D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2016/04/15(金)
■前記事⇒ インスタの談話室用キャラ宛て質問募集(1日限定)で大変だった話

前記事で「4個目と5個目の私の質問コメントが消えていました」と書きましたが、どうやらインスタに書き込んだコメントが消えたのは私だけではなかったようです。


こちらのコメントは質問募集日当日に確かに見た覚えがあります…!
そして昨日晩と今朝の2回、改めて確認しましたが、上記のらなさんのコメントはどこにも見当たりませんでした。

不具合が起きまくっていた私と榴さんだけならともかく、何の問題もなくコメントを書き込めていたはずのらなさんのコメントまで消えていたとは…。
締め切り時間直前に代理投稿をお願いした私のクロウリー関係質問コメントは3つとも残っているのに…。

もしかしたら、星野先生のインスタに書いたはずのコメントが今消えてしまっている人は他にもいらっしゃるかもしれません。

(´;ω;`)

星野先生に読んで頂いた上で採用されないならともかく
読まれもせずに無かったことになるなんて悲しすぎる…。

ちなみにパソコンだとインスタのコメントは(私の環境だと)途中までしかさかのぼれませんでした。スマホからなら多分これで全部かな?と思える所までさかのぼれます。


私が送った(送りたかった)クロウリー関係質問文


■質問1

こんにちは。キャラへの質問募集ありがとうございます!ものすごく嬉しいです!
■質問:16巻159夜コムビタン編冒頭で、長期昏睡状態だったはずのクロウリーが流血して鎖で縛られ隔離されていたのは何故でしょうか。クロウリー自身が夢遊病状態で暴れたから仕方なく処置されたのでしょうか。それとも、あれはあの幽霊がやったのでしょうか。


普通に入院していただけならああはならないよね?!Σ(゚□゚; )
ラビ達と同じ病室のベッドで寝ていたはずなのにあんな所に隔離されて…。コムビタン編が進めばそのうち理由が分かるのかと思っていたら最後まで分からなかったし。上半身裸にされて包帯も破れて流血してて…。クロウリーをあんな目に遭わせたのは誰だよ!!\(`;ω;´)/
あっでもクロウリー本人が暴れて他の患者に迷惑をかけていたならすごく謝りたい。


************************************
■質問2

3巻談話室7で「寄生型は大食い」と書かれていましたが、クロウリーとティモシーもアレン並みに食べたりするのでしょうか?
(クロウリーはアクマの血・ティモシーはツキカミがアクマの魂を食べるのでそれでエネルギー補充できるから沢山食べなくても大丈夫なのかなと考えています)


クロウリーとティモシーは漫画本編での大食い描写が全く無いからこうかな、と思ったのですが大食いではないという確実な描写があった訳でもないんですよね。
方舟戦のあとの病室で、クロウリーは常人ではありえないほどの空腹の腹の音を鳴らせていたから(14巻135夜)食べ物で寄生型としての栄養を摂取する事も可能ではあると思うのですが。


************************************
■質問3

17巻162夜でコムビタン感染時のクロウリーに血で出来たような羽が生えていましたが、あれは感染時でないクロウリーでも頑張ったら出せたりするのでしょうか。それともあれはコムビタン原液の副作用なのでしょうか。

あの羽超カッコ良かったから是非また見たい!!\(゚∀゚*)/
両手を血でコーティングできる程のコントロール力があるなら不可能ではないはず!!
(11巻105夜参照)
問題があるとすれば、血でイノセンスの羽を作った所で見た目カッコいいだけで戦闘の役にどう立たせたらいいのかさっぱり分からない所かな…。
(高い所から落とされた時グライダーの羽替わりにはなりそう)


************************************
■質問4(※次の日見たら消えていた)

12巻ジャスデビ戦のブラッディクロウリーは現在のクロウリーでも自分の意思で発動させる事ができるのでしょうか。超カッコ良かったので是非また見たいです!!

Q.この質問必要だったんですか?
A.必要だよ!!
  質問兼ファンコールでブラッディーの評判を1ミリでも底上げする為に!!

それに、もしこれで出来るよって言ってもらえたら、漫画本編でこの先クロウリーの戦闘シーンが全く無かったとしても(ネガティブ)「きっとどこかでブラッディー化して超カッコ良く活躍しているはず!」って画面に出ていない所を想像して自分の心を保つことができるし…。


************************************
■質問5(※次の日見たら消えていた)

クロウリーは11巻ジャスデビ戦で吸血鬼と呼ばれる事を嫌がっていたのに、2015年10月16日のハロウィン絵で、そのまま着るだけで吸血鬼コスプレになるような私服を持っていたのは何故でしょうか? / 何度も質問してしまってすみません…!私も1コメントするたびに何故かブロックがかかります。

吸血鬼って呼ばれるの嫌だったんじゃないの? (´・ω・`)?

予想1:もう全然気にしてない。吸血鬼みたいに思われてもいいよ!
予想2:ジョニーがノリノリで吸血鬼ルックの服を作ってくれて断れなかった
予想3:「この服は胸元が温かくて良いであるなぁ」単に好みの服だった


************************************
■質問6(※以下3つは代理投稿をお願いしました)

10巻91夜でアレンが鍵を使って扉を開けた後、92夜でクロウリーが鍵で扉を開けて、その後すぐアレンに鍵を返しているようなのですが(99夜でアレンのポケットに入っていた描写)、二つ目の扉をアレンでなくクロウリーが開けたのには何か理由があったりするのでしょうか?(特に意味は無かったらすみません)

アレンが初めの扉を開けた時、なんかボンッとなって楽しそうだったから「(わ…私もやってみたいである!)」と内心ワクワクしてアレンに鍵を借りたけど、二つ目の扉はボンッとならなかったからガッカリして鍵を返したのかなと思ってました。


************************************
■質問7

クロウリーのアクマの血による傷修復は、セカンドのように部位切断も回復可能なのでしょうか?(5巻エリアーデ戦で右腕がペラペラ→41夜のイカサマパンツ1枚、42夜の「すごいであるアレン!」の時は右腕が無いように見える)(ミイラ状態の腕が付いていたらティキ達にも引かれてそう)

これは以前他のクロウリー好きさんと討論したんですよね。

過去記事⇒ クロウリーの回復能力限界
        クロウリーの回復条件

私は部位切断回復派なのですが、ぶっちゃけ私の好みによる願望がかなり入っているので部位切断に対応できない可能性だって充分高いんですよね。
どっちなんだろう…と7年ぐらいずっと疑問に思い続けています。


************************************
■質問8

クロウリーは(こちらの世界だと)人類史上最も有名な魔術師・アレイスター・クロウリーの孫ですが、御祖父様に魔術を習ったりはしていないのでしょうか?あの城には本が山のようにありましたし、クロウリーに魔術の知識があってもおかしくはないかなと思うのですが。

でもファンブックで教養1だったから無い可能性の方が高いかな…。(´・ω・`)
1世さんはクロウリー(3世)を城に閉じ込めておきたかったのだろうから、わざとそういった教育を施さなかったのかもしれない。

「魔術の知識があるクロウリー」って超カッコいいから私の願望としてはあってほしいのだけど!魔術書を読み解けるクロウリーとかクロスみたいな術が使えるクロウリーとか!

でもクロウリーってバリバリの肉弾戦タイプだからなぁ…。
今までの戦い方を見ても知性より腕力や特殊能力で強引に押し切っている描写が多いように思うし。やはり無理か。

しかしそうなると、クロウリーってなんで「アレイスター・クロウリー」の孫なんだろう。
魔術師アレイスター・クロウリーと吸血鬼って全然関係なさそうだし。クロウリーに魔術師設定を完全に使わないのならわざわざこんな有名人を御祖父さまにする必要はなかったのでは。

「クロス・マリアンは稀代の魔術師アレイスター・クロウリーと友人なのですよ!」という、クロスの設定補助の為にこうなったのかな。今の所それくらいしか思い当たらない。


他の人の質問コメント


私が書いた質問コメントは「キャラへの面白い質問」に当てはまらなそうなので採用の可能性は薄いかなと思いますが、他の人のコメントにクロウリーが回答で入りそうな質問が色々あったので、そちらも全力で楽しみにしています!25巻談話室にクロウリーの名が一言でも入っていれば御の字です!!\(゚∀゚*)/


■回答にクロウリーの名が入る可能性のある質問(要約抜粋)

・ミランダとクロウリーは友達?仲間?
・エクソシストやノア達の休日の過ごし方
・Dグレキャラの私服の好み
・団員の中で一番目が良いのは誰?
 (発動ありならクロウリーが1位か2位を取れるかも)
・皆の好きなお酒の種類
・最近クロウリーのメンタル強くなった?
・クロウリーが襟足をのばしているのは何故?
・皆の好きな入浴剤やお風呂の友
・エクソシスト達の戦闘時における街・建物 損害ランキング
・皆の就寝時間
・皆が一番好きな飲み物と飲めない飲み物は?
・ノアとエクソシストの、各自気に入っている服装(団服含む)
・各キャラの好きな花・イメージする花
・エクソシスト達が任務の時必ず持っていくもの
 (ミランダさんが170夜でキャンディを持っていたみたいなやつ?)
・皆の好きな色
・皆(主に男性)の筋肉量・体脂肪率
・新しい教団の皆の部屋
・エクソシスト達の意外な一面
・リナリーに質問!教団内でお兄ちゃんまたは弟にするとしたら誰?
・クロウリーは教団内でアクマの血を摂取する事もある?
・エクソシストの皆のお風呂事情
・皆の髪は誰が切ってくれているのか
・Dグレキャラがこの世で一番恥ずかしかった経験
・エクソシスト達のシンクロ率
・師匠が明らかになっていないエクソシストの師匠を教えてください
・皆が好きな音楽
・ミランダ・クロウリー・ティモシーなどの言語はどうなっているのか
・科学班やエクソシストの週間スケジュール
・神田ゴーレム以外のゴーレムの性格・持ち主の影響や相性
・エクソシストの中で団服を新調した数が一番多いのは誰?
・エリアーデの「皮」となった女性を呼び戻した時の悲劇
・クロウリーに質問。エリアーデにしてほしかったコスプレ

ぶっちゃけエリアーデの通常服が黒ナースコスプレみたいなものだからなぁ。
特殊コスプレより白ワンピースとかの清楚系が好みな気がする。(勝手なイメージ)
カテゴリ: 細かい部分の予想  2013/11/04(月)
24巻の談話室5で、クロウリーの団服はAKUMAの血を吸収しやすい特別製という話が出ましたが。


その発想は無かったわ!Σ(゚□゚; )


■原文
クロウリーなんかはすごく特殊で、AKUMAの血液をエネルギーに変換できる体質だから その血液だけを吸収しやすいよう特注の繊維を使ってるんだ。たぶん一番お金かかってるなー。(24巻談話室5/ジョニー)

確かにそれでもジョニーの証言と矛盾しないような…
しかしそれだとこう、見た目があまりよろしくないような気がする…!
星野先生が描かれたらかっこいいのだろうか。ううむ…。

実際はどうなんだろう。

2日の感想で皮膚からもAKUMAの血を吸収できるのではと書いたけど、それはジョニーの証言から勝手に推測しただけで実際にそんな描写が本編にあったわけではないしなぁ。

あっでもブラッディモードでならあった!!
12巻108夜に、ブラッディクロウリーがジャスデビのお腹に手を突っ込んでAKUMAの血を吸収する描写があったよ。
あの時イノセンス本体の歯はアイアンメイデンに置き去りだったわけだから、歯(=口内)をわざわざ経由しなくてもクロウリーの「イノセンスが宿った血液」にはAKUMAの血を変換吸収できる力があるわけで。

ならクロウリーは皮膚の毛細血管を通してAKUMAの血を吸収しているのかもしれない。

これなら設定的にも無理がないような気がする…!!
まあ本当にそうなのかは実際に本編で描写されるまで分からないのだけれど。
皮膚吸収できるといいなぁ。その方がかっこいいし戦場で活躍できそう。
噛みついて吸うのも吸血鬼っぽくてかっこいいんだけどね!
カテゴリ: 細かい部分の予想  2012/04/18(水)
クロスやマナが年齢不詳なのは分かる。謎解きに関わる部分だろうし。
でもズゥが「年齢不詳(20巻116ページ)と明記されているのは何故だろう。

…というわけで漫画内のヒントからズゥの年齢を割り出してみた。

ついアルマも描いてしまった

「あたしお前さんより年上なんだけど?」(19巻186夜/フォー)
 ⇒ ズゥの年齢は100歳以下

・トゥイは9年前に39歳だった → トゥイが産まれたのは48年前

トゥイとは生まれる前から決められた許婚だった(20巻46ページ/エドガーの事)
 ⇒ 家の都合で生まれる前から許婚がいたのなら、ズゥ弟(トゥイの父で本家の血筋)
   にも許婚がいてトゥイと同じく20前後で結婚して子を作らされた可能性が高い

・逆算するとズゥ弟の誕生年は、約70年前~それ以前の数年間

・兄であるズゥは弟より前。そして兄弟で20以上離れているとは考えにくい
(可能性としてはゼロじゃないけど確率的に見て)

■結論:ズゥの年は70から90の間で、推定年齢は約80歳。

************************************

「守り神」を作ったバクの曽祖父の年齢がいくつか分からないから確実とは言えないけど、とりあえず現時点ではこの辺で。

ズゥが現在80歳ならルベリエとは30歳差か…。
若き日のルベリエの教師だった(20巻116ページ)そうだけど、いくつの時の話なんだろう。
ルベリエが20歳の時だったらズゥは50歳くらい?

14番目の過去編は何年前くらいになるかな。

・35年前に14番目がノアをほぼ皆殺しにして死亡
・マナがノアに巻き込まれてない最低年齢が17歳?
(小説3巻/17歳までは平和な記憶がある)

213夜のネアっぽい子は10歳くらいに見えたから最短でも42年前くらいかな。
約40年前ならルベリエ10歳、ズゥ40歳か。この頃の2人も見たいなぁ。
強い権力でバリバリ活躍してたズゥってどんな感じだったんだろう。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/10/25(月)
以前「レス: アルマとあの人の自我/14番目の発動条件」で「イノセンスの命名権は適合者にありそう」と書いたのですが、その直後に「誓いの子守唄」のモヤシッ子さんからツッコミを頂きました。(以下引用)

>一つ前の記事に、イノセンスの命名権は適合者にある、という節のことが書かれていたのですが、確かイノセンスの命名権は

寄生型→適合者

装備型→教団

じゃありませんでしたっけ?
不甲斐ないことに詳しい出所は忘れてしまったのですが、とりあえずファンブックの黒の教団機密用語集では、“装備型:身に着けるイノセンスの型。武器名は教団がつける”となっていました。

なので神田のイノセンス名は神田がつけたものではないのでは…


以下、ファンブックの黒の教団機密用語集188ページ「装備型」から引用。

装備型 身に着けるイノセンスの型。武器名は教団がつける


本当だー!!!Σ(゚□゚; )

すっかり忘れていた…!ありがとうございますモヤシッ子さん!!
そして引用許可をありがとうございました!遅くなってすみません!!

************************************

装備型と寄生型はタイプが違うだけでどちらも同じイノセンスなんだし、寄生型の人だけ自分で命名してもいいという特別扱いにはならない気がする。
自分で名付けた方が感情移入できてシンクロ率が上がるというなら、加工でシンクロ率が落ちる装備型にこそ自分で命名させるべきだし。

となると、「クラウン・クラウン」などの命名は普通教団側がするものであって
ファンブック43ページの

クロウリーのイノセンスは牙。これでアクマの血を摂取し、肉体を強化する。イノセンス名がないのは、本人が恥ずかしがってつけない為。

というのは

「ねえねえクロウリー、キミのイノセンスの名前なんだけど「吸血ノ牙(ヴァンパイア・ファング)」とかどうかな?」
「いや、それはちょっと…恥ずかしいである」
「じゃあ「不滅ノ肉体(ノーライフ・キング)」は?」
「どうしても吸血鬼からは離れられないのであるか?」

とかそんな感じのやり取りがあって結局ナシになったのかな。教団側がいくつか候補を挙げたけど全部クロウリーに拒否されたというような。

そういえばラビのイノセンス解説がある36ページに

正式名称は『鉄槌』と素っ気なく、ラビは気に入らないのかほとんど使わない。

と書いてあったなぁ。
命名権が適合者にあるなら自分が気に入るような名前を付けるだろうし、そうなると命名権はやはり教団側にあるのか…。
まあ適合者が好きにつけていたらこんな統一感のあるネーミングにはならないだろうし。

…いや、でもそれなら装備型の欄に『武器名は教団がつける』なんて書かないか。
わざわざ装備型の欄にこれを書くという事は、やっぱり装備型だけが教団命名なの?

************************************

全員のイノセンスの名前を通して見ると、クラウドの『ラウ・シーミン』だけがどうも命名パターンから外れているように見える。
彼女のイノセンスは寄生型で、イノセンス名は教団じゃなくて彼女が名付けたから?

しかしそうなるとなんで寄生型だけ命名権があるんだろう。ラビみたいに自分のイノセンス名を気に入らない人が不公平に思うんじゃないのかな。
なにか自分で名付けないといけないような理由があるんだろうか。

************************************

それとも、イノセンスの命名権は教団全体じゃなくて『その武器をデザイン・設計した人間』にあるとされているんだろうか。

なら装備型はその武器を造った教団側の人間(神田で言うならズゥ)に命名権があるし
寄生型は自分でその形を決めるから適合者本人に命名権がある事になる。

うん、これが一番納得できるかな。それなら不公平じゃないし。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/05/11(火)
「目覚めるアルマの憎悪が 体内の卵核(ダークマター)
 エネルギーに変換されてるのだ…!!」
(194夜/バク)

「その魂は〈製造者〉に支配され
 罪に苦悩し 己の姿に絶望し 現実を憎悪する
 そんな魂のフラストレーションがアクマを進化させるエネルギー源になるんです」

(1夜/アレン)

上記の台詞から見るに、ダークマターの進化のエネルギー源は
魂のマイナス方面の感情らしい。
憎しみや苦悩、絶望が深まれば深まるほどレベルアップできるというような。

************************************

そしてダークマターと正反対のイノセンスなら、進化のエネルギー源はおそらく
「誰かを守りたい」「助けたい」「信頼」などの魂のプラス方面の感情だろう。
一言で言うなら他者への愛。
リナリーの黒い靴が進化した時も、アレンが神の道化を発動できた時も
クロウリーがブラッディークロウリーになれた時もそこに強い愛があった。

神田があんなに強いのにリナリー達のような覚醒イベントが起きてないのは
その辺の所為もあるかもしれない。
今の彼は深い憎しみや愛情に惑わされずに「任務で斬るだけだ」と割り切っているから。
(なのでその分寿命を削ってエネルギーを追加している)


あと、方舟が崩壊しかけた時にこういう台詞があった。

「“憎悪”…ッ イイ瞳だアレン・ウォーカァ~~v」(130夜/伯爵)
「憎しみで伯爵と戦うな」(130夜/クロス)

伯爵にとってはアレンの心が憎しみで一杯になるのは喜ばしい事で
クロスとしてはアレンは憎しみの心で戦わない方がいいらしいのだけど
これは、心が憎しみで満ち溢れるとイノセンスの本来の力が発揮しにくくなるからかもしれない。

************************************

つまり、アルマの心の憎しみを解き解して落ち着かせる事ができれば
アクマ化(?)したアルマをなんとかできるかもしれないと思うわけで。

アルマだって神田の記憶を見たわけだし、あの時は分かりあえなかった事でも分かってもらえる可能性がある。ユウが教団への憎しみを飲み込もうと思った事や、アルマの「一緒に死のう」という願いを拒否した事も。


いや「あんなおぼろげな記憶の為に僕を斬ったの…?」って更に怒るかもしれないけど。
どうだろう。やっぱり来月にならないと分からない…。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/04/26(月)
注意:この記事は「Continue」の設定ネタバレが少しあります


星野先生は、D.Gray-man連載前にリナリーの髪型を絶対ベリーショートにするつもりだったのにY氏に押し切られてロングヘアに変更している。

Y氏「今となっては良かったでしょ?長かった方が」
星野「え!?何でですか?私はやっぱり短い方が…。今はショートのリナリーを楽しく描いてますよ。最初はY氏の意見に納得できないまま“コノヤロー!”と思いながら髪を長くしたんですけど、ずっと”いつかは私のリナリーを返してもらうぜ!”って思っていたんです。

(D.Gray-man公式ファンブック「灰色の聖櫃」200ページより引用)

そして上記と似たケースで、星野先生はどうしてもゾンビが描きたかったのにやっぱりY氏に押し切られてDグレを描くことになってしまっている。

星野「その連載用ネームで、私は“『Continue』がやりたいです!ゾンビが描きたいです!!”ってずーっとY氏に訴えていたんですけど…」
Y氏「“ダメだ”って言ったね(笑)
星野「そう!”取りつく島がないってこのことか!”と。Y氏は(『Dグレ』の原型ネームを指して)”これ書きなよ”って感じで聞く耳もたなくて。それでも”ゾンビを描きたい!”って言い続けていたら…」
Y氏「”もう『Continue』でゾンビ描いたじゃん”って(笑)
星野「あー!そう言われた!!そういうこと言われたんですよ!」

(D.Gray-man公式ファンブック「灰色の聖櫃」199ページより引用)

■Continueのゾンビ設定■
  • 一度死んだ主人公が白点という異星人と契約して生き返る
  • 生き返った主人公は不死身のゾンビで、大怪我をしたり腕や脚が取れたりしてもすぐ治る
  • 痛覚はそのまま
  • ゾンビといっても肉体腐敗はしていない。生きていた時とほぼ同じ新鮮な体

つまり、星野先生はこういう「大怪我や肉体欠損を即座に回復できるゾンビ」をどうしても描きたかったからこそ「いつかは私のゾンビ設定を返してもらうぜ!」という事で
神田ユウがああいう超回復体設定を与えられたのではないかと思うわけで。

************************************

まあぶっちゃけ私がそういう設定を好きだからそう思うだけなんだけどね!!
(関連: クロウリーの回復能力限界

いや何と言うか超能力ではテレパシストが好きとかRPGでは武闘家が好きとか
メイドはロングスカート派とかスパロボでは回避能力より耐久力派とか
そういう単なる漫画キャラクターの設定に関する好みなのですが。
もしチャオジーやジョニーなどが神田みたいな超回復能力持ちになったら2割り増しで好きになりそうですし。(何を言い訳しているんだ)

クロウリーも肉体欠損が治る設定だと思うんだけどどうかなぁ…。星野先生がもし本当にそういう設定を好きなのだとしたらクロウリーもそう設定してそうなのだけど。
治る設定だと戦闘シーンのたびに何度も派手な演出ができて描きやすいだろうし。
緊張感が下がるからダメかな。ううむ。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/04/15(木)
「すでに再生能力の呪符は完全に肢体に定着している
 修正は手遅れだ」
 (191夜)

Q.「再生能力の呪符」なんてものがあるなら他のエクソシストにも付ければいいのに何故そうしないのか。
 「寿命が減るから」と言っても、致命傷を負ったマリみたいな状況なら
 長生きさせる事より今死なせない事の方が大事だろうし。

A.再生能力の呪符は、普通の人間には後付けできないのかもしれない。

もし普通の人間にあんな呪符が付けられるのなら、中央庁に忠実な鴉やファインダー達が回復体化していてもおかしくない。エクソシストとしての能力がなくても、あの回復能力さえあれば教団レベル4戦で神田がコムイを庇いきったくらいの働きはできるだろう。

つまりアルマ達の肉体は、最初から「再生能力の呪符用」に設計して造られているのではないかと思うわけで。


Q.ならアルマやユウみたいな「再生能力の呪符を付けられる子」を量産して回復強化体の軍隊をつくりあげないのは何故か。

A.成功率が低い+反乱防止?

アルマやユウは子供だったから脱走しても鴉の呪符で取り押さえられたけど
ああいう回復強化体の人間が何人もいて知恵をつけ鍛錬を重ねたら、鴉では取り押さえられなくなるからかもしれない。数が多ければそれだけ反乱の可能性は高くなるし。 
孫悟空の金冠のような制御アイテムを付けられればいいのかもしれないけれど、そんな事が可能ならアルマとユウにも仕掛けているはずだ。
それをやっていないという事は、おそらくセカンドにはそういう制御アイテムが付けられない。(付けても肉ごと引きちぎれるとか) 

アルマやユウにまともな教育を施さなかったり戦闘訓練を受けさせていなかったのは
その辺の所為もあるだろう。


Q.回復能力を付けた子供に、中央庁に忠実になるよう教育を施したらどうだろう

A.子供はなかなか親の理想通りには育たない
その子供が生まれつき他を圧倒できる強い肉体を持っていたなら尚更。


************************************

アルマ達の肉体元になった子がどう造られたのかはすごく知りたいけど
物語の本筋にはあまり関係がないからこのままうやむやになるかな。
おそらく来月で神田過去編は決着だろうし。肉体元の話を差し込む余地が無い。

できればその辺をコミックスのおまけページとかで書いてもらえないかな…!
再生能力の呪符の詳しい仕組みや成り立ちなんかも聞きたいのだけど。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/02/23(火)
「-Your ROSY lips.」のくろいさんの日記に気になる部分があったので
お願いして転載許可を頂きました。ありがとうございます!

以下の引用部分はくろいさんの2010年02月17日(水)の日記
「今更サードたんたちの名前について。」からです。


どっかでもう既出になってそうだけどとりあえず書いとく。


――――サードたんたちの名前って「和文様」からきてるのか?
と、ちょっときっかけがあったので調べてみた。以下予想。

トクサ…十草/とくさ
キレドリ…裂取/きれどり
ゴウシ…格子/こうし
マダラオ…斑/まだら
テワク…立涌/たてわく

これ、全部和の文様らしい。簡単に説明すると。
十草はストライプ。
裂取りはパッチワーク。
格子はチェック。
斑はブチ。
立涌はウェーブ。
みたいな感じ。(きちんとしたことは各自ググってくれい)
上二人以外は若干元から変わってるけど、音はかなり近い。あと5人でテーマ揃ってる感じそれっぽい。しかも和=日本だし。
確証はさっぱりないが、……若干ぽい気がしないですか。
うーん。まあ合ってようと合ってまいと、だから何だっていう話なんだけど。

なるほど、ストライプにチェックにブチにウェーブに…

…パッチワーク?

あれ なんか一人だけ微妙に違うような。

裂取り参考(京都きもの工房)
こういう風にいろんな柄を繋ぎ合わせたのが「裂取り」?

「発動できないトクサに生き続ける意味はない
 だから吸収して体内のアルマ細胞を私が引き継ぐ」
(187夜/マダラオ)

他のサードが全部柄の名で、「キレドリ」がそれらを繋ぎ合わせた物の名という事は

キレドリが描き易すぎる

最終的にはこうなるという事だろうか。

トクサの両腕はもう復活できないし、現在の北米支部戦を生き延びたとしても
このまま生き永らえるよりは誰かに吸収される道を選ぶだろう。
アレン一人がどんなに止めたとしても。
他のサード達も両腕を落とされれば、最後に生き残った者に躊躇なくその身を託すのだろうし。


…でもマダラオ達は全員生き残ってほしいなぁ…。
今回の北米支部戦で「やっぱりアルマ=カルマ関係は危ないからサード計画は中止」という事になってくれたらトクサは死ななくてすむかもしれないのだけど。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2010/01/27(水)
以前14番目はどんな性格かという質問を受けたので
その時思っていた事を色々書いたのですが
(関連 レス: 「ノアって変態ばっか」→14番目はどうなの?

MiyakoさんのpixivBlog」のMiyakoさんに根拠を聞かれたので書いてみました。
190夜現在なら私はこう思う、というだけなので後に覆る可能性あり。
全然違ったらすみません。

************************************

■ 口が上手くて有能で優しいが、それは根底の冷酷さを隠す為の仮面

「無理すんなよ… オレはさ 何があっても味方だから…」 (19巻187夜)
この台詞だけ見ると思いやりがあって優しいっぽい。そして微妙に上から目線。
ロード以外の他ノアは伯爵の凄い力に恐れを抱いたり目上として敬語を使ったりしているのに(※してない人もいるけど)こんな風に、安心させる目的で「味方」と言えるという事は、ノアの中でもかなりの実力者。そして千年伯爵の役に立てる有能さがあるはず。

6ヶ月かかってもターゲットに傷一つ負わせられないスキンやジャスデビレベルの実力ではとてもこんな台詞は言えないし、言ったとしても「口先だけ」という事で伯爵の心に深くは残らないかと。

そして、彼はかつてのノアの家族をロードと伯爵以外全員殺害している。
ロードを残していた所を見ると、伯爵を倒す為には他ノアを全員殺害する必要がどうしてもある、というわけでもないだろうに。

ただ、ここで厄介なのは、その性格というものを、そのまま素直に受け取っていいのかということである。その性格が思った通りのものなのか、あるいは性格防衛なのか、ということである。性格防衛とは、たとえばすごくアグレッション(攻撃性)が強い人は、内面が怖い人であるがゆえに逆に外向きに愛想をよくしたりする。つまり、自分を装うということが一方では起こり得るわけだ。

(和田秀樹「心理学を知る事典」より)

つまり、14番目の上記の台詞の優しさは
内面の残虐性をカバーする為の性格防衛だったのではないかと思うわけで。

心が読めるワイズリーとロードが居るから嘘をつくのは難しいだろうけど
裏切る前に彼らの能力を完璧に分析できていれば、どうにかしてその辺を騙す対抗策も取れるだろう。


■ 感情面で幼い部分があり勢いでやりすぎてしまう事がある

「オマエヲ殺シテオレが千年伯爵ニナル!!」(189夜)
伯爵やノア達に加え、教団の権力者が多数見ている場面でのこの台詞。
千年伯爵に14番目の存在を印象付けたかったにしても状況が悪すぎる。この先もイノセンスと黒の教団を利用したいのなら、せめて教団側の人間には見られないようにすべきだろう。
この辺りはどうも、伯爵の挑発に14番目が乗ってしまったような印象を受ける。
基本的には策を巡らすタイプだが、肝心な所で思慮深さが足りない。自らの力に対する驕りと過信が垣間見える。


■ かなりレベルの高い魔導士としての知識とスキルがある

14番目は、方舟に「14番目の秘密部屋」というコントロールルームを造っていた。
あの方舟はかなり高度な魔術(≒科学)で造られている。そんな方舟のコントロールルームを、伯爵に気付かれる事なく新たに造りだすというのは、かなり高度な知識とスキルが無ければ不可能だろう。


■ 兄好き

「14番目」がノアを裏切り
千年伯爵に殺される瞬間までずっと側にいた ただ一人の人物
それがマナ・ウォーカーだ
 (17巻166夜/クロス)

14番目がノアの仲間だった時には側に居なかったのに
ノアを裏切って死ぬまでの間ずっと一緒だったという事は
14番目の裏切りには、マナが大きく関わっている可能性が高い。

マナが何かしらの能力者で14番目はそれを利用していたとも考えられるが
コムイの為に教団で戦う決意をしたリナリーや
エリアーデへの思いの為に戦う決意をしたクロウリー、
アニタの遺言で戦う決意をしたチャオジー、
マナやアクマへの愛情の為に戦う決意をしたアレンというD.Gray-man物語の基本構造から考えると、マナに対しては好意を抱いていたと考えた方がしっくり来る。


■クロスに慕われていたが14番目の方は有能で便利な子くらいにしか思ってない

・「あ―――… ワルイがそこはまったく知らん」(17巻167夜/クロス)

「14番目の遺志を継ぐ者」というわりには、クロスはものを知らされてなさ過ぎる。
中央庁の監視を誤魔化す為の嘘とも考えられるけれど、その後の言動を見るとどうも本当に知らされてなかったっぽい。

14番目は、いつか必ずマナの元に帰るからマナを見守れとクロスに遺言を残した。
殺される直前までマナが傍に居たにもかかわらず。

これは、こういう風に言っておけばクロスがマナを守るという確信があったからだろう。
クロスは14番目にまた逢いたがっている。だからその好意を利用して、自分が戻るまでの間の護衛を押し付けたのではないだろうか。「マナを守ってくれ」というお願いじゃなくてああいう取り引きを持ちかけたという事は。

「千年伯爵に殺される瞬間までずっと側にいた ただ一人の人物」がマナだから、クロスは14番目の側にずっと居たわけじゃない。裏切った後で方舟の仕組みを教えたはずだから、少しの間はマナ・14番目・クロス(+ティム)の3人旅だったかもしれないけれど。
でもそれは、クロスが優秀な導士(+エクソシスト?)だったからだろう。導士でなければ方舟内の結界を解けないから。


■ 一見心を開いているように見えても、実は周囲に対する不信感が強い

「無理すんなよ… オレはさ 何があっても味方だから…」 (19巻187夜)
普段こういう風に言っていたなら、心を開いた演技はお手の物だろう。
だがその後、伯爵に秘密でコントロールルームを増設したり協力者のクロスにも詳しい転生方法を教えなかったりと、秘密主義な面が伺える。味方にすら真意を話さないというのは、根本的な所で誰の事も信用していないからではないだろうか。中央庁にいる老人もあまり重要な事は教わっていなかったようだし。


■ ノア入りする前の子供時代に酷い目にあっている

14番目は伯爵とロード以外のノアを全員殺害している。イノセンスの力無しで。
166夜のイメージを見るに、ノア入りした時はまだ子供だっただろうに。
ノア入りする前から何かの特殊能力に秀でていたのかもしれない。
そして、強力な性格防衛がかかっているのなら幼児虐待を受けていた可能性が高い。

マナにやたら固執するのは、異端者である自分を本当に受け入れてくれるのは
この世界にマナ一人しかいないと思い込んでいるからではないだろうか。


■ 一般常識に囚われず、自分のやりたい事を大胆に行動に移せる自主性がある

「オマエヲ殺シテオレが千年伯爵ニナル!!」(189夜)
あの言葉や行動力、実行力を最大限好意的に解釈するとこういう事かと。
常識破りにも程がある。


■ 美形で自信家。自分の顔の美しさを最大限利用できるしたたかさがある

ノア一の美形でパーティーでもモテるティキと生き写しなら14番目も美形だろう。
そして彼は189夜で伯爵の頬に手を触れて顔を寄せていた。自分の顔に相当の自信がなければこういう行動は取れない。この時はアレンの肉体だけど。
彼は182夜でもアクマの頬に手を触れていた。あれは生前の14番目の癖なのではないだろうか。


■ 他者の能力を自分の為に利用するのが得意

・182夜でアクマの能力を利用して伯爵にメッセージを送信
・方舟の能力を利用して江戸に接続し伯爵を足止め
・クロスの能力を利用してマナを見守ってもらう
・イノセンスの能力を利用して伯爵を今度こそ倒そうとする

観察力と応用力に優れたタイプと見た。

************************************

とりあえずはこんな感じです。もう少し情報が出ればあちこち修正できるのですが
現時点だとこの辺が限界ですね。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/12/16(水)
気付かなかったー!!

御宅のかがみ」の加賀見ミルアさんからこんなメッセージを頂きました。

美羽さんへのレスを読んでいて気が付いたのですが、とらみさんは(10巻89夜)レロ自身が伯爵の剣になったとお思いなのでしょうか?

レロが伯爵の剣に変化したのではなくレロ(傘)の下にある柄の部分が伯爵の剣に変化したのでと思います。剣が取り出された場面、傘が開き生地と骨組みの部分が残りました。
伯爵が剣を持っている時はレロに柄の部分が描かれていないようです、10巻~14巻と見直しましたがアレン達といる間も描かれていませんでした(ひょっとしたら見落としがあるかもしれませんが)
ロードと一緒に居る時は終始完全な傘の姿でした(3巻ミランダ編)なので、
レロ=カボチャと傘生地部分
伯爵の剣=傘の柄(持ち手)
なのではないかと私は思っています。ですからレロと剣は同時に別々に存在できます。
人間形態の伯爵が持っていたステッキ(19巻187・188夜)がレロが預かっていた伯爵の剣、の仮の形だと思います。ですから、美羽さんは預けていると解釈されたのだと思います

※ミルアさんの言及元記事: レス: 千年伯爵の皮問題と誤字修正魔

本 当 だ ー !!Σ(゚□゚; )

あわわわわごめんなさいその通りですミルアさん美羽さん!!私が間違えてました!!
き…気付きませんでした…。言われてみたら確かにそう見える…!
なんで分からなかったんだ私!!恥ずかしい…!!

ご指摘、本当にありがとうございました!!
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/12/15(火)
14番目の髪って何色なんだ

「千年伯爵は立ち止まらナイ」 (19巻188夜)

初めにこの台詞を見た時は単にアレンと対にしたのかと思っていたけど
よく考えてみたら

1.ノアの神が第1使徒アダムに「千年伯爵は立ち止まらない」というプログラムを入力
2.伯爵がたまにその言葉を自分に言い聞かせるように口にする
3.伯爵になりたい(?)14番目はその言葉を自分なりにアレンジして口癖にする
4.それを知らないマナが14番目に影響されて似た言葉を言うようになる
5.マナが育てたアレンに「立ち止まるな」という言葉が刷り込まれる

こういう経緯を辿った可能性もゼロではないような気がしてきた。

マナが、14番目とアレンの関係やいつか千年伯爵を倒すかもしれない事を知っていて
敢えてアレンにその言葉を吹き込んだ可能性も無くはないのだけど。

でも無意識に伝達された言葉であった方がドラマ性が高いかな。
ノアの神が伯爵に課したプログラムが、巡り巡ってその神自身を打ち倒す事になるのは
物語として美しいように思う。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/11/24(火)
灰ノ饗宴1のクロウリーのキャラクターファイル「嫌いなもの:寄生型エクソシストの血」というのを見るたびになんかちょっと楽しい気分になる。

いや、なんというかね。あのカッコいい発動クロウリーがアレンの血ひとつで「せっ洗面器~~~」なんて取り乱してしまっていたのがね。
アクマの血を吸って破壊したり装備型(ラビ)の血を吸って助けたり
ノアから盗られた血を吸い出したりと汎用性高すぎる吸血鬼キャラのクロウリーが
アレン・ウォーカーの血は吸えないんだなぁ、というのが楽しい。
「チキタ★GuGu」という人食いの化け物と不味くて食えない少年の絆を描いた
大好きな漫画があるのだけどついその辺を連想してしまう。

助けるにしろ倒すにしろ、寄生型である限り噛まれる心配がほぼ無いから
アレンにとってのクロウリーは吸血鬼じゃなくて似た悩みを抱える仲間なわけで。
アクマを壊したくて体が疼くのはアレンも同じだから(69夜)
捕食者と披捕食者という分け方をするなら、彼らは同じ「捕食者」だ。


14番目化とノアの血の味


まあ14番目が憑いている時点でその身体にも罪があるらしいから(184夜参照
今現在のアレンは吸えるのかもしれないのだけど。

あ、でもよく考えたらクロウリーはノア(ジャスデビ)の事を「噛み殺したいと血が騒いでな…」とは言っていたけどジャスデビの血自体を飲みたがってはいなかったような。
エネルギー源になるのはあくまでも「アクマの血」で、ノアの血を美味しく感じたりはしないのかな。
じゃあ例えアレンが14番目覚醒してもなんとなく噛み殺したくなるだけで
別に血自体が美味しくなるわけではないのだろうか。


吸い出す部分で味が変わる?


どうなんだろう…と思って総集編を見返していたら
35夜の「あなたは本当に吸血鬼なんですか?」「吸血鬼かだと…?」の後でアレンを噛んだ時は別にまずがってなかった。あれ?

ちょっと口に含む程度だったらまずくないのかな。よく見返してみたらアレンの左手を噛んだシーンだって沢山吸うまではまずがっていなかったし。
それとも最初の一口は別に普通だけど後からジワジワ猛烈に不味くなってくるタイプなのだろうか。

もしかして最初の時は「イノセンスの左手を吸ったから」まずかったのかな。
左手以外はまずくないのだとしたら35夜で普通に噛んでいたのも納得なのだけど。

そういえば「寄生型エクソシストの血がまずい」と言っても
クラウドのように体に直接イノセンスが憑いていない場合はどうなるんだろう。
猿(イノセンス)はまずくてクラウド(適合者)は普通に吸えるのか、両方駄目なのか。
もしイノセンスを直接噛まなければまずくないのであればクラウドも普通に吸える筈。


ダークマターとイノセンスが対なら


最初はイノセンスの同士討ち防止でまずく感じるようにされているのかと思ったけど
5夜で神田がアレンのイノセンスを傷つけた事を誰も疑問に思っていない所と見ると、おそらくイノセンスは同士討ちが普通にできる。
なら何故クロウリーにとってアレンの血がまずかったのか。

・アクマ(=ダークマター):美味しい  ノア(人間):普通 (噛み殺したい)
・        イノセンス:不味い    エクソシスト(人間):普通

こういう式になっているなら、アレンは「左手(イノセンス)以外は不味くない」のではないだろうか。
ノアの力で超人的な能力を得たノアの一族の肉体の血が普通の味なら
イノセンスの力で超人的な能力を得た寄生型も、イノセンス以外の肉体部分は普通の味なのではないかと思うのだけども。


まずいのは本当に「寄生型」なのか?


あと、クロウリーは「嫌いなもの:寄生型エクソシストの血」と書かれているけど
アレン以外の寄生型の人の血を飲み比べてみた事は多分ないだろう。
私が科学班の人間だったら何だかんだと理由をつけて全種類飲み比べてみてもらうんだけどそんな研究をしたがる人はあまりいなさそうだし。
もしそんな研究がなされていたらその資料奪い取ってでも読みたい。是非。

他の寄生型の血を飲んでみて同じように不味ければ問題ないのだけど
アレンは心臓の穴がイノセンスで塞がったりするほどの「異例」だし
14番目がその身体に何かしらの細工を施している可能性もある。


疑問点をまとめてみた


 A: アレンの血は全身まんべんなくまずい
 B: 左手(イノセンス)だけがまずくてあとは普通

 A: ちょっと口に含む程度なら大丈夫だけど沢山飲むとまずい
 B: ちょっと口に含む程度でもまずい。35夜は勢い

 A: 14番目(ノア)化したらまずくないor噛みたくなる
 B: 14番目(ノア)化しても変わりなくまずい

 A: 寄生型は全員まずい
 B: アレンだけがまずい

 A: アレンは今も昔も味が変わらない
 B: アレンは14番目化するようになって味が変わった
 C: アレンは14番目化(天パ髪)した時のみ味が変わるけどそれ以外は同じ

************************************

どうなんだろう・・・。
というか物語的に大分どうでもいい疑問だから最終回までハッキリしないままかもしれないのだけど。(可能性大)
ファンとしてはそういう細かい所も知りたいなぁ。
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/09/13(日)
「あの日のカケラ。」の秋桜さんが大変興味深いメールを下さったので
お願いしてここへ転載させて頂きました!
※秋桜さんはDグレ小説サイトの方です(NOT考察サイト)
※いやそんな事を言うならうちだって自サイトを考察サイトだと明言した事はありませんが!



以下の引用文はだいぶ前に頂いた秋桜さんのメールの転載です。
(すみません私がモタモタしてた所為で大変遅れました)

それとロードについてもよく考えます。
彼女のスペルはきっとLordだろうと昔思っていて、そのほうが上に立つもの、さらに意味には「公爵の子息、伯爵の長子」もあるのでイメージもつきやすいのではないかと考えていたのです。
ですが実際のスペルはRoadだったので、これはWalkerと対にしたかったのかな、と。

伯爵のシナリオ外の行動をして最初にアレンに接触し、葛藤を与えたのは彼女ですし、歳が明かされ ておらずノアの長子であるという立場。考え出すとキリがないです。


運命の道を歩き続けるWalkerに対してのRoad。
確かにこの二人の名は対っぽいんですよね。

「ダメレロ!大体 今回こいつらとろーとタマの接触は
 伯爵タマのシナリオには無いんレロロ!?」

「物語を面白くするためのちょっとした脚色だよぉ
 こんなんくらいで千年公のシナリオは変わんないってぇ」
(3巻23夜)

つまり、ロードは伯爵による人類終焉のシナリオを変えるつもりはないけれど
完全に従うだけ、というわけでもない。
そして、「奏者の資格」を持っていて自由に扉が造れるし
35年前に、伯爵以外で唯一14番目に殺されなかったノアでもある。


おそらく、ロードには伯爵のシナリオ(=ノア側の神のシナリオ)を
揺らがせる位の力があるんですよね。


彼女は今、アレンも好きだけど家族も特別というちょっと特殊な位置にいますね。
彼女がノアの家族(NOTノア側の神)よりアレンを優先する事は無いかなと思いますが
アレンがノアの神と戦う為の「道」になる可能性は、あるかもしれません。

千年伯爵はノア側の神のプログラムに従うしかないですし
他のノアや他の人間にはそういう力がありませんが
ロードは「人間としての自由な自我」と「異次元の道を繋ぐ力」の両方があるので。


※「千年伯爵と神のプログラム」についてはこちらで
関連記事: やっぱり千年伯爵はアクマなんじゃないかと思う件について

あとついでに書くと、私はアルファベットの羅列を見ただけで
脳が文脈の理解を拒むほどの外国語苦手人間なので
Road=道とWalke=歩く人の関連性については
秋桜さんにお聞きするまでさっぱり気付きませんでした。ありがとうございます…!!
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/07/07(火)
「すまんワトソン。中から招き入れてくれないか?」
「手伝いってそーゆーことかよ!?」
「しょーがないだろ!?吸血鬼ってこういうもんらしいんだよっ!!」
 
 (椎名高志著「GSホームズ極楽大作戦!!血を吸う探偵」より引用)

この間「(有)椎名大百貨店」を読んでいたら、ちょっと上記のシーンが気になったのでwikiで調べてみた。

吸血鬼 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

・初めて訪問した家では、その家人に招かれなければ侵入できない。

これか!!
そういえば聞いた事あるような気がするけど、すっかり忘れてたよ…!!

という事は、

「そうだ 私である…
 開けてくれ ドアを開けてくれ…」

「開ケタラァアコラァアー ドッカラデモカカッテ…恋…」
「さっさと開けりゃあいいものを…
 イライラさせおってこの…童ども」
 (17巻162夜)

コムビタンの時のこれは、もしかして吸血鬼パロディだったの?!
「どっからでもかかってこい」と「招かれた」から入れた、という。


いや吸血鬼に詳しい人だったら初見で分かったネタかもしれませんが
何というか私、「アレイスター・クロウリー三世」に採用されている吸血鬼設定は
 ・「パッと見が吸血鬼っぽい」
 ・「吸血で攻撃・回復」
 ・「霧化(=ブラッディー状態)」

このくらいで、あとは全然違うものかと思い込んでしまっていました…!!


よく読んでみたら

また、にんにくに弱い、太陽に弱いというのも同様に、ただ単に身体能力が人より優れていて、鼻がよく効き、目がかなり良い、という理由でできたものという説を唱える者もいる。

これもクロウリーに当てはまるかもしれない。クロウリーは以前、常人では見えない遥か上空のアクマを見つけていた(73夜)し。方舟でクロスに「肉体が超人化するイノセンス」とも言われている。五感全てが強化されていてもおかしくない。

それ以外の項目はあまり当てはまる部分が見当たらないけど、

・強力な魔法や魔術の類を操ることができる。

これができたら滅茶苦茶カッコいいんだけどどうだろう…。
28年間戦わずに引きこもってた箱入りお坊ちゃんだからやっぱり無理かな。あのアレイスター・クロウリーの孫(おそらく直系)なんだからその辺の知識や技術があっても設定的に不自然ではないのだけど。血統的には文句なし。

・血を吸われる相手には性的な快楽がある。

これは…無い、かな…。
前にアレンとエリアーデとラビが吸われてた時にはそんな描写なかったし。



予防法 (以下、「Charnel House 総合吸血鬼資料館」様のページより引用)

多くの場合吸血鬼は自分の遺族のもとに帰ろうとするので、残された遺族は服を変えたり、髪や髭をのばしたりする。

アレンとティムは髪を伸ばしてラビと神田は服を替えてたなぁ…。
これも吸血鬼パロディの一つだったのか…。

刺のある蔦でぐるぐる巻きにしたり、ロープで縛って動けないようにする方法もある。

クロウリーは黒の教団壊滅編冒頭で何故か縛られて身動き取れなくなってたよ!!

普通に死んだ人でも、あの世への旅の渡し賃や宿賃がなければ帰ってくる怖れがあるので、口の中にコインを含めてやる。

クロウリーは「56」と書かれた容器の蓋を詰められてた。
いやこれは関係無いかな。でも「口に異物を詰められる」という点でちょっと気になる。


吸血鬼の性質

 吸血鬼が特に活発に動くのは毎年5月5日の前夜である。これはドラゴン退治の聖ジョージ(ゲオルギウス)の日であるが、聖人の守護が効力を発揮する日の前の晩に吸血鬼が人間を襲うという迷信は、ちゃんと『吸血鬼ドラキュラ』にも取り入れられている。

黒の教団壊滅事件は、現時点だと個人的には5月後半かなと予想しているけど
もし星野先生がこの辺も考慮して設定を組んでいるとしたら、あの日が5月5日の午前二時であった可能性は高いだろう。リナリーの髪の伸び具合から見てもおかしくない。


防御法

他にも吸血鬼が恐れる物として、刺のある植物があげられる。何故だか知らないが尖った植物には霊力が宿っていると信じられ、特に刺のある野薔薇の蔓でつくった十字架は大いなる威力を持つ。また、薔薇の花弁と香りは悪に対する強力な武器となり、その花は酸のように吸血鬼を焼くことが出来るという。かの「薔薇十字団」の薔薇は超越的霊性のシンボルなのである。

こんな所にも薔薇十字団の影が…!!
「薔薇」と「超越的霊性」と言うと、どうしてもエリアーデを連想してしまうのだけど。

 次に、辛子・亜麻・人参・ケシ・黍などを撒いておく。亡者は何かにのめり込む性質を持っており、それらを拾ったり数えたりせずにはいられなくなるという。同じ理由で、ドアに魚網をかけておくと、吸血鬼はその編み目の数を数えるのに熱中してしまう。

めちゃめちゃ可愛いんですけど何だこの子供!!
いやクロウリーにそんな描写はまったく無いのだけど!!
無いけど、でもその状況は何となく想像できる…!!珍しいものを撒いておいたら、うっかり好奇心で拾ったり数えたりしてしまうクロウリー…!!
なんて事だ、是非見たい!!
無いとは思うけどもし発動でそれをやられたら可愛すぎてぶっ倒れるよ私!!

靴下を片方だけ脱がして川に捨てておくと吸血鬼はそれを探しまわって、最後に川に落ちて溺れてしまうという。

どんな萌えキャラだよ!!
く…クロウリーが川に流れた靴下を取ろうとして溺れる図がリアルに想像できる…!!
誰か助けてあげて!!アレンとかラビとか!!
というか原作のクロウリーもカナヅチだったりするのだろうか。
  • おそらく、生まれてこの方泳いだ事がない
  • 体に脂肪があまり付いていない
  • 筋肉が重くて沈みそう
  • 好奇心が強くてあまり後先を考えていない
すごい溺れそうだ…!!むしろ溺れる図しか考えられない!!
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/06/25(木)
貘29番さんが、クロウリーがイノセンスに適合した辺りの事について
とても興味深い考察をされていらしたのでコメントを書こうと思ったのですが
あまりに長くなったのでトラックバックを入れてこちらで書く事にしました。
この辺りは私も前から気になってたんですよね。

獲物はどこに どこから (「ClockWorkRose」貘29番様)

とりあえず現時点での予想を時系列順で大雑把にまとめてみました。
  • 一世と三世が共に暮らす
  • 一世の仕入れた食人花に付いていたイノセンスが奇怪を引き起こす
  • 奇怪の報告を受けた黒の教団がクロウリー城へファインダーを派遣
  • オカルトに詳しい一世は、三世がイノセンスの適合者であることを悟る
  • 残り寿命の少ない一世は、三世を手放したくない一心でイノセンスを封印
  • 「奇怪は食人花の所為でイノセンスじゃない」と誤解したファインダー達は帰還

  • クロウリー城に訪れたクロスは、三世がイノセンスの適合者であることを見抜く
  • 「三世が適合した事は、黒の教団には黙っている」と約束して食人花を預かる

  • 奇怪から8年の間に一世死亡

  • アレンの修行を終えたクロスは、一世が死んだ後のクロウリー城へ向かう
  • 三世に食人花を渡し、大金を借りて去る
    ※黒の教団に連絡したら足が付くので、その辺はいずれ来るアレン達に丸投げ
  • クロウリーは食人花に噛まれて寄生型エクソシストに
  • 暫く我慢していたが、ある日どうしても耐え切れずにアクマの老婆を吸い尽くす
  • エリアーデがクロスの接触者抹殺に派遣される
  • クロウリーはエリアーデに一目惚れ
  • エリアーデはクロウリーの助手として城で共に暮らすようになる


食人花とイノセンス


イノセンスは、ティモシーの宝石やミランダの時計のように
イノセンスそのものと何かが融合している事が多い。
そして、世話が大変な食人花にクロスがわざわざ寄生させ直すとも思えないから
あのイノセンスは最初から食人花に付いていたのではないかと思う。
それが暴走・急成長して制御できなくなったから、黒の教団が来てしまうほどの奇怪になったわけで。

ミランダのイノセンスが暴走して1ヶ月間も時を巻き戻したのは
ミランダの失業ショックが原因だった。

なら、8年前の異変もクロウリーが無意識の内に引き起こした確率が高いだろう。
ファインダーが何人も餌食になったようだし、その罪悪感から三世を守る為にも
一世はイノセンスを封印したのかもしれない。


エリアーデが来たタイミング


最初にクロウリーが老婆を吸い尽くした時は、もう本当に全然余裕が無かったのだろうと思う。それで一度吸い尽くして体が満足したから、その次からは少しセーブして相手を蒸発させずにすむようになったのだろうし。
だから、一目惚れする余裕のあったエリアーデのと出会いは老婆の後だと予想。

そして、あれだけマメな伯爵が暗殺派遣にもたもたしているとも思えないので、エリアーデが来たのはクロスが去ってからそんなには経っていないだろう。
老婆の直後か、その後何体が吸った後かは分からない。


「9人の犠牲者」は元村人かエリアーデの従者か


あのルーマニアの村人達は、化け物っぽいよそ者に対して非常に排他的だったから
「突然現れた」「得体の知れない」「「は…やくイノせんす探ス…」のように片言でしか喋れない」よそ者がさらわれた所で大騒ぎしないのではないかと思う。

あのレベル1アクマ達は、エリアーデが伯爵に報告させない為に完璧に破壊したのかもしれない。クロウリーが吸い壊しただけだったら墓の数が増えるだろうし。
まあ連れて来たレベル1の分は他の場所にお墓が用意されている可能性もあるが。


ルーマニアで伯爵がクロウリーに気付かなかったのは?


おそらく、「クロウリーはアクマやノアを感知できる」けれど
「伯爵やノアやアクマ達はクロウリーほどの感知能力が無い」から。

アレンはアクマを感知できるけれど、それはあくまでも左眼による追加能力で
左眼が壊されていた4巻ではエリアーデがアクマな事に気付けなかった。

「馬鹿弟子 バレるために着てんだよ
 お前とは違うのだ阿呆
 見えん敵に対してこっちまで姿隠してどーする」
 (4巻28夜)

つまりアクマは、相手がエクソシストだと認識できれば最優先で殺しに来るけれど
団服などで認識できなければそれに気付けない。
おそらく伯爵もそうだろう。
もし伯爵にイノセンスを宿したエクソシストを感知できる力があったなら
マリアで姿を隠したクロスを見失う事も無いだろうし。
 ※「そこのご婦人の小賢しい能力は
   我輩達の目から貴方を消してしまいますからねェv」
(14巻130夜)


あと伯爵は、アクマ製作に関しては他にできる人が居ないからか全部自分で直接行っているけれど
それ以外の不確定要素が混じりそうな雑務はアクマやノアに任せている事が多い。
元帥の暗殺だって、ノアより遥かに強い伯爵がやった方がずっと早いのに
敢えて倒せなさそうなジャスデビやスキン達に任せてしまっているし。

これは多分、「自分の身を最優先で守る為」の用心深さかと思う。
 (関連:千年伯爵の正体とハートについて

なので、例えあの城がちょっと怪しいなぁと思っても
伯爵はまずアクマを調査に向かわせるだろう。
狡猾なクロスの罠が仕掛けられているかもしれないならなおさら。


それから、ついでに書くと伯爵はクロスの足取りをほとんど掴めていないだろう。
暫く滞在していたらしい妓楼でのアニタさん達が普通に無事だったし。
町に目撃情報があったにも拘らず、だ。

饅頭屋のおじさんだけがクロスの事を知っていたり
弁当屋の村長がクロスに話を聞いていた所を見ると
食い意地のはったアレンなら必ずここへ立ち寄ると分かる部分にだけ、ピンポイントで証拠を残して行ったのかもしれない。

ルーマニアは、クロウリーを目覚めさせる為にわざと姿を見せたのではないかな。
そうすれば、そこにアクマが派遣されてクロウリーは戦わざるを得なくなるだろうし
その方がアレン達にも発見されやすくなるから。

…まあ、派遣された女アクマにクロウリーが一目惚れしてしまう事までは予想できていなかっただろうけれど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%url