D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2017/07/14(金)
■前記事⇒ 第225夜 「A.Wをたずねて・CALL2」

「今回の前のお話ってどんなだったの?」という人を見かけました。
これまでのお話はこちらです!!(ダイレクトマーケティング)
電子書籍なら即読めますよ…!未読で気になった方は是非…!!

・ジャンプコミックスD.Gray-man1巻~25巻(222夜まで)
・ジャンプSQ.CROWN2016年夏号(223夜)⇒ 電子書籍(Kindle)
・ジャンプSQ.CROWN2017年冬号(224夜)⇒ 電子書籍(Kindle)(※Dグレは7ページ)

************************************

何度も読み返していたら他にも気になる所が出てきたので感想を少し追加します。

ワイズリーとブックマンの関係


「お前のせいで あの時
結局ブックマンから何も聞き出せなかったんだからさ」


ここの「吐け!!」「ブックマン!!」って、23巻207夜の激高したシェリルかな。
ラビが口端から血を流しているところも同じだしティキも一緒にいた。

1.シェリルが怒ってブックマンズ大ピンチ
2.ワイズリーが止めた
3.そのせいでティキはブックマンから何も聞き出せなかった

こんな感じ?
うーん、でもあれから最低3か月は経っているのに一度止めただけで3カ月ずっと聞き出せないというのもおかしいような。

なら、ワイズリーがブックマンを逃がしてくれたのかな。
それなら3カ月経っても聞き出せていないのとブックマンがキャンベル邸に居たつじつまが合う。

うーん、でもシェリルと喧嘩になってしまいそうだ…。
というかワイズリーが最初から協力してくれていたなら拷問なんてしなくてもブックマンの情報取り放題だったのでは。
ブックマンの情報をバラせない、何らかの事情がワイズリーにあるのかな。


リンク>>フィードラ


「突然あにふるの 痛ひぶっ」

リンクVSフィードラだとリンクの方が強いの?!!
フィードラってラビ・ブックマン・チャオジーの3人と戦って勝てていたのに…?
(遭遇19巻187夜 → 結果22巻200夜)

というかこのまま倒してしまえばチャオジーとラビの寄生蟲も無くなったのでは。

うーん、でもフィードラは身動きが取れない割りに余裕で話しているし。
鴉が捕縛に超特化しているだけで倒すとなるとまた別なのかな。


飲まれかかったティキ


「吐きそうだ」
ティキがこのセリフを思い返した瞬間、ジョイドに飲まれかかっていた?
35年前ジョイドも同じセリフをネアに言われた事があったのかな。


ジョニーから見たアレン、アレンから見たジョニー


「ジョ  ニ  ぼくを  よん  で  くれ  て……」
あっこれ、「ありがとう」だ!!多分!!

ここだぞ ゴールはここだ 俺がずっとアレンを呼ぶから 目印になるから
23巻212夜のジョニーのセリフ。
223夜でも思い出していたけど、あれがアレンから見た世界で
同時刻を外側から見たのが今回の225夜なのかな。

「ジョニー。僕を呼んでくれてありがとう」

途中で意識を失ってしまったけれど本当はこう言いたかったのでは…?
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2017/07/14(金)
Twitterの予告通りちゃんと34ページある…!!(表紙1枚+漫画33ページ)
良かった…!嬉しい…!やはりD.Gray-manあってこそのCROWN…!!
(´;ω;`)


表紙


ティキとワイズリーとフィードラ。クリアしおりはこの絵だったのか!
ノア単独のカラーって珍しい…!ワイズリー可愛い…!
星野先生作画の「ノア状態フィードラ」カラー絵は今回が初めてのはず。
(人間状態フィードラのカラー絵は25巻裏表紙)


ティキが残った理由


前回、ティキは伯爵とワイズリーをネアから守るように右腕を出していたし
今回のティキの役割は「伯爵とワイズリーが無事帰るための時間稼ぎ」か。

「双子がアポクリフォスを捕獲して待っておる
 長居はするな」


セリフをそのまま受け取ると「【理由】双子が(略)待ってるから」 「長居はするな【忠告】=早めに帰ってこい」だけど、それだけじゃなくてティキを心配して早く帰って来いと言ってくれているのではないかな、
次のページで少し悲しげにティキ(=ジョイド)とネアの因縁を考えているし。


Q.今回の方舟転送はなぜこんなに時間がかかるの?


A.精神状態ボロボロの千年伯爵が転送しているから。

「ノアの方舟の「奏者」の資格があるのは千年公と長子のロードのみ
 お前らには無理だ」
(9巻86夜/スキン)
ノアの方舟を動かせるのは伯爵とロードのみ(14番目とアレンは例外)で、ロードが居ない以上あの方舟転送を行っているのは千年伯爵のはず。


ネアティキそっくり問題の進展


「ワタシから聞かずとも ジョイド おぬしはいずれ思い知るの…」
そして引き摺られ 飲み込まれよう
35年前に… おぬしとノアの因縁に───…」


35年前に因縁が生まれたなら、それを発生させたのは前のジョイドか。

(しかし驚いたのう… ジョイドのあの姿…
まるで あの男に生き写しではないか…)
(19巻187夜/ワイズリー)
ワイズリーが初めて今のティキを見た時、こう驚いていたから
ワイズリーのせいではないはず。

(あの顔は――――…)
「…お前と食事なんて とても無理だよジョイド
転生したお前のその姿……
笑えて 食ったメシをうっかり吐きそうだ」

こんなに拒絶してるしネアの差し金でこうなったわけでもないはず。


■ネアティキそっくり問題・時系列■

【35年前】 1.ネアと前ジョイドの間に何かがあった
       2.ネアは千年公とロード以外のノアを全員殺害
       ↓
【約26年前】3.ティキが生まれる
       ↓
【時期不明】4.ジョイドがティキに取り憑く

・ワイズリーが何かやったせいではない
・ネアの差し金でもない
・ティキは知らない
・千年伯爵も知らない(14番目の顔の記憶は自分で潰した)(25巻219・220夜)
・ロードはこのことをティキに秘密にしたい
「それナイショにしててぇ」(19巻187夜/ロード)

今一番怪しいのは35年前ジョイドとロード?


空中を歩くティキ


「お前が噂の「14番目」ね…」
このティキがネアの元へ向かうシーン、初見の人には何が起こっているか分からないのでは…。
「キン」「キン」という擬音は空気を拒絶して踏みつけている音です。それで階段を上るようにネアの傍へ行っています。
(空気の拒絶で空中に立つのは12巻112夜参照)


ネアの「協力者」と「家族」


「どいつもこいつも「14番目」「14番目」ってさぁ」
「お前ら気安く呼んでくれてるけど
先代のノア共がイヤミでつけたそのあだ名を
オレはまったく気に入ってないって知ってる?」


「14番目」って蔑称だったのか…!!
あっでもネアが勝手に嫌味と捉えてしまっているだけという可能性もある?
ロードも14番目と呼んでいたし。
うーん、ここは35年前が出ないとまだ分からないな…。

「はいお前失格~~~」
これは「家族」失格か。

「そこにいる「協力者」気取りの監査官も
もちろん失格~~~~~」

こっちは「協力者」失格。

「よく覚えとけよボンクラども
オレの名はネア=D=キャンベル
誰を協力者にして誰を家族と思うかはこのオレが決めるんだ」


「協力者」=クロス (223夜「止むを得ず」発言)
「家族」=マナ(千年伯爵)(20巻189夜「兄弟」発言)
      カテリーナ(25巻219夜「オレたちの母さま」発言)

現在の確定はこの三人か。
ティムと35年前アレン(215夜)も協力者?
14巻137夜に出た老人はまだネアからの言及がないし。


Q.ネアは何故イノセンスを発動したの?


A.ティキを倒す為。

ノアであるティキに対して一番有効な攻撃はイノセンスだから。
あとティキの中に潜むジョイドも攻撃したかったのかも。

「咎落ちにでもなったりしたら…っ」
「ご親切にどーも」


咎落ちのことは知っているみたい。
それでも発動しようとした → 咎落ちにならない自信があった?

「咎落ち」はまだルールがよく分からないからなぁ。
イノセンス側を裏切ったら即咎落ちになるというわけでもないみたいだし。
(5巻45夜ではスーマンが目覚めて少し経ってから咎落ちになった)


アレン復活


「ジョ ニ ぼくを よん で」
ここ、直前にネアがイノセンスの力を発動させようとしたから
その分ノアの力が弱まってアレンが出てこれたというのもあるかも。

落ちるアレンに大きな羽が生えたけど、あれはクラウンベルトか。
(イノセンスを帯状に変化させる技)(ファンブック灰色ノ聖櫃25ページ参照)
ジョニーから名を呼ばれる事によってアレンの意識が帰ってこれたからクラウンクラウンを発動できたっぽい。仮面もあるし。

ラスト2コマのリンクの周りに札がたくさんあるけど、これは落下したアレンとジョニーを助けようと出してくれたんじゃないかな。あの札本当に便利だ…。

この後はアレン・ジョニー・リンクの3人でキャンベル邸探し?
14番目じゃなくなっちゃったしリンクはまた姿を消す可能性もあるかな。個人的には一緒に旅をしてほしい…!!

■次記事⇒ 第225夜 「A.Wをたずねて・CALL2」感想2
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2017/01/20(金)
わあああいDグレが!D.Gray-manが掲載されているよー!!
\(゚∀゚*)/===
前回休載で次号予告が無かったのを見た時はどうしようかと…!嬉しい…!!


___(。_。*) (読んだ)


Σ(゚□゚; )<短ッッ!!?


全7ページだった


えっこれは「元々は普通にページ数があった話」を、前半7ページだけ無理やり掲載する体裁を整えたの…?
タイトルも「CALL1」だし。
元々「CALL」として載せるはずだった話を分割するから数字が振られているとか?

星野先生はまだ本調子じゃないの…?

ああっでも休載よりページ数減でも載っている方が私は嬉しいよ!星野先生の生存確認方法はもうここしか無いのだし!!(´;ω;`)
載ってさえいればアンケートの「1番目によかった」にDグレを入れて応援できるし…!
長期休載中はそれすらもできなかった…!!


「会わせない」 VS 「会いに行く」


もう二度と
千年公と「14番目」を会わせはしないのだ


ただ会って話しただけで千年伯爵の心が壊れそうになっちゃったからね…。
たとえノアの方が戦力で圧倒していても伯爵を壊されたらおしまいだし。妥当な判断だと思うよ。


「またなマナ
次はオレから会いに行く
おまえを破壊しに行くよ」


今度はノア達が全力で守るだろうから難易度が跳ね上がりそう。一人一人倒して千年伯爵の元へ行くの?
ネアは35年前にロード以外の先代ノア達を殺した(19巻187夜)らしいけど、その時の力が今の体でも出せるのかな。


出会ってしまったネアとティキ


ティキがネア(化したアレン)を見た事はあったけど(20巻189夜)
ネアがティキをちゃんと見たのは今回が初めてのはず。

ネア驚いた顔してる?
ネアティキそっくり問題はネアが仕組んだものではなかった…?
いやこの表情だけだとまだ何とも言えないな。
次号…!次号になればネアティキそっくり問題に何らかの回答が得られるかも…!!

ティキはネアを睨んでいるけどまあこれは千年伯爵を守ろうとしているだけかな。右手でガードしてるし。
新しいタバコを吸い始めているから即戦う気は無さそう。吸い終わるまでは会話してくれるかな。会話があるといいな…!!




■続き⇒ ジャンプSQ.CROWN 2017年冬号・漫画以外のDグレ感想
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2016/07/15(金)
■前記事⇒ ジャンプSQ.CROWN 2016夏号にて遂にクロウリーCROWNデビュー!!

そして漫画本編でもCROWNデビューですよー!!\(゚∀゚*)/

23巻207夜39ページ7コマ目と同じ絵の回想だけど!! でも嬉しい!!繋がってる!!クロウリーの事も思い出してくれてありがとうアレンー!!


アレンの回想シーン


■回想登場キャラ
・リナリー・神田・クロウリー・マリ
・ジョニー(+ジョニーのゴーレム)・リーバー・キャッシュ・ロブ

※左下のシルエットは23巻209夜94ページ4コマ目のジョニー達

このメンツでラビがいない?!Σ(゜□゜;≡;゜□゜)

うーん、でもこれアレンが直接見たシーンじゃないもの多数だから単に載せやすそうなキャラ絵を集めただけかな。特に親しいわけじゃなさそうなキャッシュも入っているし。


精神世界から戻ろうとするアレン


そうだ
AKUMAの魂として利用されてしまうほど 人と人の絆は強い
それはどんな場所にあっても
どんなに離れていても
繋がっているんだ


なるほど、AKUMAにする魂を呼ぶのと同じ仕組みか!
そういえばダークマターにできるのは魂の閉じ込めであって
あの世から呼び戻す事ではないからなぁ。

「魂」を閉じ込める効果のあるダークマター(キャラグレ173ページ)

「クレアと絆のあるあなたの「呼び声」が……………
魂を あの世から呼び戻すことができルv」
(1巻1夜/千年伯爵)

この世にいるジョニー達がアレンに戻ってきてほしいと強く願って
アレン本人も戻りたいと強く願えばアレンの魂?はネアを押しのけて戻って来れる?

というかそもそも現在のアレンにアレン個人の魂はあるのだろうか。
別の魂に発生した自我(アルマやエリアーデのような)ではと思っているのだけど。
今動いているネアだって魂を使っているだろうし。
(13巻131夜以降鏡に映る14番目の影がAKUMAで言う所のダークマターに紐付けられた魂という認識)(アレンの体内のダークマターは4巻36夜のDの頭蓋骨)
※「一つの体に二つの魂」が可能かどうかは不明
 →と思ってたらティモシーの憑依があった!あれは「一つの体に二つの魂」実例?


アタシは進化したアクマの体に発生した ただの自我だもの
「魂」なんて器持ってないのよ
 (12巻108夜/エリアーデ)

もし今現在自我しか無かったとしても絆ある人が強く望めば戻って来れるのかな。
でも現在稼働中のネアをむりやり押しのけるのは難しそうだ…。
アポさんかリンクの術で弱めればいけるかな。


「アレン」の心を呼び戻した実例


19巻182夜 ティモシー編最後の方:神田「バカモヤシ!!」
19巻184夜 マナの夢から目覚めた時:リナリー「アレンくん」
20巻192夜 神田の思念に飲まれそうになった時
 ロード:「思い出してアレン キミはアレン」
21巻198夜 アルマ編で神田に刺されてネア覚醒:マナ「アレン」


その頃のネアとリンク


「「協力者」だといえばホイホイ受け入れると思ったら大間違いなんだよ」

えっ断るの?こんなにおいしい話なのに?
まあでも確かに都合が良すぎて不気味か。

「クロス・マリアンは人間では?」
「アレは止むを得ずだっ」


クロスは人間なのか…!人外でも違和感ないよ!

「ティムキャンピーは先刻 それに破壊されました」
「なに…!?」


おお、動揺してる!
ネアの目的を果たす為にティムは必須なのかな。
ならティムを元に戻すまではリンクと同行?


フィードラ強襲


・舌に目がたくさん付いている
・お腹に口がある(キャラグレ183ページのイラストには無し)
・お腹の口で喋っている

フィードラのノア能力って何だろう?

体内に病原菌を持っているノア(キャラグレ183ページ記載)
25巻219夜:舌でジャスデビの音声連絡を受信
22巻202夜:舌の目玉は分離できる
23巻207夜:人間の体内に寄生蟲(目玉)を仕込んで見張れる


自らの肉体に、自由に目や耳や口などの肉体機能や病原菌を付与・分離(遠隔操作可)することができる能力かな?

「千年公ぉはなせぶううう」
「今の一撃で離してしまいましたよ」


まだ捕縛中だったのか!えっじゃあノアの攻撃が無ければもっと長時間いけたの?
ネアの事で混乱中とはいえラスボス相手なのに!!

千年伯爵の開放が目的なら、もう放されたしこのバトルはこれで終わりかな。


千年伯爵とワイズリー


ロードが健在ならこのお迎え役はロードだったんだろうなぁ。
優しく抱きしめるシーンが家族の愛を感じてとても好き。

「ネアは…狂っていマス…v 彼は壊れテイマス……ッ」

あっこれアルマ編の時ネアも似たような事言ってたなぁ。

「狂ッテル 千年伯爵ハ狂ッテル
スベテヲ忘却シ 破壊人形ト ナリ果テタ」
(21巻198夜/ネア)

ネアと千年伯爵は両方狂ってる?
「狂う」と言っても正気を失っているわけではないから(伯爵はたまに失ってるけど) 誕生当初の制作目的から外れていっている感じなのかな。

「ソシテ「アレン」オマエモ
狂ッタ人形二ナッテシマッタ」
(21巻198夜/ネア)

直後にアレンの事もこう言われていたし。


ノアの家へ帰ろう


「我が輩はマナなんかじゃないのデス…マナじゃ…」
「帰るのう千年公 ベットでしばし眠れば気分も良くなるのだ」


「マナなんかじゃない」をワイズリー否定してない…!!
まあ元々マナだった事があるのは確定だろうしなぁ。

「「マナ」…? どこかで聞いたことがあるような…」

おお、ティキとマナに何かしら繋がりが?!
ネアティキ顔そっくり問題に繋がるのかな。楽しみ!!

「方舟に帰ろう 迷子は終いだ 我らの家へ」

これでノア達は一旦退場か。
あれっアポさんを捕まえたままだったよね確か。一緒に連れ帰っちゃうの?
ハートの手がかりであるアポさんがノアに捕えられてるってまずくないか?!

うーん、でも正直言って捕まえたジャスデビ達よりアポさんが弱いとは思えない…。
ノアの方舟へ行く為にわざと捕まったふりをしているのかな。
もしかしたらそこにラビがいるかもしれないから何かのドサクサでノア達から逃がしてあげてほしい…!!
(※ブックマンは旧キャンベル邸)(25巻222夜)
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2016/04/16(土)
昨日のCROWN発売記念ニコ生放送で、今回の星野先生のポスターは
エクソシストいっぱいのやつにする予定だったけど変更になったって聞いて…。
そのままだったらきっと多分おそらくもしかしたらインスタの裸乱舞絵(※ラフが裸なだけで完成図が裸な訳ではない)で発動時クロウリーもいたのにー!!(´;ω;`)

■関連リンク⇒ 星野先生のインスタ 2016年2月19日 6時43分

いつか別の号で見られるのかなぁ。
クロウリーも一度くらいはCROWN誌面デビューさせて欲しい。


CROWN春号表紙



ピエロ服だー!23巻210夜のやつかと思って見比べたらデザイン全然違った!
全体的にカラフルポップ。黒だったはずのゴーレムにも色が付いているし。
ラビゴーレムのベース赤と瞳緑は芸が細かくていいな。ラビのものって感じ。

しかしこれフォントまで可愛すぎるのはちょっと落ち着かないな…。
いや「全体的に可愛くまとめる」っていうコンセプトならこれで正解なんだろうけど。
ただ表紙に絵が載っている作品が「Dグレ・ビィト・血界戦線」で、3作品ともこういうフォントが似合う世界観じゃないから…。


精神世界のアレン


わーアレン久しぶり!\(゚∀゚*)/
主人公なのにCROWN創刊号からずっとネアのターンだったからなぁ。


「ここがお前の終着地
 アレン・ウォーカーの消える場所だ」


クロスだー!わー懐かしい服着てる!こんな所で再登場するとは思わなかったよ!
状況解説が分かりやすくてありがたい…!


僕は進む
それで僕を失うとしても
この誓いを失うよりはいい


「僕を失いたくない」じゃなくて
「それで僕を失うとしても」なのか…。
なんかこれだと、今生き伸びたとしても最終的にはアレン・ウォーカーは失われてしまいそうだ…。(´;ω;`)
クロウリーが帰りを待ってるんだからいなくならないで…!!
いやアレンが思い出したのはリナリーだけだったけど!


アレンの「偽善」とその理由


「まったくよ… どこまで行っても
おまえって奴は見せかけばかりの偽善者を演じるんだな…」


えっ偽善?どの辺が?
と改めて見返してみたけど直前のこのセリフの事?

「いつか僕の歩いた道が 誰かの糧となって
この戦争が終わる日へと続いていくかもしれない
だから僕は僕のすべてを懸けて立ち止まりません」


アレンは「この戦争を終わらせる」という目的で今まで戦ってきていた訳ではなかったし。季刊エスのインタビューでもそんな感じの事を言われてた。

アレンはアレンで、マナへの誓いで入っている。そもそもイノセンスに適合する人は、そういう存在なんです。信仰心や復讐のために戦う人たちは適合できない。ファインダーや鴉とか。そこには違いをつけているつもりです。世界救済や神のためにエクソシストになった人はほとんどいないんです。

(季刊エス4月号23ページより引用)

「この右手は 人を守る為に使うんです…
屈服はしない
僕は「14番目」になるワケにはいかない」


これは今までの言動とも矛盾しないし100%本音だと思う。
で、今回何故「誰かの糧となって」というセリフが続いたのかというと、これはアレン自身が、たとえ今回生き延びたとしても自分は遠からず消えてしまうのではと思ってしまったからではないかな。

僕は進む
それで僕を失うとしても


このモノローグがそれっぽい。

・本当は自分自身とマナへの誓いを失いたくない
 ↓
・でも自分はいずれ失われてしまうかもしれない
 ↓
・僕の歩いた道が誰かの糧になって、それがこの戦争を終わらせる道に続いていくのなら、僕が消えてもその誰かの歩みが僕の誓い(何があっても立ち止まらない。歩き続けていく)になる

そしてアレンは泣いているわけで。
決意を固めて現在の年齢に戻ったアレンも泣いていた。

(偉そうな事言ってるけど、本当はお前自身が歩き続けていきたいんだろ?)

そんな思いがクロスの「見せかけばかりの偽善者を演じる」という言葉になったんじゃないかな。


カテリーナの名前


「カテリーナ=イヴ=キャンベルという女性を探せ…」

えっカテリーナさんのミドルネームってイヴだったの?!
千年伯爵がアダムなのと無関係じゃないよね…?!
そして彼女は千年伯爵が殺したんだったような。(24巻218夜)

「カテリーナ=イヴ=キャンベル」という故人を探せばこの屋敷に辿り着けるという事かな。さすがに屋敷の外観情報だけで場所を特定するのは難しいし。


ロードの夢世界


ああ… 間違いだった…
もっと早く… この間違いに気づいていれば……


22巻203夜にほぼ同じセリフがあるからこれはクロスのモノローグか。
アポクリフォスに殺されそうになって初めて気付いた間違いなら、クロスを間違わせたのはアポクリフォスか、アポクリフォスの手の者じゃないかな。

ネア… 気をつけろ
オレたちは…奴らに利用されている


この「奴ら」もアポクリフォス陣営っぽい。

「アレン」は危険だ
危険なんだ…


ここで言う「アレン」は35年前にネアの友達だったあの眼鏡の「アレン」さんだと思う。

何の裏もない協力者だと思ってネアは器にしたけど、実はアポクリフォスの手の者だったんじゃないかな。だから若返ったりできた。
目的はアポクリフォスとの合体かな。


さぁ それまではねむってなよ
クロス・マリアン…


クロスは今ロードの夢世界に囚われているのか…!
なら生存確定?!いやどういう状況で生きているのか分からないから確定とは言いにくいか…。でも99%くらいは生存と言ってもいいんじゃないかなこれは!


旧キャンベル邸のブックマン一族


「こらこら ウル・キャンピー」

ティムの黒バージョンだ!?
ティムはクロス作だったからこの子もクロス作?


「ブックマンさまが目を覚まされました」

えっブックマンってノアに囚われてたんじゃないの?
あ、ロードが意図的に屋敷に向かわせたという事は監視済みかな。
わざと泳がせてる状況?
いやノア全体の策略じゃなくてロード個人が見てるだけかもしれないけど。


「後継者となるJrはもういません」

ラビ――――――!!(´;ω;`)
いや流石にここで死んでるなんて事はないだろうけどさ!
でも「いません」って言い切られるのは心臓に悪い…!
クロウリーが教団で待ってるから生きて!!


「もしこのままブックマンさまが死んでしまったら
一族の永きにわたる記録はこれで途絶えるのですか?」


あ、この二人ブックマンの一族なの?
この眼鏡の子は髪トーンだし赤毛かな。


「きっともうすぐここに
すべての謎を抱えた男がやってくる」


この流れならネアから復活できたアレンがここに来てくれそうだ…!
ブックマンと会えたら色々教えてもらえるかも。カテリーナがブックマン一族と何か関係があるのならそれも知りたい…!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2016/04/15(金)
うっかりタイミングを逃して後回しにしていたら次の号が発売されてしまったよ…!


特別付録ポスター


アルマってこんな配色だったの?!!Σ(゚□゚; )

メイン赤青に黄色・緑・オレンジとカラフルすぎるような。
えっ待ってこれアニメもこの配色??あっ第1弾アニメビジュアルのアルマの肩が赤だ!黄緑色の線も入ってる!
微妙な色合いの変更はあるかもしれないけどカラーリングはこれか…!もっと人間のタトゥーっぽいやつかと思っていたよ…!人外感150%増しだ…!!

アニメで動いたらそのうち見慣れたりするかなぁ。
あっそういえばPV第2弾にアルマもいたような。

「D.Gray-man HALLOW」第2弾PV (YouTube)

1分22秒にこの体のアルマがいた!大体この配色だ…!


巻頭カラー


黒スーツのアレンとネア。二人ともかっこいいな…。
アレンが全然楽しくなさそうなのとネアがアレンの腿に膝のっけてる所がこの二人の関係性を表してそうな感じ。
教団の仲間達の前だったらアレンはこんな顔しないだろうし。


教団の追手を喰う千年伯爵


「吸わ… れ る 」
こんなにダイレクトに吸えるものなのか…。人間の魂を喰うのはもっと手間がかかるかと思っていたよ。簡単に全人類の魂を喰い尽くせそう。

「おやおや大変ダv v
アナタ 我が輩の素顔をみちゃいまシタネェ~?v」

ゴーレムも見てるよ!あれカメラ付きじゃないの?!証拠隠滅ならゴーレムも壊さなきゃ!
ファインダーの人が破裂した余波で壊れたりしてるのかな。


生命の螺旋


昔 友だった男がこう云った
(中略)
「ネア
その螺旋のなかで最も強いエネルギーをもつのが人の魂なんだよ」

これ35年前にアレンの肉体の元になった人か!
なんか賢そうだ…!この世界の魂の行く末を知っている人なんだなぁ。

1.アクマを沢山作って大量の人の魂をどんどんボロボロに変えていく
2.自分達好みに作り替えた人間の魂を生命の螺旋に投入
3.なんかすごい進化

これがアクマを造る目的? (´・ω・`)?


アレンと過ごしたピエロマナは誰だったのか


「マナはねv
二度と戻ってこられないトコロに永久に
 いっちゃったんデスヨォォオv」
「「アレン」と数年間過ごした男… マナ・ウォーカー
 あれはあんただろ」


えっ マナが二度と戻ってこられない所へ行ってしまったのなら
ピエロマナをやる人がいない…
でもマナが死んだあとの墓に千年伯爵が現れてマナの魂が帰ってきたし。
(´・ω・`)??
そもそもマナの心を捨てた千年伯爵がマナになる理由がないし。

うーん、ここはちょっと保留かな。


超かっこよく助けに来たリンク


「その姿…千年伯爵とお見受けするが
 その少年 離していただきましょうか」


ラスボスを札で縛った?!!Σ(゚□゚; )
イノセンスのない人間なのに…!ちょっとこれかっこよすぎるんじゃ…?!

「私にはウォーカーのフリは不要です」

引き際を心得てるし傷治せるしネアの演技も一目で見抜くし。
イノセンスとかの特殊能力を抜きにしたら、現在D.Gray-manという物語内で最もハイスペックな男なんじゃないかこの人…?!
見た目もイケメンだし次の人気投票で大量の票をかっさらいそうだなぁ。


「この三か月間ずっと待っていました
ウォーカーではなく貴方と接触できる瞬間を…」


だからアレンの前に出てこなかったのか!!
アレンと親しく話したりしたら14番目に味方だと信頼してもらいにくくなるから!!


「この命 貴方の好きなように使って構いません」
「こわい」


ネアにとってあまりにも都合が良すぎるもんな…。

「つかクロス!!なに殺られてんだよあいつ―――――っ
あんたがいねぇと困るんだよもぉ~~~~……」
(24巻215夜)
ネアは以前こう言っていたし、ネアがやりたい事をやる為には「クロスのような協力者がいないと困る」わけで。

どれだけ怪しくてもリンクの手を取らざるを得ないだろうね。
そうなると次からはネアとリンクの二人旅?
ジョニーはどうだろう。ネアとリンクは置いて行きたがりそうだなぁ。
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2015/10/17(土)
なんかすごい駆け足で謎が判明していってるけど大丈夫?!Σ(゜□゜;≡;゜□゜)
とりあえず「2人に分かれたのに3人いるよ問題」は解決!\(゚∀゚*)/


巻頭カラー


描かれている人はアレンマナラビブックマン神田リナリーリンクジョニーの8人。
サードもいるかなと思っていたけどいなかった!
なんだかラビの顔がちょっと大人っぽくなっている印象。

アレンのペンタクルが赤いのはもう確定かな。紫からいつ変わったんだろう。
作品世界内で色の言及はされていないから、設定的には「初めから今までずっと赤で変化はしていない」という可能性もあるけど。
瞳が金色なのはネアが入っているからなのかな。


「2人に分かれたのに3人いるよ問題」解決!


219夜で「ネアマナの2人に分かれたのにネア・マナ・伯爵の3人がいるよ?」問題が勃発したけど速攻で謎解かれた!
つまりこういう事か!

  千 年 伯 爵 
  ↓     ↓
  ネア   マナ
  ↓     ↓
  ネア死  マナ発狂
   ×    ↓   ↓
      伯爵  ピエロマナ    

伯爵とマナが対面しているのはマナの脳内イメージだったのか…。

 

伯爵以外の「アダム」がいた事実判明


「「暗黒の三日間」の発動ッッV
 それこそ我が輩の存在理由
 アダムより与えラレ
 我が輩自身が受諾しタ役目なノデスV」

「我が輩は「千年伯爵」以外の何者でもナイ
 忘れタのデスカ

 おまえにはアダムやノア…

 この世界に対して
 償わねばならぬ
 大罪があるこトヲ!!」


つまり現在の伯爵以外にも「アダム」がいて
伯爵は「アダムとノアとこの世界に対して償わねばならぬ大罪がある」から
別アダムから「アダム」の役目を背負わされたという事か。

「大罪」を犯したのは7千年前のイノセンスとノアの戦い辺りかな。

アダム(=ノア側)から罪を糾弾されるという事は、
現在の伯爵が「アダム」の役目を背負わされる前は、イノセンス側だったの?

「イノセンス側」が「ノア側」を滅ぼすという大罪を犯したから
イノセンス側の元伯爵が捕えられて、全ての贖罪とハート殺害を強いられたのかな。


いや伯爵が元イノセンス側だったかどうかはまだ想像の域を出ないのだけど。
普通にノア側で、なんかひどいミスとか裏切りをしただけかもしれないし。


リンク暗躍


わーリンクがジョニーのゴーレムを取り返してくれた!ありがたい!
リンクが来てくれたら100人力だね!

 心ではウォーカーが宿主の運命に打ち勝つことを願いながら
 この手で「14番目」を助けようとしている
 私もまた 矛盾している――――…


役目と情の狭間で揺れてるなぁ。
今回、分離前マナも「役目(伯爵)」と「情(マナ)」の狭間で苦しんでいたし
同じ話でリンクの似た苦悩を出したのはわざとかな。
「伯爵も矛盾しているし リンクもまた矛盾している」という。

…ところで、リンクがなかなかアレンと合流しないのってもしかしてこの悩みの所為?
だったら早く合流しようよ!!アレンそろそろ大ピンチだよ!!
あっいや実際追いつめられているのは伯爵の方なんだけど!!

ネアって黒の教団の結界装置は破壊できるのかな。
今のところ描写が無いから分からない…。 「ネア」としては初めて受けるものだろうし、まだ対処できなくてもおかしくない。
ここでリンクが助けてくれるのかなぁ。早くしないとノア達まで来てしまうよ…!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2015/07/20(月)
ジャンプSQ.CROWNはTSUTAYAで買うと19巻表紙と同じ絵(+背景に斜めの赤線)のイラストカードが貰える、らしいのですが、雑誌販売があるTSUTAYAが見つからなくて直接確認できていません…!
まあ見つけた所で5冊目を買うのは流石にためらうのですが。クロウリーいないし。

BOOK(本)店舗予約・特典情報 (TSUTAYA)(※特典カードの画像なし)


以下、先日の感想で書きそびれた話を色々。

ネアと千年伯爵


「顔と一緒に記憶も潰したか…」

ここ、初めて見た時はそうだったのかーと流してしまったのだけど
これはあくまでもネアの推論だから事実と断定はできないかな…。
血を流しながら鏡を叩き割っている回想が挟まれたから、ネアとそっくり同じ顔が辛かったというのはあるだろうけど。


「あの燃えるような夕焼け――… 風の音も
 ほんとうに忘れ去ったのか
 一面の黄金色も
 七千年の悠久を生きる 千年伯爵が心を残した景色」


伯爵はこの事を覚えていないわけだから、この回想はネアの記憶か。
つまり、ネアには分離前の千年伯爵の記憶がある。
生まれた時から持っているのか、ノアメモリーのようにある日いきなり思い出したのかは分からないけれど。

そしてこの言い方だと、千年伯爵(太ってる方)も35年前には美しい風景とカテリーナと会った記憶があった?


二人に分かれたのに三人いる?


「オレたちはもとは「ひとつ」だった
 「千年伯爵」だったんだよ」


ここ、分離前千年伯爵がネアマナの二人に分かれたならあの太った方はなんなのと思っていたけど、よく見たら二人に分かれたとは明言されていなかった。
「ネア」「マナ」「太ってる方の千年伯爵」の三つに分かれた可能性もある?
でもそうなるとネアは何故千年伯爵をマナと呼んでいるのか…。
元マナが更に二人に分裂したのではというご意見をよそで見かけたけど、それかなぁ。

あと「太ってる方の千年伯爵」はマナのノアメモリーだけで中身が無いのではというご意見も見かけた。
うーん、どうだろう。あの太った外側はダークマター製だと思うのだけど、ダークマターなら生身の人間が媒介にならないと力を発揮できないのでは。でも千年伯爵だとまた違うのかな。

マナはアレンと旅して死んでアクマにされたのだから太った千年伯爵とは別個体。

…しかし、別個体と言い切ってしまうと
千年伯爵が顔を変え記憶を潰したのとおそらく同時期に
マナの顔が変わり記憶が潰れておかしくなったのが分からない。
千年伯爵が何故マナを殺さなかったのかも。完全別個体であれば殺せるはず。

マナと太った千年伯爵は何かしらで繋がっているのかしらとも思ったけど
アレンと旅したマナが死んでも伯爵は普通に生きているしなぁ。ううむ。


この先どうなるか


千年伯爵はマナだと言われても信じられないんじゃないかな。
マナと話した記憶があるし、自らの手でアクマにもしたし。
そうこうしてる間にティキ達が来て伯爵を強引に回収、ネアは(連れて行くと伯爵がおかしくなって面倒だから)ひとまず置いて行かれそう。アレンが復帰するのはその後かな。

ジョニーが一部始終を至近距離で見ているはずだから何がどうなったのかは聞けそう。
あっでも千年伯爵がマナだったというのをここでバラしたりはしないかな?
ジョニーが話すのは自然なんだけど、物語進行的に考えたらもうちょっと引っ張りそうな気がする。
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2015/07/17(金)
「わかるか マナ
 それがオレたちなんだ」


えっちょっと待ってなんか納得しそうになったけどよく分からないよ??
いや新事実発覚した所は分かったけど全体が掴めない!!

まあこの辺の謎は話数が進むまで分からないものだと思うので
せめて今分かる所を整理してみます。


ワイズリー魔眼によるノア解説


連載再開して1番に出たキャラがワイズリーの全裸!Σ(゜□゜;≡;゜□゜)
「これまでのあらすじ」を漫画内でやるなら妥当なキャラチョイス&シチュエーションなのだけどこれは想定してなかった…!
(アレンと千年伯爵とジョニーは現在それどころじゃないから解説役が彼しかいない)


「飲まれてはならん…っ
 ノアメモリーに飲まれれば
 我を失い操り人形と化すだけ」


ノアメモリーに飲まれた例が10巻96夜のスキン。
精神が安定している(ように見える)ワイズリーですら自我を飲まれそうになっているのか…。他のノアも皆そうなのかな。


「「せんねんはくしゃく」が いなければ
 ぼくら わ 「はーと」に ほろぼされて  しまう」


千年伯爵が他のノア達をハートから滅ぼされないよう守っているの?
でも以前

「本気で迎え入れるワケないだろう 「14番目」は必ず殺してやる
でも千年公に「ハートからは死んでも守れ」といわれた なぜ?」

(22巻202夜/シェリル)

こう言われていたし現在アポクリフォスとジャスデビ達を戦わせているから
あまりノア達を守っているという感じがしないのだけど…。ううむ。
人間の器が死んでもノアメモリーは死なないからいいの?
でもこの間ロードがアポクリフォスに消滅させられかけたからなぁ。


現在のノア達


「千年公は?」
「おまえにまかせた俺が馬鹿だったわ」


千年公はアルマ編で14番目に逢ったあと精神的に不安定だったっぽいから
(22巻202夜で「ずっと泣いてた」と言われている)
今回ワイズリーが監視役になっていたらしい。
で、ずっと編み物をしている千年公にワイズリーが飽きて魔眼脳内会話をしていたら
千年公が14番目の気配を感じて馬車を飛び出してしまったのかな。


「アポ野郎はジャスデビ様とデザイアス マーシーマで連行中ぅ~~」

えっ4人がかりとはいえ素直に捕まっちゃったのアポクリフォス?!
あんなに圧倒的に強いのに?なんか罠の予感がするよ!!
デザイアスの糸で縛ったとしてもそれだけで簡単に捕まるものなのか…?
マーシーマに何か捕獲に特化した特殊能力があるのかな。


千年公とネア


「…やあ千年公 オレだよ オレだ ネアだよ」
「やっと会えたね」


背景がなんか邪悪っぽいのにものすごい優しげな笑顔だよ…!
これは千年公も騙されるよ!騙されると分かっていても飛び込みたくなるよ!!
あんなに殺意まみれだったのに一発で心の壁を突破した…!何だこのジゴロ!!

千年公に抱きしめられたネアが背中に回した手は殺意を放っていたけど
なんだか可哀想な感じの千年公を見て抱きしめる手に変わったシーンはとてもいいな。
ただ「殺さなければいけないから殺す」というより
こういう情と葛藤がある方がよりD.Gray-manっぽい気がするし。


「顔 変わったな… オレを思い出すから変えたのか?」
「顔と一緒に記憶も潰したか…」


千年公の記憶が壊れているのはネアやノアメモリーの所為じゃなくて千年公自身がやったものだったの?
ネアの事を思い出すのが辛すぎるから?


35年前の個人的解釈まとめ


1.ます7千年の悠久を生きる千年伯爵がいた(顔はネアマナと同じで長髪)
2.すっごい綺麗な夕焼けと黄金色の麦畑の景色にうっかり感動
3.感動して泣いている所をカテリーナという女性に見つかる
4.カテリーナに笑顔を向けられる。少し会話
5.ある日カテリーナは千年伯爵が服だけを残して二人の赤ん坊になってしまったのを目撃
(出会った時が黄金色の麦畑で赤ん坊時は蝶が飛んでいるから期間は秋→春?)

6.カテリーナ泣く
7.カテリーナは赤ん坊にネアとマナという名を付け自分の子として育てる

8.ネアマナは青年へ成長。カテリーナ死亡(24巻218夜)横に千年伯爵
9.ネアは千年伯爵を殺そうとするが逆に殺されてしまう
10.千年伯爵は自身の顔を変え記憶を潰して現在の千年伯爵へ

つないだ手にキスを (歌詞タイム)

この歌詞の冒頭の「坊や」って分裂前の千年伯爵の事だったのかな。
坊やが眠りについて息衝く灰の炎の中から二つのふくらみが浮かぶんだよ!
「銀の瞳の揺らぐ夜」って、カテリーナの瞳の色が銀色なら
カテリーナが愛した?人を失って泣いたという意味になるのでは!!


そしてラスト


「オレたちは もとは「ひとつ」だった 「千年伯爵」だったんだよ」

一人が二人に分裂したのか…!
あれっでも「破壊されタ ネア…」のシーンにネアとマナと千年伯爵の3人がいたよね?もう一人はどこから来たの?さらに分裂?
千年伯爵の目線でマナを見ているのが分からないんだよ…!ここは一体どういう事?

まあこれは記事冒頭にも書いた通り続きを待つしかないか。
次回も楽しみ!ここからどうなるの?!主人公はいつ復活するの?!
お話がまとめに入っている予感でいっぱいだけど一つだけ欲を言えばクロウリーもまた出ますように…!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2013/01/07(月)
今月のSQ.6ページにアレンリンクラビジョニーの色紙が!!
え、これってジャンフェスで描き下ろされていたという色紙?!!
こんなにすぐ見られるとは思わなかった…!ありがとうございます!!!

ジャンプSQ.連載作家描き下ろし直筆サイン色紙プレゼントは2月号になったのか。
今年はもう無いのかと思っていたよ。他作品の色紙も見れて嬉しい。


ネアに会いたすぎておかしくなってる伯爵


「我が輩デス…v ネア…… どウシて 逃ゲル……v
 我が輩ガ… ワカらなイ のカ…?」


うわあああ伯爵が怖いよおおお!!
これじゃ誰だって逃げるよ!!な…なんでこんな事に…。

「分からないのか」っていう事は、伯爵だと分かったら逃げないと思っているのかな。
ネアは伯爵を殺したい訳だからまともに対峙すれば確かに逃げないかもしれないけど。

「まるで正気じゃない…!!
 「ネア」…「14番目」が表に出てきたことと関係あるのか!?」


他に伯爵に直接関係しそうなものがないし、ネアの所為でほぼ確定かな。
あと考えられる可能性としてはアポクリフォス?

「思イ出しタ “マナ”ダッ」

ネアを追いかけていた伯爵がマナを知らないのが不思議だったんだけど
何らかの力で強制的に忘れさせられていたのかな。

伯爵がマナを忘れて一番得をするのはネアだ。
ネアが一時的にでも死んだら伯爵は次にマナを殺すだろうし。

なら、伯爵の記憶を消したのはネアかな。
それがアレンを乗っ取って復活した事で封印が弱まったとか?


マナの所為?


「これで全部元通リ…v
 マナ=D=キャンベル すべてオマエのせいデスヨv」


ミドルネームが「D}!!サブタイトルのDはこれか!!
4巻36夜のDの頭蓋骨にも関係してそうだ…!重要設定の匂いがプンプンするよ!!

「元通り」で母が殺されているという事は、母は殺す前にすでに1度死んでいたという事?

1.まずネアマナの母が死亡
2.マナが何らかの方法で母をよみがえらせる (伯爵のアクマ製造でない方法)
3.伯爵が言うところの神のルールに従ったよみがえりでなかったので
 伯爵が直々にやってきて「ルール違反」を正す


こんな感じかな。
ネアが元々いなかったはずの14番目のノアになったのもこの所為?
ならマナの「ネア 僕が憎くないんですか?」(23巻212夜)も腑に落ちる。

伯爵の剣とネアの剣が同じだし、奏者の資格も両方持ってるし。
マナは千年伯爵を造ろうとしたのかな。
それがネアを14番目にして、その後アレンの中に入ったとか?
伯爵とアレンが同じフラッシュバックを見てるし、無関係のはずはないんだよなぁ…。


若ブックマン登場!!


え、誰かを抱きしめて睨んでるロードと…見下ろしてるのはネア?
シルエットはそれっぽいんだけど状況がさっぱり分からない!!
そしてそれを陰から見ている目つきの悪い人!!
鷲鼻だし耳とがってるしあのイヤリングしてるし、これ若い時のブックマンだよね!!
状況が分からないから確定できないけど53歳くらいかな…。
髪もあるしかっこいいじゃないか…!ノア側にいた時はこんなだったのか…!

************************************

なんか謎がどんどん解かれていってるような感じですごく楽しい…!
この先どうなるのか見当がつかない…!来月も楽しみだ…!!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2012/12/05(水)
久しぶりの本誌掲載だ…!!すごく嬉しい…!!!
しかも今月はSQ.5周年プレゼントにDグレグッズがあるよ!
本誌8ページのD.Gray-manバスタオル!!206夜表紙の師匠と子アレンの絵!!

…なんでこの絵なんだろう… いや可愛いから私は嬉しいんだけど
1色刷りだしDグレをよく知らない人が見たら子アレンが誰か分からないのでは…?


混乱するリンクと推察するアポクリフォス


「あの男の深い業が「14番目」を欲しはじめたのかもな」

ほぼ正確に読まれてる…!!これルベリエは大丈夫なのか…?!
アポさんが直接来たらいくら護衛を付けた所でひとたまりも無いだろうし。

「まさか枢機卿だったとは… しかもあんな化物だなんて
 長官…っ
 我々が信じてきた中央庁とは何だったのですか!!」


我々が信じてきた中央庁邪と交わらない高潔な神の軍
        実際の中央庁見るもおぞましい化物が高位聖職者に化けていた

ずっと中央庁を信じ込まされてきたリンクには辛い話だろうなぁ…。
化物と言ってもイノセンスだし、見た目が怖くて記憶を消してくるだけで
イノセンス側にとってマイナスになるような動きをしてくる訳じゃないから中央庁的には問題ないかと思うけど。

中央庁(人間)がイノセンスを管理利用してたんじゃなくて
イノセンス(アポ)が使用者を管理利用してたかもしれないのがばれるとまずいのかな。


ジャスデビ再・登・場!!


「ハロー糞イノセンスちゃん のこのこ出てくるとは不用心じゃねぇの!」
「ヒッ ノアが見張ってることくらいわかんなかったのかね!?」

懐かしいアイアンメイデンが…!二人とも成長してるなぁ…!!
というか美形化しすぎて顔だけ見たら誰だか分らなかったよ!!
左腕に布巻いてるけど左腕の傷跡はまだ痛むのかな。

一方的にガンガン攻撃してるけど正直言って
ジャスデビがアポさんに勝てるとは思えない…。
まあ先制がジャスデビってだけで次号では他のノアもどんどん追撃してくるのかな。


記憶を取り戻した神田


おお、あの梵字ってアポさんに消された記憶まで再生できるのか!!
前話の感想でモヤシッ子さんが言ってた通りだ…!!

Q、神田が何故記憶が消えないと思うのか。
A、セカンドの再生能力

神田が一度廃棄処分の判断を下された理由は、本体の記憶を断片的にでも思い出してしまったから。
再生の呪符が定着してしまった後では、脳に手を入れて調整しても術の効果で元に戻ってしまい意味がない。
だから発狂する前に廃棄処分するしか手段がなかった。

ならアポさんの記憶改ざんに関しても同様の効果を期待できるのではないかと予測しています。
勿論神田の再生能力がおちていることは分かっていますが、ジョニーの傷口が不完全とはいえ治癒したことからまだ再生能力は残っているはず。

アアアアアアアアポクリフォスウウウウウウウウウアアアアアア!!!!!※Dグレ216夜とりあえずの感想 (「誓いの子守唄」 モヤシッ子様)より引用


「それに一応 あいつに
 伝えたかったことも ちゃんと 伝えられたから……」
「ちがう 俺は あいつらをまだ見送っていない
 バカモヤシとまともに話すらしてねぇぞ…っ」


何を!!何を伝えたかったの?!!アルマの事のお礼??
いやでもお礼だったらその返答が「ありがとう神田 教団を頼みます」ってちょっと違和感があるような。ううむ…。


ティエドール元帥の取引


「私がここへ来た目的はひとつだ
 可愛い弟子のキミを守ること!」


ティエ元帥久しぶりだ…!!
ずっと出てこないから気になってたけど相変わらずで何より!!
神田の事も深く理解してるし、優しいなぁ。来てくれたのがこの人で本当に良かった。


「うまいことにちょーど今(クロスの)席がひとつ空いてるしね――――――」

え、元帥の席って定員4人なの?
でも4巻29夜で「5人の元帥の中で最も高齢ながら~」って書かれてるな。
多い分には構わないけど最低でも4人は元帥を確保しないといけないとか?


「それとも覚悟がないのかな?
 憎むべき教団の中枢へ入ることに」
「上等だ!」


神田は元帥になって教団と中央庁を探る係か…!
ならラビはノアを探る係になるのかな。いやこれはまだ分からないけど。
主要人物達を敢えて違う場所に配置して、複数の視点から世界の状況を描くのも
これはこれで結構好きだから楽しみだ…!!
教団側に話が向けばクロウリーもちらっと出てくるかもしれないし!!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2012/09/12(水)
これは…神田まさかのリタイア?
せっかく合流できたのに教団帰還フラグが立ってしまった…!!

アポクリフォスVSティム


いきなり先手必勝で潰しにかかったティムがいいなぁ。
あの大きくなるのってティム自身の意志で自由に出来るのか…!
あれ?じゃあ6巻でアレンがティキに殺されそうになった時はなんでしなかったんだろ?

「この3か月 おまえは尽くワタシの邪魔をし
 アレンの覚醒は再び始まってしまった
 おまえの存在が孤独に耐えるアレンの精神衛生に多少の助けとなると判断し
 排除を戸惑っていたが 決めたよ」


ティムにイノセンス側の手は入ってないという事か。
アポクリさん、アレンの精神衛生の事も考えてたんだなぁ…。

「ときにおまえは クロス・マリアンによって
 たとえ粉々に粉砕されても再生するよう造られているそうだね
 けれどひとつだけ 弱点があるんだろう?
 おまえを壊せる唯一のモノが…」


あの黒い塊ってなんだろう。
Dグレ世界で力を持つ物質っていうとダークマターとイノセンス(+術)だけど
ティムはアレンのイノセンスでダメージを受けてないからダークマター?
うーん、ここはもっと情報出ないと分からないな…。


アポクリフォスVS神田


「アレンのことはワタシにまかせて教団に帰りなさい」

神田の記憶消去はもはや免れないからここでリタイアかな…。
教団の人達もゲートですぐ迎えに来るだろうし。帰らない理由が無い。
ジョニーの記憶は残ってるんだろうか。

 1:ジョニーとアレンを探したのは覚えてるけどアレンを見つけた記憶が無い
 2:ジョニーはおろかアレンを探す為に教団を出た事すら覚えてない
 3:再び探しに来ないようアレンに対する恩の記憶まで消された


どれだろう。記憶消去を必要最低限にしか行わないなら1だけど
それだと教団に帰してもまた探しに出ちゃうかもしれないからなぁ。
再発を防止するなら3か。


出会ってしまった千年伯爵とアレン


「14番目……」

伯爵本人が来ちゃった――――――!!!
アポクリさんがすぐそこにいるのに一人で来ちゃっていいの??ノア達は??
いや、流石に何も考えてない訳はないから何らかの罠が張ってあるか。
アレンを連れて行く気だろうか。
それともアレンをここで足止めして、ノア達総掛かりでアポクリさんを潰す方が目的かな。
元々アレンを泳がせてたのはアポクリさんをおびき出す為だったし。


ティムキャンピー復活の可能性


クロスが造ったのなら、クロスしか直せないんじゃないかなぁ。
ネアが直せる可能性も無くはないけど、Dグレ本誌にクロスが復活するとしたらこのタイミングが最適だろう。

…しかしクロス、居なくなった当初は絶対死んでないって思い込んでだけど
裏をかいて本当に亡くなってる可能性も無くはないんだよなぁ…。
169夜の「この日以来 クロス・マリアンの姿を見た者は誰もいない」がどうも引っかかって。
あのモノローグさえ無ければ今でも生存確定派だったんだけど。
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2012/07/05(木)
「ツッコミ所満っ載………」
いきなりコピー?!
見開きで両方右上のコマだからえらい目立つんだけど今月時間なかったのか…
「一緒に行こう」とかの下書き線っぽいのよりこっちが気になるよ!
単行本で描き直されるかな。物語的におかしくはないからこのままかな。


ネアとクロスの関係


「つかクロス!!」

あれ?ネアはクロスを苗字呼びしてたのか。
親しかっただろうから名前呼びかと思ってたよ。

「あんたがいねぇと困るんだよもぉ~~~~」

ネアの計画にとって、クロスの能力が必要だったという事?
でも「困る」だけで計画は続行できるみたいだから必須というわけではないのかな。


35年前の「アレン」


「ネア わたしを使え
 わたしがキミの記憶を何者からも護る
 たとえ何十年かかろうとキミが目覚めるまで 必ず」
「さよなら友よ……」


ふむ、35年前に「アレン」という人が元々居たわけか。
流れとしてはこんな感じ?

 1.ネアとアレンは友達。ノアメモリー等の事情も知った仲
 2.千年伯爵と戦ってネア瀕死
 3.アレンがネアのメモリーを自分の内に匿うよと提案
 4.ネアはそれを信用してアレンの中に緊急避難&クロスに事情を連絡

 5.しかしアレンはアポクリフォスに捕まってしまう
 6.「14番目」の力をイノセンス側が使えるようにする為、アポクリフォスが
   アレンを若返らせ記憶を消しイノセンスに細工
 7.イノセンスとノアの最終決戦時に間に合う年代で孤児として放流
 8.子供化させたアレンが死にかけたら遠隔操作で守ったりしつつ
   美しく育つ(シンクロ率が上がる)まで待つ


ネアが左腕のイノセンスを普通に見ている所を見ると
これは35年前アレンの肉体に元々あったものっぽい。

つまり、「わたしを使え」と言っていたあの35年前アレンは、現在のアレンと同じ
左腕がイノセンスの寄生型適合者かな。

現在のアレンの剣が伯爵の剣(≒ネアの剣)と同じデザインなのは、アレンとネアが合体したから力が混じっちゃったのか。

って、ネアの剣は伯爵とそっくり同じ色だ!!

なるほど、あの剣はノアの力で作るとあの色になって
対極のイノセンスで作ると白黒反転するのか…!!


35年前アレンってどんな人?


現アレンの「僕はエクソシストだ!!」を思い出してネアがさよならと言ったという事は
寄生型の適合者ではあったけど、自らをエクソシストと名乗ってはいなかったのでは。
それが「エクソシストだ(≒ノアの敵だ)」とハッキリ名言したから、ネアもアレンを敵と認識したのだろうし。

教団を裏切ってノア側に付けば咎落ちするけど、そこは「14番目」を手に入れたいアポクリフォスが敢えて泳がせていたのかもしれない。
もしくは、35年前アレンがそもそもアポクリフォスの手の者だったか。


神田の腕の十字傷


「咎落ちの前兆…か…?」

神田はアレンが完全にノア化したら殺すつもりなわけだし、咎落ちルールには引っかからないはず。
21巻196夜で伯爵がアルマの中からダークマターを消そうか持ちかけたけど
ああいった甘言に乗ったりした時に咎落ちになるのでは。

まあ結晶型化した時と同じ位置の十字傷だし、イノセンス関係なのは間違いない。
アポクリフォスが邪魔しそうな使徒に脅しをかけてるのかな。

装備型はイノセンスを手放せば咎落ちから逃れられるっていうけど
こんな風に傷が開くのなら、結晶型はイノセンスから逃げられそうにないな…。


泣いたティムキャンピー


「これが最後の旅だ マナとの約束を果たそう
 一緒に行こうティムキャンピー」
「今もおまえの主人は「14番目」なのか?
 あいつの傍でおまえはどっちと一緒にいるつもりなんだよ」


ティムも板挟みで辛い所か…。
今までずっと一緒にいたアレンはもちろん大好きだけど
「最後の旅」という事はネアとも長い間一緒に旅をしてきたんだろうし。
ネアはクロスもマナも35年前アレンも全部失って、もうティムしか残っていない。
そんな状態で一人孤独に戦うネアを裏切るわけにはいかないだろう。
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2012/07/04(水)
「モヤシにはおまえみたいのが必要なんだよ…
 一心に信じようとする奴が…っ」

「オレはこれからずっとアレン・ウォーカーのそばにいる
 ジョニー・ギルとして 友として おまえの手助けがしたいんだ」


正面から堂々と信頼を宣言されて思いきり動揺するアレン。

これは、ジャスデビ戦の時のあれと似た状況なんじゃないか。

「お前達ふたりしかいないと信じてるから…行けと言ってるのだ……ッッ!!
 信じてるのだぞッッッ!!!行けぇッッ!!」
(11巻104夜/クロウリー)

あの時のやり取りはちょっとおかしかった。クロウリーがあんな大怪我してる状態でアレンが彼一人置いていくなんて変なんだよ。

ラビは自分より強いクロウリーを信頼しているから任せてもそうおかしくないけど
アレンが自分より弱いクロウリーを一人置いていくのは不自然なわけで。
しかも相手はアレンとクロウリーの二人がかりで戦っても勝てなかった相手。
(※ラビは鍵を探していたからこの戦闘ををしっかり見ていない)

それなのにアレンがクロウリーの言う事を聞いてしまったのは、
アレンを一心に信じているクロウリーが正面切って信頼を叫んだからでは。

アレンは教団に来るまでイカサマで生計を立てていたわけだし
師匠はあんな感じだしマナはちょっとおかしかったりで
今まであそこまでまっすぐ信頼を宣言された事がなかったんじゃないかと思う。

それで、ついうっかりクロウリーの勢いにのまれて「信じることも… 大切なんだ」になってしまったのではないかと思うわけで。

つまり、アレンはおそらく
自分を100%信じている仲間が信頼してくれるのに弱い。

神田やラビやリンクは疑うのも仕事だから、これができる人間はかなり限られる。


ジョニーがいてくれて良かった。
こんなにも不安定なアレンの傍にはこういう人が絶対必要なんだよ。



…と思う一方で。



その役はクロウリーだって出来るんだよおおおお!!!!
と叫ぶ自分もいるわけで。
いやクロウリー以外にもできそうな人はいるけど!!蝋花とか!!
すみません「この場にクロウリーがいたらなぁ」とちょっと考えてしまっただけです。
隙あらばクロウリーの出番を考えるよ!ファンだからね!!
カテゴリ: 本誌感想(179夜~)  2012/07/04(水)
今月のDグレもすごく面白くて書きたい事がたくさんあるんだけど
さっき唐突にティキネアそっくり問題が分かったから書いておこう。
いやでもこれみんな思いつきそうな事だけど。

「ここが本当にあの時から35年後の世界なら なぜアレンの肉体は年をとってない?
 不老の力なんて持ってなかったはず…

 それどころかこいつは……
 若返ってる……」


アレンの肉体に何か細工ができるのはアポクリフォスの可能性が一番高い。
そして、アポクリフォスが人間の肉体を若返らせる事ができるなら。

死にかけていた、もしくは死んでいたネアの肉体も若返らせる事ができるはず。
※イノセンスは死体でも能力を発揮できる。例:マリア
※死体に新たな命を与えられるかどうかは不明

 1:ネアのメモリーが抜けた肉体をアポクリフォスがどこかに保存
 2:ネアの肉体を若返らせ、細工し、記憶の痕跡などが残っていればきれいに掃除
 3:イノセンスとノアの最終決戦時にちょうど合うような年代で孤児として放流
 4:孤児はティキ・ミックと名付けられて現在に至る


ネアの肉体は元々ノア化していたものだから
ティキの肉体が、ネアがノア化したのとちょうど同じくらいまで成長すれば同じようにノア化する可能性が高かったのかもしれない。

Q:アポクリフォスは何の為にそんな事をするの?

A:最終決戦時にノア側に自分のスパイを紛れ込ませる為?

ノアには心を読む者が二人もいるから、ティキ本人にもその事を気付かせないようにしなくちゃいけなかったわけで。

%url