D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/07/01(火)
どうしようもう本当にどうしよう。無駄にオロオロあちこち徘徊してしまうよ…!!
私…、私…、

クロウリーが…、クロウリーが大好きです……ッ!!!!

ああああもうどこから突っ込んだらいいんだろう。
色んな感情がごちゃ混ぜになって胸が一杯でオーバーヒートな勢い…!!

正気に戻った…!!正気に戻ってくれた…!!
良かった、良かったよ!!一瞬だったけど!!!!
しかしクロウリー、目の前にリナリーが居るのにアレンとラビの方へ駆け寄るってそれどうなんだ…!!
159夜で「アレン…?ラビ…?」と泣いてたけど、まあピンチの時には頼れそうな強い人の名を呼ぶのが普通かなとか
リナリーは女の子で、ブックマンはご老体だから
一回り年下だけど戦える戦士の名を呼んだのかなとか (私がクロウリーの立場ならそう考えるから) そんな風に思っていたのだけど
もしかしてクロウリー、
「仲間」じゃなくて「アレン」と「ラビ」個人にも思い入れがあるのか…?!!

わ、私、ちょっと勘違いしてたのかもしれない。
できるだけ原作を正確に読み取りたいと思ってはいるのだけど
やはり描写の無い所は自分の想像で補うしかないから
勝手に考えていた所では
他人の意思より自分の思い (守りたいとか) 優先な感じ。

こんな感じかと思っていたのだけど、もしかして私が思ってたより
「アレン」と「ラビ」個人の事も考えてたのかこの人…?!

(「仲間」は命を賭してもいいくらい大事だけど
「アレン」と「ラビ」個人に関心があるとはあまり思ってなかった)

(ついでに書くとエリアーデの事も「自分の心の中のエリアーデ」が好きなのであって
等身大のエリアーデの事はロクに知らないのではないかと思ってたり)

(注:管理人はクロウリーが大好きです)



ゾンビ軍団の中にいるアレンとラビを見つけて
何一つ疑わずに走り寄るクロウリーが甘すぎる…!!
疑ってえええ!!明らかに様子がおかしいからその二人!!
な、なんて…、なんて甘くてスキだらけな男なんだ…っ!!
おのれどうしてくれよう。こんなのを好きになったら私の心の平穏的に大変厄介だから
できるだけ避けるようにしてたのに…!!
ああもうほっとけない…!!大好きだ…!!
側にいて止めたり守ったり慰めたり厳しくしたりしたい…!!


「ガシィィ」と抱きしめるコマが「やもめのお父さんと長男・次男」な感じに見えた。
これ相手が「二人」で良かった…、本当に…。
一人だと対象個人に対する特別感が増しすぎるから
見ている者の誤解を招きやすくなる気がするのだけど、
相手が二人ならその二人に共通する事柄 (自分を城から連れ出してくれた人) が
大事なのだなという風に見える。

いや別に対象が一人だったら絶対ダメというわけではないのだけど。
あとリナリーに同じ事 (泣いて抱きしめ) やったらもれなくコムイに襲撃される気がする。

あ、もしかしてクロウリーは髪が少し伸びてたから
少女の入ったリナリーをリナリーだと認識できなかったのだろうか。
クロウリーの中ではジャスデビ戦で別れた時からほとんど時間が経ってないのだろうし。


「無事だったか!よかったである!!」

ずっと心配してたのかこの人……!!!!
クロウリー本人だってすごい死ぬような目にあいまくってたのに…!!

クロウリーは何度私を惚れ直させたら気がすむんだ…!!
年上で大人の自分が、子供達を最後まで守ろうと思っていたのに
途中で先に行かせちゃったから責任を感じてしまったというのもあるのだろうか…!!

自分の言った通りに、アレンとラビがリナリーとチャオジーを守って
ボロボロに傷付いていたらどうしよう、なんて。

クロウリーって本当にいい人だと思う。
あの人が好きだ。
どんなに女々しくても泣き虫でも甘くても、もうそんなの今更だし。

私、「雄雄しくて気が強くてスキの無い人」が現在進行形で好みのタイプなのに
クロウリーはそういうものを全部飛び越えてくる。
なんだろうこの人。何で私この人が好きなんだろう。

これから先、来週も、その次の週も、動くクロウリーが見れると思うと本当に嬉しい。
彼の事が知りたい。
情報収集家の愛情は「相手の事を知りたい」という知識欲に比例すると思う。
この辺は、庇護欲が強い人が「相手を守りたい」と思ったり
食欲が強い人が「相手の作った料理を食べたい」と思ったり
支配欲が強い人が「相手を支配したい」と思ったり
甘えん坊な人が「相手に甘えたい」と考えてしまいやすいのと
そんなに変わらないのではないかな。

今まで甘えん坊で、甘えさせてくれそうな人が好みのタイプだったのに
「この人に対してだけは自分が甘えさせてあげたい」と考えてしまうのも
それはそれで愛情だと思うけども。
カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/07/01(火)
「目が覚めたか… よかった」

ありがとうコムイさん!! (好感度×120%)

ありがとう…クロウリーの事を覚えていてくれて…!
いや貴重なエクソシストなんだから覚えてて当然といえば当然なんだけど
なんというか、クロウリーが起きた事を喜んでくれる人がいて嬉しかったんだ…!!


■中身がリナリーじゃないリナリーに対して

「リナリーの姿で下品な笑い方をするなぁああ」
「わ―リナリー可愛いなぁ」
「ギャ―ッボクのリナリー 神田くんブッ殺ス!!!」


どんなピンチの時でもとにかくリナリー最優先なコムイ。
…ごめん、私コムイを責められない…!!
だって私が同じ立場でリナリーがクロウリーだったら絶対似たような事になる…!!

「リナリーの姿で下品な笑い方をするなぁああ」というのは、分からなくもないんだ。
私だって、クロウリーの肉体で中身がクロウリーを冒涜する別人が現れたら
かつてない勢いで憎み倒すかもしれないし。
発動時でも通常時でも感染時でも、中身がクロウリーなら良いのだけど
そうでないのは物凄く嫌な感じがする。心に毒が流し込まれるような感じ。

逆に言うと、中身がクロウリーなら外観にはそこまで拘らないのだけど。
(敢えて選ぶなら羽つきの感染時クロウリーが一番好み)
でもコムイはリナリーの外観も同じくらい好きなんだろうな…。
長髪が無くなったのを知った時に大泣きしてたし。


■体を張って庇うリーバー

先週活躍を期待してたら今週の1ページ目で既に縛られてたリーバー。
でも精一杯頑張ってくれたと思うよ!
ほんの数分でも長く室長を守ろうとしたその心意気は評価に値すると思う。
おかげでコムリンEXが間に合えたわけだし。

「室長をまだまだ甘やかしすぎでした!!」

コムイって平時は詰めが甘いなと思ってたけど、
そもそもコムイのキャラ設定からしてそうだったのだろうか。
うん、ああいう人の側にはリーバーのような人が付いていた方が良いと思う。
時々突き抜ける天才を努力型の秀才がサポートする、といった感じかな。

「リーバーくん達だって変な薬いっぱい作ってたじゃないさ―――」

ダメだこの人反省してない。
ビッシビシお願いしますリーバー班長!!


■体を張って庇うコムリンEX

アレンは死んだフリだったのにコムイは泣きながら助けに来た――!!
しかも一回首を蹴り飛ばしたような凄く怖い人に対して…!!
頑張った、頑張ったよEX!1ページ持たなかったけど!

コムリンの強さってどのくらいの設定なんだろう。
160夜でアレンとブックマンと大人3人子供2人を傷一つ無く捕らえてたけど。
あれは武器があったからなのかな。

クロウリーの左アッパーで天井にめり込むEX。
…クロウリーの強さってどうなってるんだろう。
アクマの血はとっくに切れてるだろうし髪が立ってないから
イノセンスの超人補正はかかってないと思うのだけど。
でもコムビタンDだけで普通の人がそこまでパワーアップするとも思えないから
あの薬は発動時の超人筋力をほんの一部だけ引きだしてたりするのだろうか。

あとやっぱり左利きなのかなこの人…。
パンチは両方で出来るけど、より威力が高いのは左なのかなと思う。
ジャスデビ戦の102夜でも左パンチだったし。


■コムイに襲いかかるクロウリー

隣にリナリーもいるのにコムイを噛む気満々なのは何故だクロウリー…。
少女は感染者の行動を操れるわけでもないみたいだし。
(操れるのだったら1ページ目でわざわざ食堂にコムイ達を引きずってこないで
 感染者自身を来させればいいと思うし)

そして「タンマタンマ!」とコムイに言われてちゃんと待つクロウリーと
少女に「やめろ噛むな」と言われてやっぱりちゃんと待つクロウリーが
何かもう可愛すぎるんだけどどうしよう。
理性が0.1%くらいは残ってるのかな。クロウリーは元々敵の発言もちゃんと聞く方だし。
(4巻36夜でラビの説得を聞いて矛盾点を指摘してた)
(11巻105夜ではジャスデビの罵倒にきちんと回答してた)


■犠牲者の名前を全員覚えてたコムイ

コムイ室長…ッ!!!! (尊敬の眼差し)

なんだかガンダムWのトレーズ閣下を思い出したよ。
あの人も素晴らしい名君だった…。

「この十字架の下に犠牲になったもの全部 ボクが室長としてずっと背負ってくつもりだ」

コムイ室長…………!!!!

コムイが入団してからは人体実験は廃止されたんだから
「それをやったのはボクじゃない」と主張する事も出来ただろうに。
誰を攻める事もせず、それらを全部背負うと言う。

嬉しかった。

いいなコムイ。私がエクソシストならこんな上司の元で働きたい。
だってこの人は犠牲になった者の事を覚えててくれる人なんだし。
そういう人がいてくれるなら、安心して戦いに行ける。


■計算高いコムイ

「大丈夫 そろそろだよ」

あの犠牲者名羅列と少女の説得には、コムリンEXがワクチンを作る為の
時間稼ぎの意味もあったのか…!!
なんという機転。いいな、頭の回転が速い人は好きだ。

でもソカロ元帥の一撃で大破。

…いや、なんというかもうこれは仕方がないよ…!!あの人には誰も勝てないだろうし…!!

ところで
クロウリーに飛びかかられて「キャッ」と涙目になってるコムイとか
「フッ ボクのコムリンがワクチンごとき作れないわけないじゃな~~い」とか
「ワクチンが手に入ればこっちのものだい!」とか、なんか今週
コムイがえらい可愛く見える…。ううむ…。
「いっけぇ―」のコマはポケモンマスター?とか思ってしまった。


■タイトル:黒の教団ホントに壊滅

終わった―――??!!
ええええ何ソレ?!投げっぱなしにも程がある!
…んー、まあでもギャグならこんなのもアリかな。面白かったし。

うん、面白かった。このゾンビ編の単行本が出るのが楽しみだ。
159夜から164夜までだから6話か。
16巻の最後にゾンビ編の2話くらいが入る感じかな。
…うーん、何となく収まりが悪いような…。
このあと6~7話くらいでまた何か短い話をやったら
17巻で一区切りついてちょうどいい気がするんだけどな。

まあでも次はシリアスかな。クロスの方も気になるし。

…いや、
「新たなワクチンが作られた」で、「全員救助された」とは書いてないから
もうちょっと引っ張る可能性もゼロではないかな?
それに「新:黒の教団」のお披露目会も必要だろうし。
あと超個人的にはクロウリーのヘブラスカスキャン話をお願いします…!!
彼のシンクロ率が何%か知りたい…!!

カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/07/02(水)
まあこの状態で丸三日くらいほっといたら全員空腹で倒れるだろうから
ゾンビ達が無力化してから、バクが黒の教団を訪れればいいと思う。
どんなに強い人間でも、理性・補給無しじゃ動けなくなるのは時間の問題だ。

その辺の弱そうな感染者を一人連れ帰って調べれば
コムビタンDの事は何となく分かるだろうし。
その後感染ティムキャンピーを捕まえて当時の映像をむりやり見れば
なんかあの前髪長くて羽生えてる人が感染源だということも分かるだろう。
コムリンEXの残骸が残ってたら、その記憶データを再生するのでもいいし。

…というか、バクが黒の教団を訪れて
衰弱した死にかけゾンビ達の中で一人リナリーが倒れてて
ゾンビ化を治したらそれまでの記憶が一切無くなるとなったら


……………バクはどう動くんだろう…。


即座にワクチンを作って治そうとするのだろうか。
どさくさに紛れて写真の1枚や2枚撮ったりしないのだろうか。

元帥達も全員倒れてないとバクは教団を無傷で歩き回れないだろうから
あの総ゾンビ化は数日続いたのではないかと思うけども
そうなると、アレンの長髪化 (おそらく24時間で治る) や
ラビと神田の子供化なども効果が切れてると思う。

ブックマンの小さい服を着てたから、この二人は特に
見た目が少々愉快な事になっていたのではないかな。
治す前に何枚か記念写真を撮っておきたい気分。いやまあ何となく。
カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/07/02(水)
・ワクチンで正気に戻った時のクロウリーは羽が消えていた
・再感染したら羽がまた生えた
・コムビタンDに感染者の外見を変える作用はない。感染源も同じ
・羽はその質感から見て、血液でできてるっぽい?
・羽はゾンビ騒動で誰にも触れられないまま終わった
 →少女が意図的に羽を生えさせたわけでは無さそう


…以上の点から考えるに、
あの羽は、クロウリーの闘争心が一定以上になったら生えるのではないかと思う。
構成成分は自身の血液とイノセンスで。
クラウンアレンにマントが生えるののクロウリーバージョンとか。

髪が立ってないからイノセンス関係では無いかなとも思ってたけど
それ以外だと異変の理由がさっぱり見当たらないし。

今回は見た目だけだったけど、きちんとイノセンスのエネルギーがある状態なら
あの羽で空飛べたりもするかもしれない。(願望)



クロウリーはあの羽を見たらどう思うのだろう。

肯定的:「カッコイイである!」
否定的:「これでは化物と言われても仕方ないであるな…」

今週のクロウリーを見ると前者な気がしてきた。
まあ普通にカッコいいし。クロウリーはああいうの好きかもしれない。
半発動で体から何か生えるのはクラウンアレンも同じだし。

新団服がマントで羽無しか、マント無しで羽有りかなら
クロウリーに飛行能力が付くのであれば私は後者を選ぶよ。
やはり今後の戦闘を考えると飛行能力はどうしても欲しい。
…マントを、マントを犠牲にしても!
(断腸の思い)

マント+羽はオプション多すぎて作画バランスが崩れる気がするし。
私だったらこの二つは競合させないだろう。いやマント欲しいけど。マント欲しいけど!
カテゴリ: バトン  2008/07/02(水)
ご自由に、という事でしたので
「Boom Slang」の不和さんから面白そうなバトンを頂いてきました。
ありがとうございます!


■自分の本名を変えられるとしたらどんな名前がいいですか?

今と同じ名をつけます。

元々気に入っているというのもあるけれど、それ以上に
「名前を変える」というのは結構怖い事だと思っているので。
どんな名を使っても何十年経っても絶対にこの人本人だと分かる!というような
強烈な個性と自信を持った人だったら、そんな心配はいらないかなとも思いますが。


■1人の時と複数の人と一緒にいる時ではどちらの方が好き?

まあ、それなりに両方好きですよ。

…だけど、私の事を知っている人が前にも後ろにもみっちり沢山いると
ふいに背中から刺されそうな気がして少々ドキドキしてしまうというのはあります。

複数でも1対1か1対2なら、相手の動きを把握できるから何とかなるのですが
3人以上になると全員の動きを追いきれなくなるからどうにも不安で…。
なんだろう。ゴルゴ13の背後霊でも憑いているのだろうか私。

好き勝手できて気楽なのは一人、個人と深く会話できて楽しいのは1対1、
人間同士の係わり合いとその変化を観察できて面白いのは複数、ですね。
あと魅力的な中心人物が一人いて、皆がその人に夢中で、
そんなハーレムにほんの一時混ぜてもらうという状態はかなり好きです。


■今とは違う性別だったらどんな名前にしてみたいですか?

今の名を少し変更して男に見えるようにするだけだと思います。
見る人が見れば私だと分かるくらいの些細な変更で。


■あなたの今一番のオススメ作品(ジャンル問わず)を簡単に紹介してください。

うーん…。
「オススメ」と言っても、誰にすすめるかで出すものが違ってきますからね私の場合…。
とりあえず、人間に絶望しているオタクの人でシャレの通じる人だったら
本田透さんの「喪男の哲学史」シリーズをすすめたいけれど
これは普通の女の人が読んだら激怒する可能性がありますし。

…私がものすごく好きなものは、特定の人が見たら激怒しそうなものばかりなので
迂闊に不特定多数にすすめられないかなと思っています。

まあ新しく知り合った人で、少年漫画を好んで読む性質で
グロ耐性と悲劇耐性があって、新しい知識を受け入れられる柔軟さを持っていて
かつ親しくなれそうな人だったら恐る恐るDグレを1冊貸してみたりするのですが。

Dグレも、人によっては凄く嫌がったりするものだから
すすめる相手の嗜好を見極める期間が結構かかりますね。


あ、山田玲司さんの「絶望に効くクスリ」シリーズなら大丈夫かもしれません。
インタビューなどを読むのが好きで、人間に絶望している人にすすめたいですね。
いやまあこれもダメな人はダメかなとは思うのですが。


■これだけは手放せない!という愛用の品は?

鉄の耳掻き。
これに慣れてしまうと竹やプラスチックの柔らかい物では物足りなくなります。
あと非常に忘れっぽいのでメモ帳とペン。それから眼鏡。


■あなたの好きなキャラに共通することは?

強いこと。


好きなキャラはかなり多岐に渡るし、年齢も外見も性格も性別もバラバラだけど
ある程度以上の強さがないと私の視界に入りにくいです。見ても覚えてなかったり。

「強い」というのは、周囲を圧倒する力であれば
筋力でも知力でも統率力でも技量でも、ジャンルは問いません。

あと、適度に気品のあるキャラが好きらしいと最近気がつきました。
強いのに何であの作品のこのキャラには心惹かれないんだろう?と思っていたら
どうやらそこが問題だったらしいです。


■PCの壁紙(もしくは携帯の待ち受け画面)は今なんですか?

仲良し。

だいぶ前に「無断欠席します。」のまひなるさんに頂きました!!
ふはははは!!パソコンの窓を閉じる度に幸せなんですけど私!!
羨ましい人は、まひなるさんの保管庫サイト「早退狂詩曲」の
こちらに同じ物が展示されているので
そこに行かれると良いかと思います!!
そして、リンク許可ありがとうございますまひなるさん!!


ちなみにこの壁紙を頂くまでは、4年くらい壁紙無しの真っ黒状態でした。
1ミリでもメモリ節約して起動スピードを上げる為です。
スクリーンセーバーなどの余計な物も全部切ってます。(外観より効率優先派)


■現在欲しいものを教えてください。

ジャンプ本誌でのクロウリーの正確な情報。あればあるほどいい。

利き腕とかシンクロ率とか行動パターンとか対人会話スキルがどのくらいかとか周りの人間にどう認識されているかとか周りの人間をどう認識しているかとかエリアーデに対しての現在の認識状態とかウィンドウショッピングでは主に何を見るかとか図書室にいったらどんな本を読むのかとか

すみません書きすぎました。オタクでごめんなさい。


■今までの一番の大失敗は何ですか?

…思い出そうとするだけで心が死にそうになるので勘弁してください…。(涙目)


■一番最後に聴いた曲(もしくは今聞いている曲)は?

思い出せないです…。
曲は、自主的にはほとんど聴かないので。

街を歩いていたらたまたま耳に入った曲は、ここに上げるのは違うでしょうし。
テレビを見ていたら流れる曲は、目的がテレビの情報で音楽はオマケだから
それを上げるのも違う気がしますし。ううむ。
音楽流してると文章情報が頭に入り辛くて困るんですよね。
聴く時も、歌詞を本のように読み返すのが目的で
曲はオマケくらいに思ってたりします。


■普段読んでる雑誌ってありますか?

週刊少年ジャンプ。と、あとは本屋で気になった雑誌を買ったり買わなかったり。
仮面のメイドガイ8.5巻目当てでドラゴンエイジを買ったり。
ファンロードは立ち読んでみてから面白そうだったら買います。
今月(先月?)は吸血鬼特集で、大辞典にクロウリーの投稿が三つありました!!


■お勧めの動画や映画を教えて下さい。

すすめる相手によりますね。

敢えてマイベストを上げるなら、「マイ・フレンド・メモリー」を。
能力の違う異端者同士が、互いを尊重しながら助け合う話が泣くほど好きです。


■最近のマイブームは?

アレイスター・クロウリー三世 (28歳・エクソシスト)

それと
ホームページ運営における問題点やトラブルなどの体験談記事の閲覧。


■このバトンを回してくれた人はどんな人?

はじめて不和さんを知ったのは、アレイスター・クロウリー・アンソロジーでした。
皆が普通のカラーイラストを描かれている中ですごろくを描かれていたりして
「えっ、何この人、面白い!」というのが第一印象でしたね。
(異色なものに興味を抱く性質なので)


■大好きなキャラは?(版権・オリジ問わず)またそのキャラに一言!

アレイスター・クロウリー三世 (28歳・エクソシスト)

…あの人が好きです。
見ていると凄くワクワクしたり心配になったり嬉しくなったりして、心が動きます。

「観察」は、受動だけで動きが無いんですよ。動かないのは死んでいるようなものです。
でもクロウリーを見ていると、私の感情が激しく動いて行動を起こしたくなるんです。

「動く」ことが、「生きている」ことだと私は考えています。
たとえ生命を維持していても、植物人間状態なら
私にとっては死んでいるのとほぼ同じなんです。

…まあ色々あって、もう絵は描かないつもりだったんですよ。
実際長い間描いてませんでしたし。迷惑をかけないようただ見るだけにしよう、と。
そんな私をネットの世界で生き返らせたのはクロウリーです。
だから、クロウリーにもできるだけ長く生きていて欲しいと願っています。

クロウリーが好きです。
週刊少年ジャンプで連載されているD.Gray-manのクロウリーが好きなんです。
彼をできるだけ正確に理解したいといつも思っています。


■バトンを回す5人を絶対に指名してください。(アンカー禁止)

すみませんがアンカーで!
あと「一言」が全然一言じゃなくてごめんなさい!
カテゴリ: コメント返信  2008/07/03(木)
メールフォームからコメントをありがとうございます。



「◆漫画/■絵・文」があまりにもごちゃごちゃなので
もうちょっと分類して整理整頓した方がいいかなあと思いつつ
並べ替えると昔の絵と今の絵が隣り合ったりして
やたら恥ずかしくなってしまうという。ううむ…。

とりあえず今の所は、分類は「ダブルパロ」と「贈り物」だけで
「頂き物」項目は作らない予定です。
個人的には「作品」は書いた人本人のページで見たい派ですし。
(くろいさんから頂いたアレンと子クロの小説は、ちょっと特例で)


コメディとシリアスは、黒と白で区別が付くかなと思うので
わざわざ分類しなくてもいいかな、と考えています。
あんまり厳密に分けだすとキリがないですし。

カテゴリ: サイト掲載物  2008/07/04(金)
ジャンプ31号のDグレファンブック宣伝ページにて
設定変更のお知らせが。

<重版に関するお知らせ>
重版分より「クラウド・ナイン」の身長及び体重が変更となります。
正しくは「身長:173㎝・体重:59㎏」となります。お詫びして訂正申し上げます。


やたら小さい?と思ってたら間違いだったらしい。
まあ確かにあれで165㎝だったら小さすぎるから妥当な修正かな。
これにヒールが付いたらちょうどいい高さになるのだろう。

キャラクター身長対比表を直すついでに体重情報を追加。
こうして見ると千年伯爵って軽すぎるような…?
これの倍はあっても良さそう。やはり体が真っ当な人間ではないからかな。

あとルベリエが戦闘員でもないのに結構重いのと
ティキがやたら軽いのが気になる。
クロウリーは平均的かな。筋肉はあるけど付きすぎていない感じ。

11巻98夜でクロウリーが4人+レロを抱えて走った時の
かかった重さは228㎏以上かー…。
数字だけで言うならソカロ元帥とスキンの二人を担いで走るより重いわけで。

あの時、全員を抱えてくれたのが本当に嬉しかった。

子供達だけで戦うというシチュエーションも好きだけど
パーティーにああいう大人が一人いてくれるというのも凄く良いなと思う。
ちゃんとアレン達を「エクソシスト様」じゃなくて「子供」だと認識してくれるような。
カテゴリ: 本誌感想(146夜~178夜)  2008/07/05(土)
■Q1:159夜(ゾンビ編冒頭)で
 クロウリーがベッドに縛りつけられていたのはなぜか


→不明。昏睡中だったのだから斧少女がやる意味も無いし。
今後の原作で理由がわかるかもしれないが、分からない可能性もある。


■Q2:アレンが最初ゾンビ化を発症しなかったのはなぜか

→アレンは2回目でしっかり発症している所を見ると
左腕のイノセンスが感染を軽減していたのかもしれない。


■Q3:感染した元帥達が喋れたのはなぜか

→元帥3人に共通するのはシンクロ率が最低100以上ある事。
Q2から、イノセンスには感染を軽減する力があるかもしれないから
シンクロ率が高ければ高いほど正気を保てるのかもしれない。
(噛みたいという欲求は抑えられないようだが)


■Q4:クロウリーがアレン達と遭遇した時、喋れたのはなぜか

→:Q2、Q3から見て、クロウリーはイノセンスのシンクロ率が
100近くあるのではないかと考えられる。
ヘブラスカが反応していないから100を超えてはいないだろうけど。


■Q5:ソカロ元帥が最初戦うだけで噛もうとしなかったのはなぜか

→コムビタンDの効力は「理性までたちまち吹っ飛んでしまう」。
他の人間はそこまで強い欲求が無かったから「噛みたい」だったけれど
ソカロは普段から強い人間と殺し合い(虐殺ではない?)をしたいと激しく思っていたから
薬で理性が飛んで、そちらの欲求の方が先に出てしまったのではないかと思われる。

163夜で噛んだのは、アレンが倒れて反撃できなくなったから
「殺し合い」ができなくなったので、第2欲求である「噛みたい」が出たのかもしれない。


■Q6:クロウリーが最初、扉の向こうで
 「私である あけてくれ…」と通常時のフリをしていたのはなぜか


→クロウリーはゾンビ中も通常時。
前髪が上がっていないならそれはイノセンス補正の入った発動時ではない。


■Q7:なら何故クロウリーはアレン達を噛むのではなく攻撃したのか

→おそらく、だけど

アレン達はどこだ、と心配しながら散々探してやっと見つけたから
怯えさせないよう気をつけながら「あけてくれ」って言ったのに
返事もせずになんかグチャグチャ押し付けあってたから(全部聞こえていた)
「そんなに…、そんなに私がイヤなのであるか?」と腹が立って殴ったのかもしれない。


■Q8:感染時クロウリーに羽が生えていたのはなぜか

感染が解けると無くなっていたが、感染者だと羽が生える訳ではないらしい。
161夜のコムイの「第六感とか?」を見るに、
感染源の人だけが特殊な外見になるわけでもなさそう。
(そうだとしたら「羽が生えているのが感染源だ」となって一発で見つかるから)

アレンのマントのように、クロウリーの闘争心で生えるのではないかなと思うけれど
実際の所は不明。本誌での情報待ち。


■Q9:161夜でアレンが
 ベッドに鎖で縛り付けられたクロウリーの夢を見たのはなぜか



私が知りたいんですけど。


何だあれ!!何だあれ!!!!
どんな説明があるのかと思ってたら完璧投げっぱなしじゃないか!!
斧少女が囚われたクロウリーに対して共感したとかそういうシーンも無かったし!!
斧少女がアレンに対して分かって欲しいと願ったとかそういうシーンも無かったし!!
(そもそも斧少女がアレンを個人として識別しているのかどうかも怪しい)
普通に斧少女の夢を見るとかなら展開的にも納得できるけど
そこでクロウリーが裸で縛られている必要がどこにある!!!!
ううう、アレンを連れてきて「クロウリーに対してどう思っているのか」を根掘り葉掘り聞き出したい…!!
別に包帯姿でも教団支給の服でも襟がヒラヒラした服でも団服でもいいと思うのに
何であれ裸だったんだ…。いやズボンははいてるかなと今は思うけど。
私は一体どう解釈したらいいんだろう…。


――――――――――――
まあ、差し当たってはこの位かな。
アレンの夢はもう難しいかもしれないけど、せめて冒頭のクロウリーが
何故あんな風に縛られていたのかは是非明かして頂きたい。
フォロー無かったらコミックスの質問コーナーにハガキ送ろうかな。ううむ。


→続き:感染時クロウリーの心
カテゴリ: 細かい部分の予想  2008/07/05(土)
前記事:159夜~164夜 「黒の教団壊滅事件」残った謎


クロウリーは原液を直接飲まされていたわけだから
他の人より薬の影響が強く出ていてもおかしくないのに
「噛みたい」よりも
「アレンとラビはどこだ」という欲求の方が強かったのか、と思うと
非常に切ない気持ちになる。

ソカロが「噛みたい」よりも「殺し合いたい」という欲求の方が勝っていたように
クロウリーは「噛みたい」より「二人の無事を確かめたい」だったのか、と。

それが貴方の「欲求」なんですか。

クロウリーは、あんなに酷い目にあっていたのに
「怖かったである」とか「寂しかったである」とか、そういう自分の事は全然言わずに
ただ「無事だったか! 良かったである!!」と泣いて抱きしめていた。
どう見ても様子がおかしいし、周りに異常なゾンビが山ほどいたのに
そういうものには全然気がつかないで。

なんてまっすぐな人なんだろうと思う。
全てをまず疑ってかかる自分とは全然違う。

まっすぐなのが必ず優れているとは思わない。
実際、クロウリーはアレン達に噛まれて再感染していたし。
私がクロウリーの立ち位置にいたらあんな失敗はしない。
ちゃんと距離をとってアレン達を正気に戻す方法を最後の最後まで考える。
たとえ好きな人でも噛まれて正気を失うのは御免だ。
そう行動すべきだと私の頭が判断を下すから。
でも、
多分、だからこそ、ああいうまっすぐなクロウリーが好きだ。



クロウリーとアレン達が再会した時の攻防は

「疑われた事に腹が立ったので、殺さない程度に一通り攻撃」
「まあ二人とも無事だったので安心した」
「微笑んだアレンに吐くほど殴られたので驚いて逃げた。(殴り返してから)」


この辺かな、と思う。
それで第1欲求が解消されたから第2欲求の「噛みたい」になって
コムイに対しては通常ゾンビと同じようになっていたのではないかと。

仲間の言動に腹が立ったから適度に殴るというのもいいと思う。
11巻100夜で「投げ込みます」と言われたのに腹を立てて敵に投げ飛ばしたのも
一石二鳥だからそれでいいと思うし。
相手が女性だったらまずいけど、普通に戦える男同士なら問題無いだろう。
相手にかすり傷一つ付けたくない、と避けられるより
私はそっちの方が嬉しい。
ちゃんと相手の隣に立てているような気がするから。

カテゴリ: 雑記  2008/07/06(日)
いや何と言うか、どうでもいい事かもしれないのだけど

D.Gray-manの『方舟』を、『箱舟』と書かれている人がとても多くて
細かくて申し訳ないのだけどすごく気になる………!!

何故『箱』と変えて書くのだろう。譲れない信念があったりするのだろうか。
そっちの方がカッコいいから敢えて変えているのだろうか。
単なる間違いにしては非常に数が多いのも気になる…!!


あと私のハンドルを最初カタカナで書かれる人が1%くらいの割合でいるのだけど
これも何故なのかがさっぱり分からない。何でそうなるんだろう。
そういう人は自分のハンドルが違う表記にされていても構わないのだろうか。


クロウリーを『クローリー』と書かれる人は殆どいなくなったように思う。ありがたい。
意味は分かるんだけど気になるんだ…!!その細かい違いが…!!
特に好きだと書かれているものの表記が違っていると物凄く気になる…!!

いや漢字間違いは私もやるから人の事は責められないのだけど。
『間違えていた』と気が付いた時に「ごめんなさいいい!!」と地の底まで沈むから
余計に気になるというか。


ついでにもう一つ書くと
大分前にリンクページを作った時、 リンクをはるのは
『張る』と『貼る』のどちらだっけ?と迷ったので
グーグルで『リンク 貼る 張る』と検索をかけてみて出た記事を読んだ結果、
ただアドレスの英数字を『貼り付ける』だけではない
自分のサイトと相手のサイトを繋ぐリンクは『張る』で統一する事にしたりしてました。
(まあこの辺は『リンク』をどう捕らえているかという好みの話かなとも思うけども)

%url