D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/09/01(月)
無事だった―――――――――!! (感涙)


こちらシロクロライン、アレイスター・クロウリーの無事を確認!
繰り返す。アレイスター・クロウリーの無事を確認…ッッ!!

無事だった…!!
良かった、良かったよ……!!
栄養足りなくてまたベッドで昏睡してたらどうしようとか
それだったらゾンビ編冒頭みたいに拘束されてるのだろうかとか
悪い想像ばかりグルグルしてたよ…!!
良かった…!五体満足で普通に元気そうだ…!!

そしてノースリーブに驚いた。
いや、普通に考えたら教団支給の服を着るのは当然なんだけど
なぜか私は、クロウリーの私服はあの襟のヒラヒラしたシャツと長袖の黒服しか
着ないもんだとばかり思ってたから。
似合うような似合わないような…。
どうなんだろう。よく分からないからもっとアップでじっくりと隅々まで観察させて欲しい。
いや、なんというかまあ純粋な好奇心ですよ?(胡散臭い)

ラビ・神田・リナリー・チャオジー・マリは手首にも布があるのに
クロウリーだけ素手なのは何故だろう。しかも腕輪してるし。
あの腕輪って袖のヒラヒラを留める為のものだと思ってたけど、
実際はそういうわけでもなくて単なるアクセサリーなのかな。
あの腕輪は、クロウリーが城から唯一持ってきた私物だろうから
結構大事なエピソードがあったりするのかもしれない。
御祖父様関係かエリアーデ関係か…。

・・・もしかして、腕輪を付ける為に手首にリストバンド(アームバンド?)を
付けるのを断ったのだろうか。
皆が付けている中でクロウリーは素手、というのが地味に気になる。

あとノースリーブって肩が意外と寒いんだけどその辺どうだろう。
クロウリーはあんまりああいう服を着た事が無いだろうし。
肩の寒さを感じて、エリアーデももしかして肩が寒かったのではないだろうかとか
思い至ったりしてるかもしれない。


それから、「アレンが・・・」って言ってるけど
クロウリーはルベリエの話をどこまで理解してるんだろう。
ノアの事はまだ不明な点も多いし、「なんとなく危ないのかもしれない?」という事
くらいしか分からないのではないだろうか…。
クロウリーの現状認識がどのくらいなのか知りたいな…。ううむ。


もう任務に出られるほどには大丈夫なのかな。
元気でいてくれたら嬉しい。

知りたい事は沢山あるけど、やっぱり一番大事なのはそこだろう。
普通に生きていてくれるなら、それが一番いい。

無事で良かった。本当に良かった。
他の人と一緒の場所に、普通に居てくれているのが嬉しい。

クロウリーが一人きりじゃなくて、本当に良かった。


その他の感想はまた後ほど。
とにかく今はクロウリーの無事に対する嬉しさを噛みしめたかった。
私にとってのDグレは、やはり原作クロウリーが最優先らしい。

カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/09/03(水)
何で感想がこんなに長くなってしまうんだー!!


■方舟ゲート開通先

ふむ、ゲート地点は教会の中か。
確かにこれなら教団関係者が入っても怪しまれないし部外者は除外できるし
管理を徹底できるしでいい方法だと思う。
世界各地に展開されているゲートはほぼ全部教会に作るのかな。


「暗証番号は任務の度変更され 仲間内でも非公開が原則です」

これはルル=ベルが変身能力を持ってたから
他のエクソシストやファインダーに化けて入り込まれるのを警戒した対策かな。
うっかり忘れちゃったら一人だけ汽車で帰らないといけなかったりするんだろうか。

今までは教団以外の人間をみんな「実はアクマかもしれない」と疑っていたのが
(「わかんじゃねェよ 全部疑ってんだ」(4巻28夜)から)
これからは教団の仲間も「実はノアかもしれない」と
疑わないといけなくなったからなあ…。


■イライラ神田とフォローアレン

「あなた方同じパターンで喧嘩するの今日で何回目ですか」

同じパターンというと

1:ミランダ(新人)がうっかり失敗する
2:神田(仕事の鬼)がそれを怒鳴る
3:アレン(弱者に優しい)がミランダを庇って神田と睨み合い

・・・いや、なんというか、このパターンって
ミランダの位置にクロウリーを置いてもおんなじ事になる気がする…!!

神田はミランダに対して「覚悟が足りねェ」とか「甘いんだよ」とか
「何でこんな事もできねェんだやる気が無いなら引っ込んでろ」とか
そんな風に思ってたりするのだろうか…。
神田って自分の仕事の足を引っ張りそうな人嫌いだろうしなあ…。
2巻8夜でもファインダーの人に喧嘩売ってたし。

ミランダさんはちょっと自信が足りないのと性格がドジなだけで
エクソシストの仕事自体はかなりできる有能な人だから
長く付き合っていけばその辺もおいおい分かると思うのだけど。


■「うるせェんだよお前ら」


ものすごい蔑むような目だ……。


…この辺の神田の言葉は完全に本音だと思う。そもそも神田は自分を偽る人間じゃないし。
でも「どうでもいい」と言っても完全に無関心というわけでもなくて
むしろアレンに向かって「どうでもいい」とハッキリ言う事によって
「気丈に振舞っているアレンが実際には凹んでいる」事は自分とは無関係だ、と
思い込もうとしているように見えると言うか。
情をリアリストな心で強引にねじ伏せている感じ。

でもこの辺はどうとでも取れるように描いてあるから
人によってかなり解釈が分かれる所だと思う。
私の場合は、私自身が神田をかなり好意的に捉えてるから
その補正でこう解釈してしまっているだけかもしれない。


■方舟ゲート開通ルール

「本部からゲートが開けられるまでここで待ちましょう」

やっぱり方舟側から扉を開かないとゲートは繋がらないんだろうなと思う。
まあここは、アレンが制限無しで自由自在にどこでも出入りできるようになったら
設定的に強すぎるから、このくらいの設定縛りは必要だろう。


■ミランダさんとアレンの事

「ここは一番大人の私が彼を元気づけてあげなくちゃ!」

・・・いや、なんというか、これって
ミランダの位置にクロウリーを置いてもおんなじ事思いそうな気がする…!!

「し、しっかりするである私!一番辛いのはアレンなのだから!
ここは一番大人の私がアレンを元気づけてやらねば!」

こんな感じで。

ミランダと通常時クロウリーって微妙に思考回路が被ってると思う。


「26年生きてきて」
あれ?ミランダさん年取ってる?(ファンブックでは25歳)

「ミランダのせいじゃないですよ」
あ、アレンが「ミランダさん」呼びじゃなくなってる。


「キャンディーもってるけど食べる?」
「たべる」
「(あら…?元気になった…?)」


うん、アレンの場合は下手に上手い事言おうとするよりこっちの方が絶対いいと思う。
アレンは多分、食べる事でストレスを解消するタイプだろうし。
キャンディーだって「味を楽しむ」じゃなくて
「何でもいいからとにかく胃袋に物を詰め込みたい」という感じの食べ方だし。


■ティムキャンピー関係

伸ばされまくってるのに無抵抗のティムがなんかいいなあ。
4コマ目で伸びきったまま戻ってないのも可愛い…!
ティムって材質は石だったはずなんだけど、どんどん柔らかくなっていってる気がする。

・・・ティムって痛覚は無いんだろうか。
泣いたり怒ったりしてたから感情はあるはずなんだけど
喋らないからどうもその辺がよく分からない。

神田のゴーレムと地味に睨み合ってるのも可愛かった。
通信用ゴーレムにも心はあるのかな。わざわざ付ける意味が無い気もするけど。
それとも、長い事使い続けていたらだんだん使用者に似てきたりするのだろうか。


■本部帰還

ロブ達が笑顔で迎えてくれて嬉しかった。

こういう「優しくて暖かい信じる世界」と「残酷で血なまぐさい不信の世界」が
表裏一体で在るのがDグレという漫画の特色で魅力なのではないかと思う。
カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/09/04(木)
■アレン・ウォーカーの現状整理

・「アレン・ウォーカーは「14番目」というノアの"記憶"をもった
 宿主である事が判明しました」
・それを知っているのは中央庁・教団幹部・エクソシストのみ。
 緘口令が敷かれている。
・アレンは表向き、今まで通りエクソシストとして働く
・アレンが14番目に覚醒し、教団を脅かす存在と判断を下された場合は
 他のエクソシストが始末する


まあ妥当な判断だと思う。
最初にルベリエが異端審問の事を口にした時思ったのよりは
かなり軽い処置で少し安心。これなら刑罰は無いも同然だし。
大きなマイナスポイントがあるとしたら、他のエクソシスト達に
ノアかもしれないという疑いの目で見られる可能性があるくらいかな。
でもこれも、チャオジー以外はそんなにあからさまに差別したりしないだろうし。


■「その時は僕を殺してください」

コムイが言いよどんでくれたのが嬉しかった。この人は本当にエクソシストを大事に思ってくれてる。

でもこう言った所でアレンを殺せる人ってほとんどいないだろう。
半分以上は実力不足で物理的に殺せないだろうし
クロウリーとリナリーも無理だ。あの二人は情に重きを置きすぎてる。
可能なのは元帥3人と神田くらいかな。

神田がいてくれて良かった。
私がアレンの立場だったら、こういう時は神田が一番信頼できる。
まあそんな事にはならないと思うけども。でもまあ、万に一つの保険として。


■みたらし攻撃

ロウファ―――!!アレンを食べ物で篭絡するつもりなら
人に頼むんじゃなくて本人が直接持ってこないと駄目だと思うよ―――!!
理屈じゃなくて感覚(食欲)に訴えるなら、対象の顔と幸福感がバプロフの犬のように
イメージで直結するようやっていかないとほとんど意味が無いように思うし…!!

あ、でも再会した時にアレンから爽やかにお礼を言われるのはあるだろうから
それでいいのかな。それで充分だというのなら別にそれでも良いのだけど。


■神田の好みのタイプ

「神田がちょっと心開いてる…?」

まともに会話しただけでこんな風に言われる神田って…。

神田は、正直者な上に個性が強烈だから
実際に接する場合、気に入る人はものすごく気に入るし
嫌う人はかなり嫌う(及び怖がる)のではないかと思う。

神田本人の好みは多分この辺かな。

1・仕事ができる。言った事を守る
2・タフ。長生きしそう。強い。(早死にしない)
3・神田の愛想の無さにめげたり怒ったり怯えたりしない
4・神田の気に触る事をしない。言わない


わりと弟タイプというか。他人の面倒を見るより世話をさせる方っぽい。
心が広かったり従いたい性格の人間と相性が良さそうな感じ。

まあ気に入ったところで、ちょっと日常会話をするくらいが関の山だろうけど。


■新しい班長とリーバー

「それがさぁ聞いてよ!!
 中央から来た二人の新しい班長が
 リーバー班長を目の敵にしててさぁ」


おお…、なんか細かい伏線が追加されてる…!!
どういう性格で、どういう理由で目の敵にしてるんだろう。気になる。
こう書かれるということは班長二人はもうキャラが固まってるんだろうし。
いつ出るかな。リーバーはどう動くかな。ギャグかな。シリアスかな。


■タップの妹登場(そっくり)

初対面だけど再会だー!!
いやキャッシュにとっては迷惑以外の何者でもないだろうけど。
キャッシュはキャッシュであって、タップの身代わりにはなれないし
なりたくもないだろう。

でも、昔死んだ人と似た人が現れて
その人とこれから先仲良くやっていけるというのは
「希望」で「救い」だと思う。


■女性補佐官登場

「元・中央庁事務官
 教団室長補佐役 ブリジット・フェイ」


中央庁の息のかかった人間か…。
コムイってばなんだか主導権握られてるし、難しいところだな…。
今までは結構自由に動けてたのがかなり制限されてくるだろうし。ううむ…。


■クロス失踪現場にいるルベリエ

「一体 誰が…」

あれ?ルベリエが犯人じゃなかったのかな。
前回の見張りのルベリエ発言はフェイクだったんだろうか…。ひ、引っかかった…?
ううむ。

なんでこの人こんな場所に大きなケーキ持ってきてるんだろう。
せっかく作ったのに誰も食べてくれなかったのかな。

あとティムがルベリエの様子を伺ってるのは何故だろう。
彼とアレンを出会わせようと仕組んだのだろうか。


■今後どうなるか 

この先どうなるんだろう。とりあえずはアレンとルベリエの会話かな。
キャラクターもかなり増えてきたし、ジジの線から神田関係の話も進むかもしれない。
コムイと補佐官も気になるし、リーバーも心配だ。あとキャッシュとジョニー。

…く、クロウリーが話の筋に混ぜてもらえる隙が無い…!!(愕然)

今どういう状況なんだろうクロウリーは。ラビ達と一緒に任務に行ったりとか?
クロウリーは即戦力だしエクソシストの数は足らないそうだから
一人だけでシンクロ訓練してるとかそういう事は無いと思うんだけど。
レベル3と戦えそうなエクソシストは更に貴重だろうし。

ノアと聞かされたアレンに対してどう思っているのかも知りたい。
来週出るといいな…!!
あと人気投票カラーにも入ってるといいな…!!
カテゴリ: Dグレ関連商品  2008/09/06(土)
表紙の皆がすごく優しそうだ…!!
ああもう私こういう「暗い世界から扉を開けて外に連れ出してくれる」という状況に
大変むちゃくちゃ弱いのだけど
(例:12巻108夜「一緒に行こうクロウリー」)(クリティカルヒット)
その辺のツボにものすごく当たりまくるよ…!!
一番先頭に振り向かないコムイがいるのもいいな。
あの人はついていくに値する優秀な司令官だと思う。感情面も含めて。

伸ばされた手と、差し出された手。

本当にいい表紙だと思う。
キャラへの好意補正無しだと今迄で一番好きな表紙かもしれない。

伸ばされた手はアレンだろうか。
右手だからアレンでもおかしくないし、ラビでもリナリーでもおかしくない。

でも、ジョニーなら相手が14番目かもしれないアレンでも
傍観者で周囲の人間を仲間と思うことを許されないラビでも
ほとんど面識の無いクロウリーでも
その手を差し出してくれると思う。

だから、手を差し出してくれているのがジョニーで嬉しい。


■表紙のカバー下

え、もしかしてリーバーって鬼のように厳しい先輩だったのだろうか。
あ、でも今の性格を見てもそんな感じはするし。うん、納得できる。
ベースはかなり固くて厳しいんだけど、新人時代に色々あって
今みたいに丸くなったのかな。
一見ゆるくて柔らかいコムイの事は最初ものすごく気に入らなかったかもしれない。


■追加情報

何にも無かった……ッッ!!
ううう、アレとかコレとか知りたい事は沢山あるのに
質問コーナーは一体どこへ行ってしまったんだ―――――!!
追加情報―――!!設定の追加情報をプリィィィズ!!
新・黒の教団の見取り図とか!!あっでもそれは次巻の方がいいか。


■Dグレ家の人々

ジジィ(名前)が可愛かった。
えーと、まあ、何だ。うん、ラビ彦ガンバレ☆(いいかげん)

ところでコミックのみで見てる人にとっては
本編の元ネタ絵を見る前にコラージュ漫画を見る事になってしまって
イメージがぶち壊れてまずいんじゃないかと思うのだけどその辺はいいのだろうか。


■159夜

クロウリィィ――――――――(以下略)


■160夜

うわあああラストページのクロウリーがクッキリハッキリ見える!!描き直し?!
牙とかもはっきり見えるし魔物っぽくてカッコイイ…!!
鋭利な羽も素敵だ…!!


■Dグレ劇場

ほ…、星野先生…。
星野先生は自分を良く見せようという気が全然無いのだろうか…。
普通こういう過去は他人に知られたくないものだろうに…。ううむ…。
カテゴリ: Dグレ関連商品  2008/09/08(月)
初めて書店で見た時の感想:薄ッ!!

薄い…!!72ページしかない…!!
ううむ、でもこのサイズでフルカラーで780円だとまあ仕方が無いか。
個人的には値段と厚さが倍でも良かったんだけど、購買年齢層を考えると
この辺が妥当なのかな。


■描き下ろしポスター

クロウリーが居る・・・!!(最重要感動ポイント)
ありがとう描いて下さった方!!ドーナツ片手に嬉しそうなクロウリーが可愛いです!
あと転びそうになってるミランダさんも可愛いです!!
そして好意補正無しでもリナリーがえらい可愛い…!!
短髪リナリーを可愛く描くのって結構難しいのではないかと思ってたのだけど
これは本当に可愛い。愛が見える。
これ描かれた方ってリナリーが個人的に好きなのではないだろうか。

ドーナツ持ってるアレンも可愛いし神田も体格良くてカッコイイし
ラビはなんだか色気が見えるしで、いい絵だと思う。買って良かった…!!


■内容

CD・DVDのジャケットイラストやOP・EDの止め絵など。
こうして見るとアレンって描く人によって大分感じが違うなぁ。
リナリーはやっぱりツインテールが画面に映えていい感じ。

それからムービック商品のSDイラストも再録されててありがたい。
やっぱり本媒体の方が探しやすいし見やすいし長持ちするし。

SDっていうのは、ただ模写すれば良い訳でない分だけ
かなり描く人のセンスが問われると思う。
単に頭身を縮めるだけだと可愛くならないし。
個人的には38ページ下部の人の絵が一番好き。

あとDVD6巻クロエリ絵のエリアーデの頬が元絵より色づいてる気がする…!!
ぼかし加工が入ってないからそう見えるだけだろうか。ううむ。

54ページのおまけ劇場の絵も可愛い…!
ところでこの絵はルール的に考えてクロウリーの隣にエリアーデを描くべきだと
思うのだけど何故クロウリーだけなんもなしですか。
倫理か…!やはり人間(アクマだけど)は倫理的にまずいのか…!!

アニメの原画があるのも嬉しい。
これって修正は無いのかな。個人的には岩佐さんの修正集だけで
丸々一冊欲しいくらいなんだけども。


■声優座談会

小林さん、アレン、辛かったのか…。
まあ確かに色々あったからなぁ…。咎落ち編とか…。
声優の人だと演じてる分どうしても心情にシンクロしてしまうだろうし。

伊藤 「恋愛的な描写はラビぐらいかな」
鈴村 「ラビは全方位オッケーだから(笑) 神田も入ってるし」


そういう見られ方してるんだ…!!八方どころか全方位って…!!
いやでもミミにはこれっぽっちもなびかなかったから全方位って事も無いような。
あとラビの場合、観察力特化のブックマンだから
視野と守備範囲が広くても仕方ないというか
むしろ特殊能力設定とキャラ設定が合ってていいと思うんだけどな…!!

櫻井 「本当にうざいです(笑) 神田からすると、ラビとかアレンとかティエドールとか、
ああいうプライベートラインを超えてくる人に対して”なんでだ!?”という思いがあるんですよ。
”ユウって呼ぶなって言ってるのに、なぜこのバカは言うのか…”みたいな」


うざいのか・・・!!(地味にダメージ)

いや何と言うか、親しくなりたいだけなんだよ…!!
神田はあまりにも取り付く島が無いから、接しようと思ったら
そうせざるを得ないというか・・・!!
というか神田は「ここから先は踏み込むな」のラインがあまりにも広すぎると思うよ!!
いやまあそういう孤高で鉄壁で厳しくて揺るがない神田が好きなのだけれども!!


櫻井 「…が、やっぱり、原作のラストまでアニメでもやれたらと思っていますね。
皆さん山ほどDVDを買って下さい(笑)」


私も原作のラストまでアニメ化して欲しいです…ッッ!!
特に感染時クロウリーが見たい…!!原作が溜まったら是非続きを…!!
アニメがあった方がジャンプ本誌での連載も安心だし。
やはり知名度を上げる意味や購買年齢層を考えても
OVAよりテレビアニメの方が良いと思う。

アニメが無くなったら、どれだけの人数がDグレの事を忘れてしまうんだろう。

グッズなど関連商品の売り上げも落ちるだろうし。ううむ…。
 

■キャスト直筆色紙コメント

参加はアレン・神田・ラビ・リナリー・ミランダ・コムイ・クロウリー・クロス
デビット・ジャスデロ・ロード・ティキ役の声優さん。
皆さんDグレに沿った個性的な色紙を書かれてた…。
声優さんもDグレが好きだったんだなぁと思えて少し嬉しい。


■アニメスタッフ寄稿

アレンとクロウリーがマントお揃いで嬉しかったです。(正直者)
神田がもんのすごくイヤそうな顔してるのがまたいい感じだ…!!
うん、やはりこれはこれで仲良しだと思うよ。


■星野先生のアニメ用キャラデザイン

描かれているキャラは
ビットリオ、エルダ、フレイ、ラッセル、デイシャ、
クロス、イェーガー、ルル=ベルの8枚。
絵だけじゃなくて注釈も色々入ってるのがありがたい。

だんだんこの人気に入ってきたぞ…
(ルル=ベルの絵に付いてた字)

描くうちに気に入ってきたんだ。
じゃあこの人、これから先も結構出番があったりするんだろうか。


星野先生の、ファンへ向けたサイン入り直筆イラストは
アレンとティムと千年伯爵。(+帽子にレロ?)


■裏表紙

「奏者ノ資格」の宣伝だった。
これ、かなり宣伝費かけてるっぽいなぁ・・・。沢山売れると良いけど。
これがコケたら微妙にまずい気がする。
グラフィックがアニメ(後半)準拠か原作準拠だったら
結構な販売数が見込めたと思うんだけど、どうなるかな…。
「Dグレ関連商品」で数字を出そうとするなら、やっぱり絵の質が
最重要なのではないかと思うけども。
カテゴリ: ジャンプ情報  2008/09/08(月)

アレイスター・クロウリー:1527票 5位




・・・え?



アレイスター・クロウリー:1527票 5位



・・・・・・・・・
ええええええ??!!!!
ウソぉ?!え?5位??
か・・・、カラーに、カラーにクロウリーが居る―――――!!
うわあああん嬉しい、嬉しいよおおおお!!
5位って、ホントに5位?!投票期間はクロウリー寝てるだけだったし
かなり厳しいと思ってたのに!!

うう、ごめんなさい私全国のクロウリーファンの人達の事を
甘く見すぎていたのかもしれません…!!
投票してくださった方、ありがとう、ありがとう・・・!!
泣きながらブンブン握手して回りたい思いでいっぱいですよ?!(暑苦しい)

嬉しい・・・!!
アレン・ティム・神田・ラビ・リナリーの中にクロウリーがいてくれて本当に嬉しい…!!
クロウリーもちゃんと仲間の一員だと思えて嬉しい…!!

カラーのクロウリーって久しぶりだ…。
相変わらず顔色悪そうで、そこも愛しい。
新団服はクロウリーも同じデザインっぽいかな。正確な設定画が見たい。
両腕の腕輪はどうなるんだろう。
羽は付くのかな。個人的には付いて欲しい。


クロウリー・・・。
本当におめでとう・・・!!!
私今週のジャンプ4冊は買うよ!!アンケートもDグレにチェックして全部出すよ!!
ありがとう星野先生!!ありがとうジャンプ!!
もうありとあらゆる人にお礼を言って回りたい気分!!
ふははは、往来を意味も無くスキップしてしまいたい!!(落ち着け)
カテゴリ: ジャンプ情報  2008/09/08(月)
だまし絵っぽい。


無駄遣いじゃないよ
必要経費だよ

(内訳:センターカラー保存用・貸し出し用・作画参考用・通常読み返し用)


ところでアンケートハガキってやっぱり
4枚とも全部住所と名前が違う方が良いのだろうか。
カテゴリ: 当ブログについて  2008/09/10(水)
シロクロラインは完全リンクフリーです。
そして「罪を憎んで人を肉まん。」はトラックバック推奨ブログです。
 ※後日追記: 2009年9月15日にブログ名とサイト名を統合しました

このブログから、閲覧者の人がそちらに向かっても構わないブログで
(※このブログは検索避けを設置していません)

「この記事に対して自分なりの考察を書いたので他の人にも見て欲しい」
「この記事を元にSSを書きました」
「この記事を自分のブログの閲覧者の人に紹介したい」
「この記事は違うと思う。実際はこうじゃないかと思うんだけどどうだろうか」
「この記事のような事ってあるよね…!私の場合はこうだった」


考察・ツッコミ・賛同・反論・紹介・雑談・推論・妄想など、何かしら思うところがございましたらお気軽にトラックバックを飛ばしてくださると嬉しいです。
初心者大歓迎!
というか私自身が初心者です。

分からない事があったらどうぞお聞きください。
私にも分からない事は多いですが、分かる範囲でならお力になれるかもしれません。

あと、当方の能力不足の為に
勘違いで間違った情報を流布してしまう可能性もゼロではないので
あまり信用しすぎないで下さるとありがたいです…。(ごめんなさい)
私などよりグーグルやヤフー検索の方がずっと頼りになると思います。



※このブログのトラックバック設定は「文中リンクのみ」です。
本文内に元記事へのリンクを張った場合にのみトラックバックが適用されます。
(リンクを張らなくてもトラックバックできる場合もあります)

※同じFC2ブログの場合は
「この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)」で可能ですし
それ以外の場合は、記事のタイトルを右クリック+「新しいウィンドウで開く」で
出るアドレスがその記事単体へのリンクアドレスです。(WINDOWSの場合)
カテゴリ: コメント返信  2008/09/10(水)
情報というのは、伝達すればするほど劣化してしまう確率が高いです。
伝言ゲームで、最後の方になるに従って文が元のものとはかけ離れてしまうように。

「あの人がこう言ってたんだけど~」というのも、その情報は他人の脳を介している分
どうしても正確さに欠けてしまいますし、それはもう仕方の無い事だと思います。

だからこそ、できるだけ正確な情報元や事実をきちんと確認したり
ネットでは「リンクを張る」という事が
情報の伝達劣化を防ぐという意味で重要だと考えています。


根も葉もない噂でひどい誤解をされてしまう可能性は
名前のある人間である以上、どんな人にでもありうる事ですし。



以下、和田トオルさんへのコメントレスです。
カテゴリ: コメント返信  2008/09/11(木)
貘さんがアクマの味覚についての鋭い考察を下さいました!!
あの、これ、ただのコメントレスに入れてしまうのが大変勿体無いのですが…!!
(コメントレスは簡単に埋没してしまうから)

もしも宜しかったら、で一向に構わないのですが、こういう深い考察は
関連リンク+トラックバックでそちらのブログに記事として上げて下さったら
私も閲覧できて嬉しいですし、閲覧者の人も見やすくて良いでしょうし
貘さんも文章を編集できて良いのではないかなと思っています。

私のブログだと横幅が決まっているので、全文引用しても
改行がめちゃくちゃになってどうしても読み辛くなってしまいますし。(ごめんなさい)

引用には、
改行から誤字に至るまで決して手を加えるべきではないと考えているので
(情報の伝達劣化防止の為)
私が書いた文では無い以上、見やすいように編集する事もできないんです。



以下、貘29番さんへのコメントレスです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%url