D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: ジャンプ情報  2009/09/02(水)

「卒業までは2週に1本上げて4色(カラー)入ったらそこだけ描き直す
 いい方法じゃないか」
「人気次第では話変えたりするに決まってるじゃないですか
 順番に載せていって大人気ならそれが一番ですけど」

「は――っ… 宣告されたって事は
 次の会議までに何とかしろって事ですよね

 ………
 テコ入れですか……」
「それしかないだろ」

「………こうなると………
 バトル方向にシフトするしか……」

(やっぱり休載したのが痛かったんだ………
 この4ヶ月で状況が変わってしまった…)

「でも もう次のシリーズに入ってるのに急にバトルは不自然じゃ………」
「だからそれを不自然じゃないように………」 

              ――――――ジャンプ40号「バクマン。」51ページより引用

人気が取れなければ、連載漫画はテコ入れする事になる。
テコ入れは、いわば物語内への不正介入だ。
それによって、生き残るはずのキャラが死んで新キャラ登場になったり
物語の趣旨が変わってしまったりキャラの性格が変更されたりする事がある。

出逢うはずの人が出逢えなかったり、あったはずのエピソードが削られたり、
回収するはずの伏線がストーリーの変更で回収できなくなってしまったり。


…現在連載中の、今生きている漫画は
周りの状況で内容が変わってしまうナマモノだ。

現在進行形のものでは、急にバトル方向へシフトしためだかBOXがいい例だろう。
突然分かりやすい悪の登場に仲間への刺客。これで最低4週は引っ張れる。


…繰り返す。
悲しい事に、漫画はナマモノだ。アンケート不足なら内容変更も仕方がない。
作者がどんなにそれを望まなかったとしてもだ。


私は、D.Gray-manが好きだ。

ぶっちゃけてしまえばアレイスター・クロウリー三世が好きだ。
だから、彼が存在するD.Gray-manもまるごと好きで、できるだけその形を正しく保ったまま生き残って欲しいと願っている。それは、クロウリーを好きだと認識した瞬間からずっと変わらない。

D.Gray-manを出来うる限り長生きさせて、天寿をまっとうさせる事。
それが私の目的。
アレイスター・クロウリー三世を一日でも長く正しく生かす為だ。


カラーページは複数買い

とりあえず今回の赤マルアンケートは2枚出したよ!!
まあDグレアンケの為に3冊も4冊も買ってる人いるから全然誇れないのだけど。

あとはまあ、サブリミナル効果のようにこのブログでちまちまアンケ大事だよ記事を書いてたつもりなんだけど正直言って効果あるのか無いのか分からない。どうすればいいんだ私…!!


おそらく、このブログによく来て下さっている人は、Dグレを沢山好きな人だと思う。
そして原作の「D.Gray-man」自体が無くなったら困るタイプの人が多いはずだ。
 (※原作無くても困らないタイプのファンもいる)

今回の赤マルアンケは、まあ内容的に言ってDグレの一人勝ちだろう。
決戦は11月4日以降のジャンプスクエアだ。

私はクロウリーの存在するDグレが好きだ。たとえ画面に登場していなくても、彼がそこに生きているというだけでその世界には大きな価値がある。
だから、私はその世界を最善に保ちたい。
まずはアンケだ。それさえ取れれば不自然な不正介入を防げるかもしれない。

…そして、何割かは分からないけど
同じように考えて行動して下さる人はきっといると思っている。

強制はできない。私にできるのは、情報をできる限り分かり易く書く事だけだ。



◆関連リンク→
よいこのジャンプアンケート (「わるものマニア」塔野朱夏様)
自分が読みたい漫画はアンケート葉書で応援するしかない (「煩悩是道場」ululun様)
『ToLOVEる』終了のお知らせと漫画を愛する全ての人へのお願い (「ToLOVEる☆LOVE」魚座南極様)



追記。ジャンプ40号巻末コメントより。

バトル化もなくここまでやれました(笑)。…支えてくれた皆様に感謝!また!!<健太郎>


…ToLOVEるもバトル化の話が来てたのか…!!
いやいやいや読者層のニーズと全然合わないから!!合わないから!!

その辺、流されずに当初の路線(お色気)を貫いた矢吹先生と長谷見先生は大変誇り高い漫画家の人だと思う。
今までありがとうございました。お疲れ様でした!
あとララが振られなくて本っっ当に良かった……!!(管理人はララ派)
カテゴリ: Dグレアニメ  2009/09/04(金)
テレ東第1Q アニメライツは22%減 主力はNARUTO、遊戯王
 (アニメ情報ポータルサイト「アニメ!アニメ!」より以下引用)

 ライツ事業全体の売上げ上位には、アニメ作品が並ぶ。番組別の売上高1位は『NARUTO』、2位が『遊戯王デュエルモンスターズ』、3位は『D.Gray-man』である。


…ええと、ライツ事業って何だっけ?(物知らず) 教えてグーグル先生!!

 → 講談社 ライツ事業 (講談社)

つまりライツ≒著作権・商標権・意匠権・特許権など知的財産権の事かな。
じゃあアニメライツはそのアニメ作品の関連商品におけるライセンス収入?

という事は、「D.Gray-man」はアニメが終了して随分経過したにもかかわらず
収益をかなり上げているという事か…。
トレカの売り上げも入るのかな。というかトレカ入れずに3位だったらちょっと信じられないのだけど。DVDの売り上げはそんなに高くなかったはずだし。
でもやっぱりちょっと信じられないような…。何が売れて3位なんだろう…。
Dグレでそんなにも利益出そうなものって他にあったっけ?放送権?

でもまあ、3位か…!!
この数字自体はすごく嬉しいな。こんなに結果が出せるなら、原作さえたまれば再アニメ化もしてもらいやすいし!!
アニメ化して欲しいなぁ。特に「戦う感染時クロウリー」が見たい…!!
岩田さんがあの感染時をどう演じるのかも気になるし!!聴きたいし!!
ああっでもアニメ最終回と設定を合わせるならゾンビ編終了後からをアニメ化した方が変更点少なくていいのかもしれない…!!なんて事だ!!

ううむ…。
ゾンビ編だけをコミックス限定版特典DVDにしてもらう訳にはいかないかなぁ…。
いや、ゾンビ編も含めてテレビアニメ化が一番理想的ではあるのだけど。
でもアニメ復活第1話がゾンビというのもどうかと思うしなぁ…。
カテゴリ: ジャンプ情報  2009/09/05(土)

「大体「TRAP」再開の次の号から響恭太郎先生の「怪盗チーター」って
 これはないですよ被るに決まってる」
「仕方ないだろ「TRAP」は4月まで休載予定だったんだ
 それに「チーター」は「TRAP」より先に会議に回ってて何回も直した作品
 皆競争 似た作品があって切磋琢磨していくのは悪くない」
「潰し合いにならなければいいですけどね」

           ――――――ジャンプ40号「バクマン。」51ページより引用

少し前のジャンプでバスケ漫画が二つ同時連載していた事への回答がここに…!!
 (※黒子のバスケとフープメン)

「切磋琢磨」か…。
うーん、でもやっぱり同ジャンル作品が複数あったら比べてしまうからなぁ…。

例えば、一つの雑誌にお色気漫画が一つだったら
そういうのが好きな人は大抵それにアンケートを入れるだろうけど
その漫画よりもっと面白いとか絵が綺麗とか先が気になるお色気漫画が新連載を初めたら、相対的に元からあった方が悪く見えてくるだろうし。
お色気漫画が全部好きだったとしても、アンケートの「面白かった順:1番目」に書けるのは1作品だけだ。

どんな同ジャンル漫画が出てきても対等以上に戦える!!という自信があるか
自分の領域に関係のない人なら「切磋琢磨」なんて事も言えるかもしれないけど
強敵と無理に戦わされる方はたまったものじゃないだろう。

…ToLOVEるが終わったのは、あねどきとめだかの所為もあるかな、やっぱり…。
しかしこれ、もしもあねどきとめだかの両方が打ち切られたらどうなるんだろう。今の所あの2作品はToLOVEるほどの安定感が見えないのだけど。(特にめだか)


そして、11月4日発売のジャンプスクエア12月号へ移籍するD.Gray-man。

ジャンプスクエア 連載陣一覧 (集英社 ジャンプスクエア公式サイト)

青の祓魔師(エクソシスト)がタイトルからして被ってそうなのですが。

いや「これまでのあらすじ」を見た限りでは被ってないとは思うのだけど…!!しかし現物をまだ読んだ事がないから判別できない…!!ううむ…。
というか登場人物紹介の勝呂竜士が発動時クロウリーヘアーなのが一番気になる。
メフィストフェレスが2番目に気になる。三世だったらどうしよう。(←考えすぎ)

でも正直言って一番迷惑なのは作者の加藤先生かもしれないなぁ…。
よもやDグレがスクエアに来るなんで想像もしてなかっただろうし。

あとはどうだろう。化け物が沢山出るバトル漫画というくくりなら
クレイモアとエンバーミングもそうかな。
でもこの辺はあんまり被っているという感じがしない。「バトル漫画」ならジャンプにも沢山あったし多分ファン層も違うだろう。いや正確な状況は詳しく調査してみないと分からないけど。

あと、「ロザリオとバンパイア」ですごい美形の吸血鬼がレギュラーで出たらどうしようとか思ってしまったけど杞憂すぎるかな。まああれはお色気枠だから問題ないか。うん。
カテゴリ: コメント返信  2009/09/07(月)
Q:うちのブログの個別記事をリンクしていいかと聞かれました

A:大歓迎ですよ!!うちリンクフリーですからどうぞお構いなく!!


というかリンクフリーってカテゴリの「当ブログについて」で書いてたけど
分かり難かったかな…。ううむ、どうしよう。
よその情報系ブログや総合感想ブログは…
プロフィールにそういう説明張ってる事が多いなぁ。やっぱりその方がいいかな。

紹介文にウソがない

というわけで追加してみた。

いちいち了解を取るのは時間がかかりすぎますから無許可でいいですよ。
記事本文の引用も、引用元のリンクさえあれば問題ありませんから。
私自身もよくやってますし。

同人ブログとしてはありえないくらい少数派ですが
考察研究、情報拡散を目的とするブロガーとしては普通の手法だと思います。

一人でグルグル書き続けるだけ、より
リンクを張って他所から情報を引っ張ってきたり他所に情報を広めてもらう方が
結果的により多くのおいしい情報を得られるんですよね。管理人も閲覧者も。


続きからコメントレスです。テレビ東京ライツ売り上げの謎、Dグレトレカ、
青の祓魔師、再アニメ化の野望、Dグレの客層話など。
カテゴリ: ジャンプ情報  2009/09/08(火)
モロンさんのブログで星野先生がアシスタント募集されてる事を知りました。

スクエア (「The Parallel」モロン様)

え、アシ募集?こないだスクエアサイトを見た時は無かったような…。


ジャンプスクエア 美術スタッフ募集 (ジャンプスクエア公式サイト)

本当だ――――――!!Σ(゚□゚; )

ほ…星野先生…!!
長期休載があったから今までのアシスタントの人は皆解雇されたのだろうか…。
休載中はアシスタント代を払えないだろうし、仕方がないのかな…。
いや単行本収入を考えたら払えるのかもしれないけど。その辺はよく分からない。

ということは。

もうアシスタントさん達のDグレ劇場や
2丁目のママさんのアレな絵は見られないのだろうか…。
あれはあれですごく好きだったんだけどなぁ…。特に7巻からの某Aさん。
あれてっきりアダムさんだと思ってたけど確定情報じゃなかったっけ?
(9巻のDグレ劇場を見るとほぼ確定かとも思うけれど)

いや、もしかしたら2丁目のママさん達は健在で
数名だけ足す、という形なのかな。
いきなり全員総とっかえだったら大変だろうし、そっちの方が現実的かもしれない。


…星野先生の所にいいアシスタントさんが集まるといいな。
絵が上手くて速くて先生と性格が合うような。
あと個人的に、某Aさんみたいにオマケ漫画で内部情報流してくれると大っ変嬉しい。
(↑正直者)(すみません)
カテゴリ: コメント返信  2009/09/11(金)
巡回サイトで「JOJO顔Maker 1.0」というものを見かけたのでうっかり作ってみた。
面白そうなものにはサクサク便乗するよ!



前髪と耳は自分で足しました

下の名前はOperaだと出ない模様。IEならできました。
 ※追記:すみませんOperaでもできました


情報が広まりやすいのはネットの利点の一つだ。
普通に生きていたら知り得ないような面白い事や為になる話が、ニュースサイトやブログや検索サイトなどを通じて爆発的に広がる。

…いい時代に生まれた、と、つくづく思う。
今はこんな風に正誤・清濁合わせた情報が取り放題だけど、いつかはそうでなくなってしまうかもしれない。
生まれてくる時代と場所がもう少しずれていたら今の情報天国は無かった訳で。

だからこそ、今の時間が私にはとても貴重だ。
もっと色々なものを見たい。知りたい。分かるようになりたい。
感想も評論も考察もたくさん読みたいし聴きたい。一分一秒が惜しい。



…でも↑のような物があるとうっかり熱中して作っちゃうあたり私もまだまだですわ。
一生が3回くらいあったらなぁ。でもって頭脳のキャパシティがもっと欲しい。
読んでも理解できない事が多すぎるんだ…!!なんと勿体無い…!!


続きからコメントレスです。ライツ事業の事でひとつ。
カテゴリ: Dグレ世界の謎を考える  2009/09/11(金)
→前記事: 3:サードの母胎化から考えるアルマ=カルマの正体

 ※これは↑の追加記事です

アルマ=カルマの正体が「寄生型適合者の肉体」だとしたら。

現時点での9年前予想


1.寄生型適合者のイノセンス入り死体を無理に生かして「アルマ=カルマ」として培養
2.人造使徒計画。神田を含めた何人かの人体に細胞移植
3.「9年前の惨劇」
4.アルマ細胞移植先の人間達が咎落ちで狂ってゾンビ化し大惨事
5.神田の体は大きく破損したがアルマ細胞のおかげで瞬間再生
  +偶然イノセンスに適合したおかげで正気を失わずにすむ
6.狂ったセカンド達を何百回も殺す。セカンドはやがて寿命が尽きて死亡
7.セカンドエクソシスト計画は凍結。バク達は神田に「もうこんな事はしない」と誓う

多分この辺かな。
神田の能力と187夜を総合して考えるとこれが一番矛盾点が少ない気がする。
セカンドが狂えば殺しに行けるし、何度も殺してやっと死んだなら
コムイが神田の梵字回復に限界がある事を知っていてもおかしくない。

非適合者にイノセンスを突っ込めば咎落ちする。
だがイノセンスの有害な波長は適合者に対しては無害だ。(8巻75夜)
故に、神田が適合者なら他のイノセンスを突っ込んでも咎落ちないかもしれない。


イノセンス製の肉体


「寄生型は人体とイノセンスが細胞レベルで結合し
肉体を「対アクマ武器」に造り変える。
つまりイノセンスによる人体改造が行われた者のことなんだ」


「細胞レベルで結合し」と書いてあるけど、元の人体と融合したわけじゃない。
5巻40夜でクロウリーがイノセンスの食人花に噛まれた後、クロウリーの元の歯は全部体外へ捨てられてイノセンスがクロウリーの歯に成り代わった。

「たとえば…
アレンくんの左腕やクロウリーの牙は
発動していない時は人の体と同じ形態でいるが
その中身は人体とは別物の細胞組織でできている」
(16巻157夜/コムイ)

「人の体と同じ形態でいるがその中身は人体とは別物の細胞組織」。

神田の肉体は、5巻39夜のクロウリーと似た感じで
一度そのほとんどが破損してからイノセンスによって再生したものかもしれない。
何度破損しても速攻で自動修復というのは「この世の万物」とは違うだろう。
「この世の万物」以外の力=イノセンスの能力、である可能性は高い。

そして、神田ユウの肉体がそんな擬似イノセンス製だとしたら。

図に緊張感がないのは仕様です

こんな風に、自身の体内の擬似イノセンスを消費する事で六幻をパワーアップさせているのではないだろうか。
この図の「950」は梵字回復でもジワジワ消費していく種類のもので。
(ゼロになったら死亡)

※「擬似イノセンス」についてはこちらで
 関連記事: クロウリーがティキを殴ったらどうなるんだろう

→続き: 5:サードの(略)アルマ=カルマとエネルギー源問題
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/09/13(日)
「あの日のカケラ。」の秋桜さんが大変興味深いメールを下さったので
お願いしてここへ転載させて頂きました!
※秋桜さんはDグレ小説サイトの方です(NOT考察サイト)
※いやそんな事を言うならうちだって自サイトを考察サイトだと明言した事はありませんが!



以下の引用文はだいぶ前に頂いた秋桜さんのメールの転載です。
(すみません私がモタモタしてた所為で大変遅れました)

それとロードについてもよく考えます。
彼女のスペルはきっとLordだろうと昔思っていて、そのほうが上に立つもの、さらに意味には「公爵の子息、伯爵の長子」もあるのでイメージもつきやすいのではないかと考えていたのです。
ですが実際のスペルはRoadだったので、これはWalkerと対にしたかったのかな、と。

伯爵のシナリオ外の行動をして最初にアレンに接触し、葛藤を与えたのは彼女ですし、歳が明かされ ておらずノアの長子であるという立場。考え出すとキリがないです。


運命の道を歩き続けるWalkerに対してのRoad。
確かにこの二人の名は対っぽいんですよね。

「ダメレロ!大体 今回こいつらとろーとタマの接触は
 伯爵タマのシナリオには無いんレロロ!?」

「物語を面白くするためのちょっとした脚色だよぉ
 こんなんくらいで千年公のシナリオは変わんないってぇ」
(3巻23夜)

つまり、ロードは伯爵による人類終焉のシナリオを変えるつもりはないけれど
完全に従うだけ、というわけでもない。
そして、「奏者の資格」を持っていて自由に扉が造れるし
35年前に、伯爵以外で唯一14番目に殺されなかったノアでもある。


おそらく、ロードには伯爵のシナリオ(=ノア側の神のシナリオ)を
揺らがせる位の力があるんですよね。


彼女は今、アレンも好きだけど家族も特別というちょっと特殊な位置にいますね。
彼女がノアの家族(NOTノア側の神)よりアレンを優先する事は無いかなと思いますが
アレンがノアの神と戦う為の「道」になる可能性は、あるかもしれません。

千年伯爵はノア側の神のプログラムに従うしかないですし
他のノアや他の人間にはそういう力がありませんが
ロードは「人間としての自由な自我」と「異次元の道を繋ぐ力」の両方があるので。


※「千年伯爵と神のプログラム」についてはこちらで
関連記事: やっぱり千年伯爵はアクマなんじゃないかと思う件について

あとついでに書くと、私はアルファベットの羅列を見ただけで
脳が文脈の理解を拒むほどの外国語苦手人間なので
Road=道とWalke=歩く人の関連性については
秋桜さんにお聞きするまでさっぱり気付きませんでした。ありがとうございます…!!
カテゴリ: サイト制作記録  2009/09/15(火)
すみません、いやあの、
閲覧者の人には割とどうでもいい事かもしれないのですが
ブログ名を「 罪を憎んで人を肉まん。」から「シロクロライン」に変えます。
(サイト名と揃える)

サイト名とブログ名は別にしている人が多いし、一度決めた名前を変えるのはよくないだろうと思って一年以上悩んでいたのですが、
色々考えた結果、やはりこっちの方がいいかもしれない、と…!!

うちのブログをブログ名で検索して来られている人は、しばらく見つかりにくくなって困るかもしれません。申し訳ないです。


理想的なブログ名


Blog名を考えるとき気をつけた方がいい二つのポイント (「WebとPCのメモ帳」様)

私がブログの勉強を始めた時、大変お世話になったサイト様です。

ここに書かれているように、うちのようなブログはサイト名から内容が推測できるようにした方がいいんですよね。「ONE PIECE研究ページ」様や「ナルト世界の謎を紐解く」様などのように。

…ええと、
となると、「D.Gray-man謎追いブログ」とか…?

いや無理だ無理だ!!私にその看板は重過ぎる!!
というか私そっち方面ではほんっとうにヒヨッコなんですよ!!本物の考察人間の人が見たら鼻で笑うレベルですから!!は、恥ずかしい…!!
無名世界観の時の謎追いエースの見よう見まねで地道にやってます。なんかもうすみません。この辺考え出すと全力で謝りながら逃げたくなる…。


…まあ、それで、
D.Gray-man→灰色→ようわからんグレーゾーンに白黒つけるよ!!という意味で
だいぶ婉曲だけど一応ブログ名から内容を推測できなくもない、かな?と。
すみません現時点ではこの辺が限界です私。


無関係な検索ワード問題


あと、上記リンク先の「Blog内容に無関係な単語が含まれていると……」ですが
うちのブログ、「肉まん」でこういう感じのブログ(※)に引っかかったりしてました…。
ごめんよ肉まんの事が知りたかった人達!!私肉まんについては
こないだ食べたカレーまんの事しか書けないよ!!(肉まんですらない)

※特定の単語で引っかかった記事を内容を見ずにどんどんリンクしてしまうブログ


初回説明の簡略化


「肉まん」を取るだけなら「罪肉ブログ」という風に略称にする手もあったのですが
サイト名とブログ名が別々だと、ブログオンリーの人にリンク許可を取る為に初めましての自己紹介をする時、二つ言わなくてはいけなくてややこしかったんですよね。
そういう意味でも統一した方が分かり易くていいかなと思いまして。


名称を揃えた時の問題点


ブクマでサイトトップとブログの区別がつかない…。
ここが一番のネックなんですよね。ファビコンを変えるという手もありますが、あれは再度ブクマし直さないと効力を発揮できませんし。ううむ…。

まあもうちょっと考えてみます。さしあたってはこれで。
カテゴリ: コメント返信  2009/09/18(金)
ヤフー知恵袋でのちょっとしたDグレ質疑応答。

Dグレが少し嫌になってきた… なんかDグレ謎を積み上げすぎじゃないですか?ラビの右... (Yahoo!知恵袋)

……。


こういう風になって離れていってしまった人は多いんだろうな、と思う。


色んな人が深く考えられたいい意見を沢山書かれているのに、
質問主が選んだベストアンサーはただの同意だった。


アレンの敬語は1巻の時点で綻びが見えていたし、14番目などの謎だってヒントは山ほど出てる。そのページの、そのコマの、その単語の一つ一つにちゃんと意味があるんだよ。


私はDグレが好きだし、Dグレに続いて欲しいと思っている。

そして、多分。

私の味方は、ベストアンサーに選ばれなかった彼らのような人達なのかもしれない。



とりあえず謎設定で何がなんだか分かんない人は私と話してくれ!!3時間もあれば普通の人が思いつくような疑問は一通り回答(解答ではない)できるから!!

と絶叫しても無理な話なので、とりあえず検索を活用する謎追い人(一般人が多い)は
うちのブログへちょこっと寄り道してくれたらいいなぁ、と網を張ってます。
いや、うち以外にも考察ブログは色々あるからそのオマケとして、くらいで見て貰えたら御の字なんですけどね。「そういえばどっかでこんな説を読んだなぁ」とか。


続きからコメントレスです。RSSとDグレが無くなってもいいファンの人について。

%url