D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: コメント返信  2009/10/03(土)
「俺 生まれつき身体が弱くてさー
 そのせいで時々イジめられることとかもあったんだよ
 でも美っちゃんと仲がいいってわかると
 誰も俺をイジめなくなるんだ」

「美っちゃんの存在が俺を守ってくれてたんだよね…
 マジで美っちゃんは俺のヒーローなんだよ」

  (ジャンプ44号 保健室の死神 第4診「恐怖の本好くん」より引用)

相手からしたら何でもない軽い手助けでも
それが無いと死んでしまうくらい弱い人間にとっては、神のようにありがたかったりする。

特に役に立たなくても色んな人から沢山大切にして貰えたり
精一杯努力しなくても話を聞いて貰える人間には分からないだろう。
それがどれだけ得難い事なのか。


本好くんの事は結構好きだ。私は、彼が少しだけ他人に思えない。


>分からなくも無いんだ。そんな風に特定少数に対して思い入れすぎてしまう気持ちは。
多分、人に受け入れてもらえた経験が極端に少ないんだろう。
そういう人間は、受け入れてくれた特定少数に対して思い入れすぎてしまう。

 (シロクロラインABOUT「管理人とDグレの馴れ初め」より)

でも、強すぎる思い入れの弊害も今ならよく分かる。
やりすぎてしまう人間はまわりのものを壊さないようにそっと生きなくちゃいけない。
どんなに思う事があっても、それが相手の負担にしかならないのなら
そんなものは無い方がいいんだ。



まあでも時と場所を選べば暴走もアリだよね!!
そんなこんなでこういうブログを日々書いてます。制限が無いこともないけど
そこそこ自由に何でも書けるので発散できて楽しかったり。

多分ね。私の好きな人がお読み下さってるんじゃないかなと思うんですよね。
だから頑張ってその人が読み易いように書こう!と日々調整してます。
まあ頑張るのはレイアウトや文体だけで内容は超好き勝手ですが!!


そのくらいの距離が、おそらく、私のような人間に相応しい距離なんです。


続きからコメントレスです。名前のない人のお話と
考察ブログを開設して下さった人の事と
考察ブログはちょっと無理だった人の事で。
カテゴリ: ジャンプ情報  2009/10/04(日)

連載開始!!

表紙&センターカラー
D.Gray-man 星野桂 始動

シリーズ累計1800万部突破の最強ダークファンタジーが
創刊2周年のSQ.で連載スタート!!

ジャンプSQ.12月号11.4(水)発売!!
     毎月4日発売!定価500円(税込)

スクエアの表紙めくってすぐ次のページにカラーでこの広告が。
絵は2009年ジャンプ15号の表紙と同じ。
参考画像→ 2009年15号 週刊少年ジャンプの表紙 (「NAVERまとめ」ユーニ様)

これ以外は、一番最後の12月号予告に同じ文が載っているだけで他は何も無し。

…Dグレの総まとめとかがあるかと思ったから買ったのにいいい…!!(血涙)
登場人物紹介とかストーリーガイドとか!!とか!!なんでないの?!!
お願いしますよスクエアの編集さん!!後生だから!!

…まあ無いものは仕方がないか…。
ジャンプでDグレを読んでなかった純SQ層は
来月いきなり途中から連載されるDグレに対してどう思うんだろう…。
「なんかよう分からん漫画。スルー決定」とか思われたら悲しすぎる…!!


まあとりあえず、Dグレのみ目当てだったら今月は買う必要なさそうです。
アンケートにもD.Gray-manの名前はさっぱりありませんでした。


あと、モヤシッ子さんが「Dグレ予告」で部数について不思議がってらしたのですが
サキよみジャンBANG!の「コミックスは累計で1600万部を突破」というのは
「コミックスのみ」で1600万部突破、だと思うので
「シリーズ累計1800万部突破」というのはファンブックや小説なども含めた数字かと。
カテゴリ: サイト制作記録  2009/10/05(月)
頂いたコメントを見てちょっと思ったのだけど、もしかしてこのブログ、携帯で閲覧されている人が思っていたよりいらっしゃる…?

でも携帯閲覧だと見出しや罫線が出ませんよね。いやこれはRSS配信もですが。
(※私の知らない機種やRSSリーダーだといけるものもあるのかもしれません)

ううむ…。
小見出しはまあ、文字が強調拡大されるからいいとして
罫線を入れたと思った場所がただの空白に見えるのはどうしたらいいんだろう…。

↓これが、携帯とRSSだと多分出ないんですよね。
↑これ

なので、テキスト装飾で色々検索してみた。

メルマガ素材集 すぐに使える罫線&囲み枠30選―メールマーケティング特集(10)
 (Web担当者Forum)

スパムメールから収集したテキスト装飾 (「はぐれプログラマ清純派」MW様)

おお!すごい沢山ある!!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
************************************
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
==================
====================================


うーん、うちのブログだとこの辺かな…。直線でかっちり分けすぎるよりも適度に隙間を開けた方が軽くなっていいかもしれない。


普通の↑こういう罫線タグだとどうも硬すぎる気がするし。
きっちり「上と下は別内容」と分ける場合ならともかく、同記事内で話題を区別する為に多用するのは違う気がする。

…というか、
私が罫線引きに見出しタグを使っていたのがそもそも間違いだったんだよなぁ…。
(主な理由:そっちの方がタグ字数少なくて楽)
PCできれいに読めたら充分かと思ってたけど、やっぱりこの辺も気をつけた方がいいのかもしれない。まあ今更な話ではあるけども。
カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2009/10/05(月)
前記事: 神田ユウ10歳時の時系列

以前コメントでもツッコミを頂いたのですが、185夜のマリの「もどかしいよ あいつは私を救ってくれたのにな…」を見ると、どうも9年前の惨劇時にマリがそこに居たような居ないような微妙な感じなんですよね。

そもそもあの台詞の背後にあった「廃墟と少年神田らしき絵」は

■可能性1:
マリは当時盲目ではなく、「9年前の惨劇」時にその場に居合わせて廃墟の10歳頃神田を目撃した。あの絵は過去を思い出したもの

■可能性2:
あの絵は単なるマリの想像。廃墟に佇む10歳頃神田を実際に確認したわけではない

このどちらかではないかと思う訳で。
可能性1だと時系列に矛盾が生じそうだったので、この前の記事では可能性2を選択しました。ああ考えれば一応は話が繋がる。


9年前の惨劇と神田の時系列


でも文月さんの「九年前の惨劇とマリとの関連(?)」のティーンズ年表を見ながらよくよく考えてみたら、マリと出会った後で惨劇があった可能性もゼロでは無いんですよね。
いや、文月さんの記事とは全然違う考え方なのですが。

そもそも、この辺りにおける一番の問題は

約10歳頃 ・ティエドールの弟子に。約1年間、師匠と各地を転々とし、黒の教団本部へ
       ・リナリー(当時8歳)や兄弟子となるマリと出会う

 (Dグレファンブック「灰色ノ聖櫃」より引用)

『「9年前の惨劇」は上記の前か後か』なわけで。

************************************

「キミは…エクソシストは我ら唯一の希望なのだ
エクソシストがひとり死ぬことがどれほどこの戦争に影響する事だと思っている?」

(9巻81夜/バク)

このバクの台詞から見ても、黒の教団側にとって
何の加工も無しに適合できる『純正エクソシスト』はかなり貴重なんですよね。
たとえ増やす目的があったとしても、少しでもそれを失う危険性があるのなら
そんな危ない実験の為に大事な戦力を提供するとはどうも思えないんです。

 ■一人質疑応答■
Q:神田が9年前の惨劇に巻き込まれたのは全くの偶然、という場合は?
A:それだと187夜の「は…っ そうでしたね あの男は…アルマ=カルマの…」「セカンドほどの性能があればよかったのに……」が繋がらない。
神田は「アルマ=カルマ」と関係がある。おそらく、後天的に人の手によって。

Q:先天的に神田とアルマ=カルマが関係していた可能性もある。アルマ=カルマと神田に血の繋がりがあったとか
A:「いやはや己の罪を思い知らされるなぁ…」「教団の負の遺産をタブーとして封印」、「今度は半AKUMAにしてAKUMAを喰わせんだって?」、「やはりキミを傷つけてしまったか…っ」などを見ると、神田の肉体には人工的な加工が後天的に施されていると考えた方が話が通りやすい。
そしてそれは、バクがあんなにも悔いるほど酷い内容だった。

************************************

故に、私は
「9年前の惨劇」は神田がティエドールの弟子になって黒の教団へ行く前派です。

で、惨劇前にマリと出会う可能性ですが。

・ティエドールの弟子に。約1年間、師匠と各地を転々とし、黒の教団本部へ
・リナリー(当時8歳)や兄弟子となるマリと出会う


「ティエドールの弟子に」なるには、まずイノセンスに適合する必要がある。
言い換えれば、それ以前は神田はティエドールの弟子ではなかった訳で。

「兄弟子となるマリと出会う」
つまり。9年前の惨劇以前、神田がイノセンスに適合する前にマリと出会ったなら
それは「兄弟子としてのマリ」ではないんですよね。


何故1年間も教団本部に行かずにすんだのか


リナリーは即黒の教団本部に連れて行かれて精神が壊れても拘束されていたのに
神田は約1年間も本部へ行かずにティエドールと各地を転々とできたのは何故か。

これは、ティエドールやバク、ズゥ達が「神田ユウがエクソシストになった事」を本部に隠していたのではないかなと思います。もしバレたら、たとえ元帥がその必要性を説いても
更に上の人の命令で神田は強制的に黒の教団本部へ収容されていたかと。
神田のイノセンスを加工したのは本部科学班ではなくてズゥだから、本部へ行かなくても神田は六幻を手に入れられるんですよね。

もし元帥が普通のエクソシストを自由にしてあげられるほど権力を持っていたら
ティエドールかクロスが9歳リナリーの監禁を解けたでしょうし。
カテゴリ: サイト制作記録  2009/10/06(火)
※2010年1月12日追記:
この記事は最初「ブログカテゴリ「Dグレ考察投稿」(仮名)」というタイトルだったのですが、その後カテゴリ名を「Dグレ設定話」に変更しました。詳しくはこちら




サイトもブログも何もやっていない人がすごい考察魔だった場合は
勿体無いから考察ブロガーになられたらいいのに!!と思って薦めたりします。
その方が

○書き手:好きな時間に好きなだけ自分の考えを書ける。修正も追記も自由
○閲覧者:読みたい記事を発見しやすい。気になったものにはコメントを送れる
○   私:色んな考察が沢山読めて嬉しい

と良い事だらけ。(主に私が)(すみません)

それに、「コメント」というのは本来「そのサイトに対する意見」だから、その記事に直接関係する意見以外の自分(の説)語りはあまり喜ばれない事が多いんですよね。


でも、既にサイトを持たれている人が考察魔だった場合は。


検索にかかってもいい+リンクしていい所なら、うちへトラックバックを下さるか私が相手先に記事内リンクを張ればそこから考察系閲覧者の人を繋げたりできるのですが、「検索にかかりたくない」サイトの場合は、そうもいかないわけで。

しかし、既にサイトを持たれている人に考察ブログは薦められません…!!
真剣にやろうと思ったらかなり労力を使いますし。メインが二次創作ならそちらの方に力を入れた方が、そのサイトのファンの人も喜ばれるでしょうしね。(私含む)
自分が2足の草鞋をできないから、他の人にもそれを言えないんです。

そして、考察系閲覧者の集まらないサイトで突然考察を披露しても
反応が無いから「誰も読んでない?」と考察をやめてしまう人がいたりします。

勿体無い!!私は読んでるよ!!
ああでも検索避け二次創作サイトだとあんま濃い話したら引かれるかとか邪魔したらいかんと思って確かにコメントを送ったりはしていない…!!


…まあそんな理由で、今回メッセージを下さったしーさんと秋桜さんをきっかけに
「Dグレ考察投稿」というカテゴリを新設してみました。
Dグレサイト持ちの人の設定考察に対する質疑応答は全部こっちでやる予定です。

※カテゴリ名は仮名です。内容の方向性が固まったら変更する可能性があります。
 「設定質疑応答」など。

************************************

・サイト持ちでない人への質疑応答もこっちでやるかもしれませんが、沢山物を書ける考察派の人に対してはその労力をDグレ考察ブログに…という気持ちを常に抱いてますのであしからず。

・そして、うちに送ったからといって私以外の反応があるわけでもないです。
 というか考察には反応無いのが普通です。

・送られた考察で「これはおかしいな」と思ったら誰が相手でもガシガシ反論します。
 ご気分を害されてしまったら本当にすみません。

サイト名を表記しても構わない方は、そうお書き添え下されば喜んで併記します。
 メッセージ本文にサイト名があって本文引用可能なら高確率で引用します。
 Dグレの設定考察派はもっと横に繋がればいいと思ってますよ!
カテゴリ: Dグレ設定話  2009/10/06(火)
赤マル発売後、伯爵=マナ説はかなりあちこちで見ましたが
ゾンビ編における斧少女=ヘブラスカ説くらい信憑性が低いかなと思ってたりします。

…いや、でも私、他の人が何人か書かれていた「サード=半AKUMA体説」も
「あの潔癖な中央庁でそれは無いだろう…」と思っていたら大ハズレでしたし
他にもこけた説が色々あるので、私がこう思ったからといってそれが正しいかどうかは本誌で解明されるまで誰も分からないのですが!!


続きから考察投稿です。 伯爵=マナ説にこんなバリエーションがあったとは…!
カテゴリ: コメント返信  2009/10/11(日)
二次創作が読みたければサーチエンジンを使えばいい。
うちのサイトのインデックスから飛べるリンクページにも沢山張ってある。

まだサーチエンジンが無さそうなマイナー作品の二次創作が読みたければ
pixiv手書きブログなどを検索してみるといい。
管理人はこないだ本好くん達の事が気になったので「保健室の死神」で検索したら色々出てきて小躍りした。というか「保健室」だけでもこの作品が引っかかりまくるよ!!

…で、

作品考察が読みたい場合は、グーグルなどの検索で話数とサブタイトルを入れるとそれなりに見つかったりする。
考察をする人は感想を兼ねている事が多いからだ。

考察ブログには専門のサーチエンジンが存在しない。

故に、そういう人間は一般の検索サイトを活用する。
有名所であればMOON CHRONICLE様などのニュースサイトで紹介されたりするが、そんなのはほんの一部だ。弱小ブロガーは個人個人でなんとか頑張るしかない。

考察派は他所の考察ブログのコメント欄で興味深いコメントを付ける事もあるから
「これは…!」と思うコメントがあれば、その人のURLを辿ってみるのも良かったりする。

************************************

そして、有用な作品考察は残らず読みたいと願う場合
一番厄介なのは「検索にかからない二次創作併設考察サイト」だ。

検索にかかる二次創作併設考察サイトなら簡単に見つかるから問題ない。
サーチエンジンに登録されている二次創作サイト(+考察あり)は「感想」カテゴリを中心にしらみつぶしで見ていけばそれなりに見つかる。


…どこにも引っかからない場合はどうすればいいんだ…!!


いや、とある日参サイトでリンクが増えたと聞いたので試しに飛んでみたら、ものすごい考察派の人だったという事がこないだあってね。
も、勿体無い…!!言及記事書きたい…!!でもできない…!!うう…私はただここでヤキモキするしかできないのか…!!

まあ、見つからないようにされている所は見つける必要が無いと考えるのが一番楽なんですけどね。(※すっぱい葡萄の心理)
でも、ごく稀にこんな宝石を見つけてしまうと、「私の知らない所にもっともっとおいしいサイトが隠されてそうだなぁ」と考えてしまってついリンクをあちこち彷徨ってみたり。


そういえば、考察とはあまり関係がないのですが
こないだ「もしゃろぐ」という名のブログにジャンプキャラの女の子の上手い絵が沢山あるよ!と聞いたので速攻でグーグル検索して見に行ったら、未分類の山の中にクロエリ絵が一枚だけあって「えええ何故ここにエリアーデが??」とアワアワしました。
世の中には私の知らないクロエリ絵がまだまだ沢山ありそうだなぁ…。
(※男性向け18禁ブログなのでリンクは張りません。気になる人は検索してください)

************************************
続きからコメントレスです。大変遅くなってしまってすみません…!!
概要は以下。

・二次創作派と設定考察派の中間の人の事
・クロウリー好きな人 ←new!
・携帯閲覧について
カテゴリ: ジャンプ情報  2009/10/14(水)
いつもお世話になってますかっちーさんのブログで、先日発売された
「テガミバチ」のハンドブックに星野先生が寄稿されているとお聞きしました!!

本屋さんで! (「かっちーずRoom」かっちー様)

テガミバチハンドブックの詳細はこちら。

集英社 テガミバチ公式サイト

アレンの絵が…星野先生のアレンの絵があるのか…!!
いやでも、うーん…私テガミバチの事ほとんど知らないしなぁ…。
知らない漫画のファンブックに700円以上出すってのも…。
星野先生の絵も白黒が1枚だけみたいだし…。



この一冊の為に遠くの大型書店まで行ったよ

買 っ ち ゃ っ た 。

何やってんだ私ー!!
いや、だってかっちーさんの書かれていた紹介文が気になって気になって!!


…星野先生がエリアーデを描かれてるよ!と聞いて、その一枚だけ見たさに
「超こち亀」を速攻定価で買った時もこんな感じだったなぁ…。
(※エリアーデは沢山のキャラが描かれている中の一人というだけ)

************************************

テガミバチをよく知らないので、ハンドブックとして優秀かどうかは分かりません。
でもこれはファンブックというよりデータブックっぽいですね。テガミバチ世界の政治や宗教、鎧虫の生態、略年表などもあって世界観を理解したいという人には必携の本ではないかと。
あと、ざっと読んでみた所ラグとゴーシュの関係が大変私好みの予感…!!


でも、星野先生の絵のみ目当てで買うにはやっぱり高いですね。他にも雷句先生など色々な漫画家の人が寄稿されていたりもしますが。(詳しくは上記リンク先参照)
個人的には増田こうすけ先生の「テガミバチのキャラは衣装がすごくて描くのが難しいので、僕がテガミバチを描いたらこんな感じという服にしてみました。すいません。」がちょっと面白かった。ギャグマンガ日和手法で描かれるテガミバチをつい想像してしまう…!

************************************

薄い…

おまけ。分厚さ比較。
テガミバチハンドブックが本文180ページ+シールで743円+税、
D.Gray-manファンブックが本文288ページ+ポスター+トレカで667円+税。

やっぱりこの辺が「週刊少年ジャンプ」と「ジャンプスクエア」の違いなのかな。
Dグレに第2弾ファンブックが出るとしたらこのくらいの価格設定になるのだろうか。ううむ…。初版がなるべく沢山売れた方がいいから価格はできるだけ抑え目に設定すべきだと思うんだけどなぁ…。
カテゴリ: サイト制作記録  2009/10/14(水)
レス: 設定考察派の見つけ方のモヤシッ子さんのコメントで、やっぱり携帯向けテンプレートもきちんとした方がいいかなぁと思ったのでちょこちょこいじってみました。

keitai01.gif

今までがこれ。FC2ブログでテンプレートを設定しないでいるとこうなります。
前はもっと見え易かったらしいのですが、FC2の仕様変更で色が薄くなったりして見え難くなってしまったらしいんですよね。

 ↓

keitai02_.gif

FC2ブログの携帯向けテンプレートで良さそうなのをお借りしてきました。
画像は無しでとにかく軽さ重視。カスタマイズ可・プラグイン対応は必須。

 ↓

keitai03.gif

字を大きくしたりリンク色を変えたりして改造。
色味をできるだけPCテンプレに合わせる。そして全ページにトップへ戻るリンク添付。

よし、こんな所かな。


…ええと、
多分これで上記の絵のような見え方になっているのではないかなと思うのですが
もし「私の携帯だと表示崩れて読めないよ」という方がいらっしゃったら機種名を添えてお教え下さるとありがたいです…!!
他所の携帯でも本文の後ろがちゃんと白く見えているのか少し不安なんですよね。

とりあえず今はこの形ですが、もしかしたらまた微妙に変えるかもしれません。
何というかもうひとつ納得いかないんですよね。ううむ…。しかしどうしたらいいのやら。

************************************

しかし、どれだけ見易いように頑張ってもFC2だと引用タグが使えないんですよね。

参考→ 携帯での閲覧上の注意 (「めぐり逢う世界」Evergreen様)

blockquoteタグが使えないのは辛い…!!これでは携帯で見た場合、どれが引用なのか分からないではないか!!
将来的には使えるようになって欲しいんだけど、どうだろう。

なので、携帯オンリーの閲覧者の方へ。
たまに私が書いたんじゃなさそうな長文と「○○より引用」のような表記があったらそれは引用文です。分かりにくくてすみません。

************************************

そんな事をやっていたらFC2から新機能についてのお知らせメールが来ました。

携帯変換URL転送+QRコードの設定 (FC2総合インフォメーション)

2009年10月20日から、携帯電話でホームページにアクセスすると自動的に携帯変換されたページへ転送する 「携帯変換URLへの自動転送」 と「QRコード挿入」機能が実装されるそうです。

自動転送…!!これは便利かもしれない…!!

いや、うーん、でもなぁ…。うちって携帯閲覧にはちょっと向かないような気がするんだけどどうなんだろう。いやそれを言うならブログの方も字数多すぎで携帯にはあまり向いていないんじゃないかと思うのだけど。

漫画は携帯の画面だと台詞の字が潰れて読めなさそうだし
小説サイトの人の為の機能かな、これは。


…DATAが携帯で見られたらDグレの情報を調べたい人が便利かなぁ…。
しかしその場合フレームはどうなるんだろう。テーブルも一行の文字数がが多すぎて表示が崩れまくりそうな気がするし。ううむ…。


後日追記。
人の携帯でここを見せてもらったら表示が見えにくすぎたんで少し変えました。
カテゴリ: Dグレ設定話  2009/10/19(月)
すみませんやっぱりカテゴリ名を『Dグレ設定話』にする事にしました。
やはり考察という言葉は使えません…私にその言葉はおこがましすぎる…!!

とりあえずメッセージ内容でDグレ設定話オンリーものはこちらに収納する予定です。
一つのメッセージに複数の話題が沢山入っていた場合はその時その時で判断して決めようかと。

まあまだ暫定で!!
とりあえずこれで稼動してみて様子を見ます。また変えるかもしれません。
またコメントレスと統合する可能性もありますが、カテゴリはできれば明確に分けておきたいんですよね。後で見直す時にそっちの方が分かりやすいですし。

************************************
続きからコメントレスです。『バク・チャン狂想曲』と186夜のバクと神田について。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%url