないだろう。


どんな事情があったとしても
アルマはユウに拒絶され破壊される。この運命はもう覆らない。


…うう…、「どうすればよかったのか」「どうしようもないんだよ」という抵抗と諦めの心がグルグルする…。そして結末が決まっている以上諦めが優勢だ…!!
アルマは現時点でまだ生きているからこの後覚醒するだろうけど
その後普通に仲間になる可能性って何%くらいあるんだ…!!
あの子は本当にいい子だから普通に生き残って幸せになって欲しいのに!!

肉体はもうボロボロだしアクマの卵核まで埋め込まれているから無理だろうか。
そこをなんとか!!なんとか!!

************************************

「目覚めるわけないよね
 目覚めたいわけないよね~~

 あーあ なのに毎日しゃべりかけちゃってさぁ
 ぼくって超ウザかっただろーなぁ――
 ほらぼく声大きいしさ
 話のネタがつきないように本とか読んじゃったりして
 も―― うわ――」


あと個人的にこの辺がちょっと他人に思えない。
うざくないよ!!アルマの話だったら私何時間でも聞くよ!!!
アルマは仲間が欲しくて頑張ってただけなんだから悪くないよ!!!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2010/04/05(月)
心地いい闇の中から外に出て
地獄のような世界で愛しい者への思いを胸に戦い続ける。

レベル4戦で病室から出たリナリーも
城から出て、方舟の棺の中から出たクロウリーもそうだった。
暗闇の中にいるだけでは何も得られないから。

ユウもそういう過程を経たキャラクターだったんだなぁと思った193夜。
「あの人」がアルマを斬らせたってそういう事だったのか…!


「あの人」はどんな人?パート2


「…待ってるね ずっと」

あれ?「あの人」ってもしかしてただの一般人?
神田本体がエクソシストになる前からの付き合いで、帰りを待っているのかな。
じゃあ191夜の「ハナビラが落ちる前に… き… …か… 」
「ハナビラが落ちる前にきっと帰ってきてね」で確定?

 1.神田本体がイノセンスに適合
 2.枯れた蓮畑で、蓮が一面に咲き誇っている所をいつか一緒に見ると約束
 3.神田本体は黒の教団へ連れて行かれる
 4.アクマとの戦いで戦死→セカンドの被験体へ

で、「あの人」はおばあさんになってもずっと待っているのか…。
教団員の戦死は外部に教えてもらえないから(5巻44夜)
「あの人」は今でも神田本体が生きていると思っているのだろうし。


知らなくても愛してる


前回「凍結処分されたユウを目覚めさせるのは誰だろう」と思っていたら
自力でイノセンスを呼んで目覚めてた。
さすが精神力MAXだよ!!(※ファンブックのレーダーチャート)

…Dグレ1の純愛キャラはクロウリーだと思ってたけど
相手の朧げな顔しか思い出せない状態でここまで強い想いを発揮できるって
ユウも相当だなぁ…。
幻どころか(ユウ個人は)会った事もない人をここまで愛するとは…

神田本体と現在のユウが完全に別人だったら「それは単なる他人の残留思念だ」で終わるんだけど、神田本体はおそらく≒ユウだ。だから、この「会いたい」という気持ちはユウ本人のものでもある。
記憶喪失になった人間が元恋人を愛しいと想ってしまうようなものだろう。


セカンド細胞の治癒効果


ユウの血でマリの傷が治った??!!
え、セカンドの血ってそんな特殊効果があるの??アルマも??

あ、もしかしてこれが後のアルマ細胞?傷口が塞がる程度の回復力、で。
だからマリは目覚めたけど歩けないのかな。
しかしこんな簡単に治るならマリの脳を取る前にユウ達を呼んでくれば良かったのでは…。研究所の人間もこの事は知らないのかな。
いやそれはいくらなんでもおかしいか?セカンドは研究し尽くされてるだろうし。

一般人には細胞を移植しないと効果がないけど、エクソシスト同士であれば血をかけるだけで傷口を塞ぐ事ができる、とか?
…無理矢理すぎる…。しかし他に理由が思いつかない…。

※4月10日追記:上記の「エクソシスト同士」は、エクソシスト化したセカンドがノーマルエクソシストに血をかけたら治るのではという意味で書きました。

マリの額に一瞬梵字が浮き出てたけど、トクサの腕が治る時も断面に梵字が浮き出てたのかな。今度サードの誰かが切ったら見せてほしい。


力はコントロールできなければ意味がない


「ユウ 無事だったんだね!」のページだけでも鴉が11人死んでる。
188夜の資料では、被験体アルマの暴走で研究所職員計49名皆殺しと記載されてたけど、実際の被害はもっと多かったという事か…。

…鴉は裏の部隊だから、戦死しても公式記録には残してもらえないのかな。
ブックマンが見ていれば裏歴史には残るかもしれないけど。

90年も失敗続きの実験に鴉がここまで配備されているとは思いにくいから
連絡を受けた中央庁がアジア支部付近の鴉を全員招集したんだろうか。

この事件の後セカンドエクソシスト計画が中止されたのは
バクやレニーの力よりもアルマのおかげの方が大きいかもしれない。

「鴉がこれだけの人数でかかっても全く歯が立たない」となると、中央庁がその力をコントロールできないから。札で能力を封じられるエクソシストより性質が悪い。
サード計画時にセカンド計画が再開されなかったのはこういう訳か…。


アルマとユウのすれ違う思い


 ・アルマの主張 「キミならわかってくれるよね? 一緒に死のう」
 ・ユウの回答  「ごめん…俺は生きたい」

分かってもらえなかった。

ユウはユウで一緒に生きようと思ってくれていたんだよ!!
だけどアルマは一緒に生き続けられる状態じゃなかった。ユウの適合がもう数時間早ければ運命は違っていたのかもしれないけど、今となってはどうしようもない。

他者の道具にされ親しい人を殺し続けるくらいなら死を選ぶというアルマと
他者の道具にされ親しい人を殺してでも生き延びたいというユウで
ここは対になっていると思う。

ユウはエクソシストとして教団の道具にされ続ける道を選んだ。
あの人ともう一度逢う為に。

ユウはユウで悪くない。理由が何であっても、生物が生き続けたいと願う事に関しては責められるいわれはないから。
「一緒に死のう」という願いは誰が言っても無効だろう。

…そしてアルマは誰にも分かってもらえなかった。

************************************

ユウの記憶を知った現在のアルマは目覚めた後どうするんだろう。
道具にされ続けた現在の自分に絶望して、また共に死のうとするのだろうか。

…話し合う道も、無いわけではないと思う。
アルマの殺人衝動さえ何とかできれば。


…しかしノアがそこにいるからなぁ…。
ノア側はアルマに教団員達を殺させたいみたいだし。
ううむ…。どっちに転んでも悲劇にしかならないのか…?
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2010/04/06(火)
あれ?

他所の193夜感想を読みに行ったら冒頭の台詞は神田本体のものだというご意見をいくつも見たのですが、私はあれ「あの人」の言葉だと思ってました。

************************************

あの人 「見たいなぁ(蓮が)一面に咲きほこってるところ
      いつかふたりで一緒に見ることができたら…」

神田元 「(一面の蓮を)一緒に見よう。何十年かかってもきっと帰ってくるから」
あの人 「ホントに?おじいさんとおばあさんになっちゃってもよ?」
神田元 「約束だ。必ず帰ってくる」
あの人 「…待ってるね ずっと 待ってる…」 

************************************

こんな感じで。
間に何も入れないとどうも微妙に違和感があるというか。
でも言われてみたら神田本体の言葉と取れなくもないし…。

どっちなんだろう。ううむ。
神田本体の性格が今とどのくらい違うのか分からないからなぁ…。
今と似た性格ならああいう甘い言い方はしないだろうけど。

ユウは生まれてすぐ血の気が多くてガラの悪い個性を発揮していたから
神田本体もああいう性質だったのかなと思っているけど、実際はどうなんだろう。

ガラが悪くなるよう狙って教育されたわけではないし(やる意味がない)
脳をそうなるよういじったわけでもないだろうし(アルマの性格と全然違う)
お手本になるようなガラの悪い人は漫画上に見当たらなかったから
あれは生まれつきのもの(≒本体の個性)っぽい気がする。
(画面に映らない所でお手本がいたのかもしれないけど)


マリが神田本体の事を知っていればこの後教えてもらえるかな。
オリジナルの面影がどのくらいセカンドに残るのかはちょっと知りたい。
カテゴリ: サイト制作記録  2010/04/08(木)
「記事一覧」の表示不具合報告を返信不要でご連絡頂いたのですが
私のパソコンでは何度やっても再現できませんでした。
宜しければ詳しい状況をお聞きしたいのですが…

…と、ここまで書いた時点で他ブラウザ検証をやっていない事に気がついた。

⇒ Internet Explorer8
タイトルが無い…だと…?


これの事かー!!Σ(゚□゚; )
え、これは一体どう直したらいいの?OperaとFirefoxではちゃんと出るのに??

…ええと、表示が出ないのはどうもこの
レス: 肉体と脳が別人のものなら"YU”とは誰なのか」だけみたいだから
もしかして“”が原因なのかな。


良かった良かった。

タイトルの“”を「」に直したら無事表示されるようになりました。

ご連絡頂かなかったらずっと気がつかなかったと思います。
本当にありがとうございました!!

それと、ここ以外でご連絡頂いた箇所は申し訳ないことに分かりませんでした。
表示不具合が直らないようでしたら再度ご連絡頂けるとありがたいです。
カテゴリ: サイト制作記録  2010/04/11(日)
今までわりとバラバラだったシロクロライン本館の方のCSSを
ある程度統一しました。
いや、他サイトを見ていたらやっぱり統一した方がいいかと思い直しまして。

変更箇所


■背景黒のページをCSSでの制御に変更
 背景黒・白字だと読みにくい方はCSSを切ると他のページと同じように見られます。
 (今まではCSSを切っても背景黒のままだった)

■データページの見出しデザイン変更
 今までは緑のridgeで指定していたのですがFirefoxだと色差がきつすぎるので
 思い切ってsolid指定に切り替えました。
 何でブラウザによってこんなにも表示色が違うんだ…!!

Operaの見え方が一番好き

※ridge指定だと2色にできるけどブラウザによって色がバラバラ
 solidだと1色だけど各ブラウザでの差があまりない

■ABOUTなどに見出し追加
 「最初からやっとけよ」という突っ込みは甘んじて受ける!

************************************

サイトの絵も大きすぎるかなぁと思うのだけど人によってバラバラだから
どのくらいがちょうどいいのかがいまいち分からない…。ううむ。

まあとりあえずはこの辺で。そのうちまた微妙に変えたくなるかもしれませんが。
カテゴリ: Dグレ設定話  2010/04/12(月)
私はわりと近視眼的な所があるので、他の人の感想やコメントを見ると
違った視点での考えを知る事ができてとてもありがたかったりします。
もし私一人だったら、この神田過去編は8割方がアルマ視点のみになってました。

一度誰かをすごく好きになってしまうと、どうもそちらの方に肩入れしたくなってしまうんですよね。そういう思想の偏りはあまり良くない事だし、もっと平等な視点を持つべきだと頭では分かっているのですが。

でもクロウリーが出たら彼に全力で肩入れするよ私!!
何がどう悪くてもそこは譲れない!!

************************************

続きからレスです。193夜感想のセカンドの血の治癒効果の事でひとつ。
カテゴリ: 雑記  2010/04/15(木)
誰かを好きだと思う時に大切なのは、自分がその人の全てを好きだと早とちりしないようにする事だと思う。


家族としてはすごくいいお父さんだけど政治家としては非道なシェリルとか
エクソシストとしては立派な元帥だけど昔殺された者からしたら犯罪者なソカロとか
妹からしたらいいお兄さんだけど家族への死亡連絡を許して貰えないファインダーからしたら冷酷な上司のコムイとか。

人間の印象は、その者と自分がどういう関係にいるかで違ってくる。
そして更に言うと、相手の情報をこちらがどれだけ得ているかでもかなり違う。
何も知らない時は冷たいと思っていた人間がその背景を知ってみると厳しくて優しい人という印象に変わったり
優しいと思っていた人間がその背景を知ってみると浅くて甘い人だったりなど。

人を好きだと思うことはいい事だと思う。嫌うよりずっといい。

でも好きだと思った時、まだ相手に対して知らない部分があることを忘れて全部が好きなように思ってしまうと、理想と大きく違った部分が現れた時にその人全部を嫌いになる場合があるから気をつけないといけない。

理想と違う部分があっても相手のもともとある長所はなくならない。
(※稀に無くなる事もあるけど)
トリシア(シェリルの奥さん)は、夫が実は戦争を操る非道なノアだと知った時
シェリルを見損なうかもしれないけど、家族思いのシェリルもそれはそれで真実だ。
ノアだったからいい夫であるシェリルが全部無くなるわけではないし
それはイーズ達にとってのティキも同じ事だろう。


でもブックマンJr.は少しだけ違う。

ブックマンジュニアは、次に進む時その記録地での名を捨てる。
「僕の落し物…ブックマンに黙ってずっと持っててくれたんですね」(119夜)というアレンの台詞から見るに、ブックマンにバレれば持ち物も捨てていかなくてはいけないのかもしれない。
誰かに肩入れしたくなるような思い出や名前があると「公平な記録」ができないから。

昔の名前で呼ばれても振り返ってはいけないというのは(114夜)
上記のシェリルでいう「いい夫」を捨てるようなものだろう。
その場合、シェリル個人の人格が変わるわけではないけど、トリシアが好いた「いい夫」をやっていたシェリルはどこにもいなくなる。

「ラビ」を好きになるというのは
「黒の教団のブックマンJr.」を好きという事とイコールで
「他の記録地でのブックマンJr.」を全部好きだという意味にはならない。

他と違って一回一回が使い捨てだから、「ラビ」が好きというのは
ラビが黒の教団を離れた時点でブックマンJr.にとってほぼ無効だ。


「あ オレの事ラビでいいから
 Jr.って呼ぶ奴もいるけど」
(27夜)

でも「Jr.」呼びならたぶん別の記録地に行っても振り返ってもらえるわけで。

「お前「Jr.」っちょ?」(74夜)

クロスはおそらくブックマン達が黒の教団に入る前から彼らの事を知っている。
だからちょめ助にラビの事をJr.と言ったのだろう。その呼び方なら昔と名が変わっていても認識してもらえるから。


ラビは約10年で49回も名前を変えている。平均すると1記録地で2ヵ月半~3ヶ月位だ。
それが幼い頃からずっと続いているなら深い友人を持つのも難しかっただろう。

だから、今黒の教団でラビが他の人間に情を移しているのは個人的に嬉しいし
別の記録地に行った後であの子がラビではなくなってもずっと好きでいてくれる人がいて欲しいと思う。
ラビがその人の好んでいた「ラビ」だけではなかったとしても。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/04/15(木)
「すでに再生能力の呪符は完全に肢体に定着している
 修正は手遅れだ」
 (191夜)

Q.「再生能力の呪符」なんてものがあるなら他のエクソシストにも付ければいいのに何故そうしないのか。
 「寿命が減るから」と言っても、致命傷を負ったマリみたいな状況なら
 長生きさせる事より今死なせない事の方が大事だろうし。

A.再生能力の呪符は、普通の人間には後付けできないのかもしれない。

もし普通の人間にあんな呪符が付けられるのなら、中央庁に忠実な鴉やファインダー達が回復体化していてもおかしくない。エクソシストとしての能力がなくても、あの回復能力さえあれば教団レベル4戦で神田がコムイを庇いきったくらいの働きはできるだろう。

つまりアルマ達の肉体は、最初から「再生能力の呪符用」に設計して造られているのではないかと思うわけで。


Q.ならアルマやユウみたいな「再生能力の呪符を付けられる子」を量産して回復強化体の軍隊をつくりあげないのは何故か。

A.成功率が低い+反乱防止?

アルマやユウは子供だったから脱走しても鴉の呪符で取り押さえられたけど
ああいう回復強化体の人間が何人もいて知恵をつけ鍛錬を重ねたら、鴉では取り押さえられなくなるからかもしれない。数が多ければそれだけ反乱の可能性は高くなるし。 
孫悟空の金冠のような制御アイテムを付けられればいいのかもしれないけれど、そんな事が可能ならアルマとユウにも仕掛けているはずだ。
それをやっていないという事は、おそらくセカンドにはそういう制御アイテムが付けられない。(付けても肉ごと引きちぎれるとか) 

アルマやユウにまともな教育を施さなかったり戦闘訓練を受けさせていなかったのは
その辺の所為もあるだろう。


Q.回復能力を付けた子供に、中央庁に忠実になるよう教育を施したらどうだろう

A.子供はなかなか親の理想通りには育たない
その子供が生まれつき他を圧倒できる強い肉体を持っていたなら尚更。


************************************

アルマ達の肉体元になった子がどう造られたのかはすごく知りたいけど
物語の本筋にはあまり関係がないからこのままうやむやになるかな。
おそらく来月で神田過去編は決着だろうし。肉体元の話を差し込む余地が無い。

できればその辺をコミックスのおまけページとかで書いてもらえないかな…!
再生能力の呪符の詳しい仕組みや成り立ちなんかも聞きたいのだけど。

%url